ToKoSie ー トコシエ

洗練の空間に温もりをインテリアに工夫を凝らして
外国風の暮らしを叶える

イギリスの大学でデザインやアートを学び、ベルギーのインテリアデザイン事務所で働いていたヘザー・ブラッキンさん。ふらりと訪れ即決で購入した集合住宅を、自分のテイストにリメイク。好きなものに囲まれて暮らしている。

「海外に住んでいたので広さは優先。100㎡は欲しいと思っていました。ここは郊外ですが緑はあるし、プライバシーも守られていて落ち着けますね」。
近くには、土手でご主人がジョギングを楽しむ川が流れ、家の目の前には桜並木が連なる。静謐な環境の中、古いものを大切にし、手をかけて暮らしを楽しむ、イギリス流の生活空間が創りあげられていた。

窓の向こうに桜並木が広がるリビングで。どっしりと重厚感のあるソファーはIKEA、コーヒーテーブルはIDÉE SHOP Pacific。
窓の向こうに桜並木が広がるリビングで。どっしりと重厚感のあるソファーはIKEA、コーヒーテーブルはIDÉE SHOP Pacific。
質感が大好きなリネンのテーブルクロスは、いつも籠に入れて出したまま、見せる収納に。
質感が大好きなリネンのテーブルクロスは、いつも籠に入れて出したまま、見せる収納に。
犬のお散歩セットなどを壁掛けに。外出時に必要なものを玄関脇に揃えている。棚は茶色から白に塗り替えた。
犬のお散歩セットなどを壁掛けに。外出時に必要なものを玄関脇に揃えている。棚は茶色から白に塗り替えた。
玄関脇の棚の上は、鍵や印鑑など“ここにあると便利なもの”を置くコーナー。海で拾った小石や貝殻などとともに。
玄関脇の棚の上は、鍵や印鑑など“ここにあると便利なもの”を置くコーナー。海で拾った小石や貝殻などとともに。
IKEAの無垢材のミニチェストに黒板塗料を塗り、夫用外出グッズの収納箱に。中身やメッセージをチョークで記入。
IKEAの無垢材のミニチェストに黒板塗料を塗り、夫用外出グッズの収納箱に。中身やメッセージをチョークで記入。

DIYで自分らしさを

「入居当初、壁は白いビニールクロスだったのですが、私のテーマカラーであるグレイッシュをベースに塗り替えました」。
玄関はブルーグレーに、LDKやベッドルームの一部は薄いグレーに、書斎はチャコールグレーに。職人さんに依頼しつつ、ベッドルームと書斎は自らDIYで塗り上げた。塗料はすべて、微妙な色合いが気に入っているイギリスの“ファロー&ボール”。
「壁は部屋の中で大きな面積を占めているので、単調では面白くないと思うんです。ひと部屋を全部同じカラーで塗るのではなく、一面だけ塗ってみたり、面によってトーンを変えてみたりしています」。
一面をアクセントにすることでフォーカルポイントになり、部屋が活き活きしてくるという。

「ブルーが重たかったキッチンの戸棚も、自分でカッティングシートを貼ってグレーにしました。収納棚なども自分で作ったんですよ」。
ホームセンターで板を買ってきてネジで組み合わせペンキを塗布。空間に無駄がなく、食材などを入れたガラス瓶もちょうどきれいにぴったり収まっている。

「寝室のベッドは存在感を出したくて、背の高いヘッドボードを探したのですが、欲しいものが見つからず。それなら作ってしまおうと、これも手作りしました」。
壁に溶け込む微妙なカラーのヘッドボードは、下地に紫を塗り上から白を重ねたもので、薄紫色のカーテンと調和する。ナチュラルなトーンが、清潔感を感じさせる。

長く愛用しているガラス瓶の大きさに合わせて手作りした棚。キッチンの壁にはレンガタイルを貼ってもらった。
長く愛用しているガラス瓶の大きさに合わせて手作りした棚。キッチンの壁にはレンガタイルを貼ってもらった。
オープンカウンターに造作した棚。キッチン側からもリビング側からも取り出せるのが便利。
オープンカウンターに造作した棚。キッチン側からもリビング側からも取り出せるのが便利。
こちらもDIYで作った棚。コンパクトなキッチンの収納を確保しようと空きスペースを活用。
こちらもDIYで作った棚。コンパクトなキッチンの収納を確保しようと空きスペースを活用。
ナチュラルなグレートーンのベッドルーム。リネンのシーツはベルギーの「リベコ」を愛用。グレーのブランケットをかけて完成。
ナチュラルなグレートーンのベッドルーム。リネンのシーツはベルギーの「リベコ」を愛用。グレーのブランケットをかけて完成。
ベッドルームのキャビネット上をディスプレイスペースに。ユーモラスな象の置き物がヘザーさんのお気に入り。
ベッドルームのキャビネット上をディスプレイスペースに。ユーモラスな象の置き物がヘザーさんのお気に入り。
大きなバスケットは、毛布や洗い替えなどを入れたブランケットボックス。上の籠は脱いだものの一時保管に。
大きなバスケットは、毛布や洗い替えなどを入れたブランケットボックス。上の籠は脱いだものの一時保管に。

