ToKoSie ー トコシエ

丘の上のゆとりの空間穏やかな時が流れる
ヴィンテージの似合う部屋

リノベのために引っ越しを

ヴィンテージの服から入り、インテリアにはまっていったという浅田さん。買い集めていた家具に似合う空間を目指して、当時、築10年だった中古物件を見つけてリフォームすることに。
「それまでは新築の分譲マンションに住んでいたんです。でもリノベーションするには住んでいるとやりにくい。経済的にも物理的にも引っ越した方が早いな、と思いました」。

選んだ場所は緑豊かな、郊外の丘陵地。
「100平米以上の大きな家が希望でした。昔ながらの間取りだった4LDKを3LDKに変更してリビングを広くとりました。空間が抜けている雰囲気が欲しかったんです」。
インテリアの洋書を見てインスピレーションを受けたものをピックアップしていくうちに、イメージが固まっていった。
「影響を受けたのはLAの建築家バーバラ・ベスター。ラフで大味な感じに惹かれましたね」。

シンプルでシックな空間にヴィンテージ家具が、味わいを添える。和室のあった間取りをスケルトンにして広々としたリビングに。
シンプルでシックな空間にヴィンテージ家具が、味わいを添える。和室のあった間取りをスケルトンにして広々としたリビングに。
光が差し込むリビングに集う浅田さん一家とシンガプーラのポル。広々としているので、子供の友達が集まっても大はしゃぎ。
光が差し込むリビングに集う浅田さん一家とシンガプーラのポル。広々としているので、子供の友達が集まっても大はしゃぎ。

家具が映えるシンプルな家に

ヴィンテージ家具が映える部屋を目指した空間は、少し明るさが抑えられた白のトーンを、黒い窓枠が引き締める。
「壁は数十枚塗ってもらった中から選んで、ちょっと男っぽい感じのグレー+ベージュの塗装にしました。配管むき出しも考えましたが、箱はシンプルな方が、家具が映えると思って。服もトレンドを出しすぎると使えません。だから流行りのインダストリアルにはこだわらず、家は家具で楽しむという考えをとりました」。

フローリングは床暖房に対応するため、古材を諦めてナラ材の新品で。
「これが、出来上がってみて愕然としちゃって。新品っぽすぎて“これじゃ住めません”と。電ノコで加工してもらったり、トンカチやグラインダーでわざと傷つけてもらったりして、古さを出してもらいました。古材ですか?って聞かれると、うれしいですね(笑)」。

最初はNGだった床は、業者を変えて古材のサンプルを渡し、徹夜で仕上げてもらった。右側の壁面収納の奥には、いずれ子供部屋となる一室がある。
最初はNGだった床は、業者を変えて古材のサンプルを渡し、徹夜で仕上げてもらった。右側の壁面収納の奥には、いずれ子供部屋となる一室がある。
キッチンは隠しつつ、カウンターから子供の様子も伺えるように。
キッチンは隠しつつ、カウンターから子供の様子も伺えるように。
壁は、一度コンクリートをむき出して板を張り、塗装をかけた。悩みどころのテレビは壁面収納に。
壁は、一度コンクリートをむき出して板を張り、塗装をかけた。悩みどころのテレビは壁面収納に。

図面を描いて床もオーダー

 

お客さんをもてなすことが多いという浅田邸。キッチンはオープンになりすぎないように配慮した。
「もともとあった食器棚を移設してカウンターにしたんです。両面使えるよう、収納棚も両サイドに設けました」。
キッチンのイメージは“レストランの厨房”。使いやすさを大切に、白・シルバー・黒でシンプルに。
「キッチンと廊下の床はフレキシブル材を使っています。モルタルよりも低コストでした」。
不規則な形に床材が並んでいるのが気になって聞いてみると、
「強度のために1枚1枚カットしたものをはめ込むのですが、その継ぎ目が気に入らなくて。具体的に絵を描いてイメージを伝えました」。その線の入り方がアートのようで面白い。

グレーベージュの塗装に、椅子やキッチンに取り入れたアイアンの黒が映える。
グレーベージュの塗装に、椅子やキッチンに取り入れたアイアンの黒が映える。
キッチンはプラスチックの板をはがしてタイルを貼った。アイアンはギャラップの職人さんにオーダー。
キッチンはプラスチックの板をはがしてタイルを貼った。アイアンはギャラップの職人さんにオーダー。
床材のはめ方にもこだわった廊下。壁材として使用されるフレキシブル材を選択した。
床材のはめ方にもこだわった廊下。壁材として使用されるフレキシブル材を選択した。
人工大理石をはがし、むき出しにしたコンクリートに表面塗料を塗って仕上げた玄関。
人工大理石をはがし、むき出しにしたコンクリートに表面塗料を塗って仕上げた玄関。
6帖の部屋を衣装部屋に。床はカーペットをはがし糊の跡をあえて残した。大味な雰囲気の箱に工場のランプを吊り下げて。拓郎さんの好みが強く反映された男っぽい空間。
6帖の部屋を衣装部屋に。床はカーペットをはがし糊の跡をあえて残した。大味な雰囲気の箱に工場のランプを吊り下げて。拓郎さんの好みが強く反映された男っぽい空間。

いずれは美術館のように

ファッション関係の仕事に携わる夫・拓郎さんが、ヴィンテージ家具にはまり出したのは10年程前のこと。
「初めて買ったのはロイズ・アンティークスのソファーです。1点ものなので見つけたらとりあえず買い、だんだん増えていきました」。

長女・さくらちゃんが生まれる前は、よくふたりでイタリアなどを旅したそう。
「蚤の市などを巡っているうちに、私もアンティークやヴィンテージものが好きになって、雑貨を集めるようになったんです」という妻・ちひろさんは、現在、ネットでヨーロッパの雑貨を販売中。部屋の中は、ヴィンテージ空間に調和する雑貨が溢れている。
「50〜60年代のものが多いです。子供がもう少し大きくなったら、またイタリアに行きたいし、これからも増えていくでしょうね」。
将来は美術館や博物館のような雰囲気にするため、もう一度リノベーションしたいのだともいうおふたり。住まいの楽しみは尽きない。

ダイニングテーブルはネットで探したフランスのもの。椅子はベルトイアなど、1脚ずつ気に入ったものを購入。ちひろさんはネットでSARTORIA LIFEを営む。
ダイニングテーブルはネットで探したフランスのもの。椅子はベルトイアなど、1脚ずつ気に入ったものを購入。ちひろさんはネットでSARTORIA LIFEを営む。
初めて買ったロイズ・アンティークスのソファー。レザーのソファーが欲しかったそう
初めて買ったロイズ・アンティークスのソファー。レザーのソファーが欲しかったそう
ベルギー製のチェストの上は、蚤の市で購入した雑貨を飾る。
ベルギー製のチェストの上は、蚤の市で購入した雑貨を飾る。
モロッコのガラスの照明。これを吊るすために天井の強度を増してもらった。
モロッコのガラスの照明。これを吊るすために天井の強度を増してもらった。
こちらは昔の応接室にあったと思われる日本製の椅子。ラグをかけただけで雰囲気が出る。
こちらは昔の応接室にあったと思われる日本製の椅子。ラグをかけただけで雰囲気が出る。
キリムはオークションをまめにチェックして購入。
キリムはオークションをまめにチェックして購入。
アンティークの雑誌の切り抜きなど、味のあるディスプレイが秀逸。
アンティークの雑誌の切り抜きなど、味のあるディスプレイが秀逸。