経年を感じさせるインテリア

自らも手を加えてリメイクした空間には、ベルギー時代から大事にしているアンティークのキャビネットや、古材でできたダイニングテーブルなどを置いて、経年の味わいが楽しめるインテリアに。そこに花や、お気に入りの雑貨、思い出の品などをさり気なく配置。
「ティーポットやグラスを花瓶にしてみたり、拾ってきた小石でブックエンドを作ったり、とらわれずに色々アレンジして活用しています。センスよりも、そういうやりたいという気持ちが大事じゃないかな」。

ヘザーさんのお気に入りのスペースは、どっしりとしたイギリス風のソファーを置いたリビング。
「日本では、家の中でダイニングがメインとなることが多いですよね。でもうちはソファーがメイン。ゆっくりお茶をしたり、ワインを飲んだり、そういう時間を楽しんでいます」。
ふんわりと体を包むソファーに腰かけ、ビルダーズティーの時間を楽しむ。イギリスの郊外の午後を思わせる空気が流れていた。

ベルギーから一緒に引っ越してきたアンティークのキャビネット。コレクションしているグラスや器が並ぶ。
ベルギーから一緒に引っ越してきたアンティークのキャビネット。コレクションしているグラスや器が並ぶ。
IKEAのフラワーベースに小石を入れてブックエンドに。右は愛犬の写真入れに。中身が簡単に入れ替えられて便利。
IKEAのフラワーベースに小石を入れてブックエンドに。右は愛犬の写真入れに。中身が簡単に入れ替えられて便利。
パン屋さんの紙袋や、100円ショップで買ったクラフト紙を観葉植物の鉢カバーにアレンジ。素朴さがおしゃれ。
パン屋さんの紙袋や、100円ショップで買ったクラフト紙を観葉植物の鉢カバーにアレンジ。素朴さがおしゃれ。
チャコールグレーに塗った書斎で、仕事にあたるヘザー・ブラッキンさん。愛犬ボニーはビアデッド・コリー。
チャコールグレーに塗った書斎で、仕事にあたるヘザー・ブラッキンさん。愛犬ボニーはビアデッド・コリー。
「リベコ」のリネンのシェードは壁に近い色に。並べられたブリキ缶には“たまに出番がある”小物を収納。
「リベコ」のリネンのシェードは壁に近い色に。並べられたブリキ缶には“たまに出番がある”小物を収納。
白い家具がチャコールグレーに映える。フィレンツェのドゥオモの絵や家族との写真などをディスプレイ。
白い家具がチャコールグレーに映える。フィレンツェのドゥオモの絵や家族との写真などをディスプレイ。

愛するものたちと一緒に

そんなヘザーさんの家に手をかける暮らしは、ご両親から引き継いだのだそうだ。
「イギリス人の父は、DIYが“趣味”というよりは“暮らし”。屋根を直したり、古くなったクッションを取り替えたり、今も常に家のどこかを直しています。父が住む与論島の家を訪れると、家が生きているのを感じるんです。母は、インテリアにとてもこだわりがありました」。
ヘザーさんのお母様は、その美意識を鮮烈に世に残した作家の森瑤子さん。
「家を建てた時は、京都の古民家から建具などを買い取ったり、イタリアのタイルを輸入したりしていました。和もありエキゾチックな雰囲気もあり、色んなものを取り入れていましたね」。
森瑤子さんが愛用していた器や、額装の絵なども大切に引き継いでいるヘザーさん。
「自分にとって意味のあるものに囲まれて暮らしていたいと思います。例えば、大好きな街であり、妹が住んでいる街でもあるフィレンツェのポスターを額装して飾っていますが、何でもいいからポスターを飾るというのはないんです。ここにあるものはみんな大切なものばかりですね」。
ただ外国風、ヴィンテージ風なのではなく、愛情が溢れているからこそ深い味わいを感じさせるのかもしれない。

書斎の机の横は大切な思い出を並べたコーナーに。壁にはマグネットペイントを下地に塗っているので、活用度も高い。
書斎の机の横は大切な思い出を並べたコーナーに。壁にはマグネットペイントを下地に塗っているので、活用度も高い。
額はアントワープで見つけたペットショーの表彰状。雑誌などを隠す狙いも。壁には森瑤子さんが大事にしていた絵を。
額はアントワープで見つけたペットショーの表彰状。雑誌などを隠す狙いも。壁には森瑤子さんが大事にしていた絵を。
オブジェのようなアイアンのキャンドルスタンド。ベルギーで購入。
オブジェのようなアイアンのキャンドルスタンド。ベルギーで購入。
森瑤子さんが愛用していたお皿。いつもダイニングテーブルの上にセット。
森瑤子さんが愛用していたお皿。いつもダイニングテーブルの上にセット。
コーヒーテーブルの上はお気に入りの洋書、お花を欠かさない。右端の木箱はベルギーの花屋で入手。アンティークの瓶などをディスプレイ。
コーヒーテーブルの上はお気に入りの洋書、お花を欠かさない。右端の木箱はベルギーの花屋で入手。アンティークの瓶などをディスプレイ。
ヘザー・ブラッキンさんの著書「ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり」(文藝春秋)。美しく見せるインテリアのコツが満載。
ヘザー・ブラッキンさんの著書「ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり」(文藝春秋)。美しく見せるインテリアのコツが満載。