ToKoSie ー トコシエ

建築家夫妻の渋谷区の住まい大胆な発想で
個性を活かすリノベーション

斜めの壁を個性として生かす

須磨哲生さんと寺川奈穂子さんご夫妻は、共に隈研吾建築都市設計事務所に勤務する建築家。そんなおふたりが初めて個人の仕事として共同で設計したのが、渋谷区内のご自宅のリノベーション。

ここはもともと奈穂子さんの祖母が住んでいた家なのだそう。
「父も建築家で、20年ほど前にこの建物を設計しました。2階には祖母が住んでいて、3・4階が私の実家です。子どもが生まれたことをきっかけに祖母の住んでいたフロアを受け継ぎ、リノベーションして住むことにしました」と菜穂子さん。

印象的なキッチンの斜めの壁は、上階の家が使う外階段。この階段下の空間を利用し、L字型の造作キッチンを配置。カウンターの玄関側から、靴を収納できるシカケになっている。
「玄関を入ってすぐキッチンという配置に正直迷いはあったのですが、玄関との間に壁を設えるよりも、広々とした個性的な空間を作ることができたのでとても満足しています」

若い建築家夫妻のアイディアで、祖母の家がクールに生まれ変わった。

奈穂子さんの祖母が住んでいた家をリノベーション。天井はすべて剥がして躯体を見せている。
奈穂子さんの祖母が住んでいた家をリノベーション。天井はすべて剥がして躯体を見せている。
階段下の斜めの躯体が印象的な、L字型の大型の造作キッチン。シンクが一体型のステンレス天板を特注。
階段下の斜めの躯体が印象的な、L字型の大型の造作キッチン。シンクが一体型のステンレス天板を特注。
よく見ると少女漫画のようなタッチの絵が描かれている器。哲生さんの実家から持ってきたものだそう。
よく見ると少女漫画のようなタッチの絵が描かれている器。哲生さんの実家から持ってきたものだそう。
「東京芸大の先生の作品だと聞いています。この存在感が気に入って、実家から拝借してきました(笑)」
「東京芸大の先生の作品だと聞いています。この存在感が気に入って、実家から拝借してきました(笑)」
フローリングは幅広のナラ材をチョイス。目地を強調しない張り方で、木の本来の持ち味を生かしている。
フローリングは幅広のナラ材をチョイス。目地を強調しない張り方で、木の本来の持ち味を生かしている。
物入れの側面やキッチンの引き出しには、表情のある有孔ボードを使っている。
物入れの側面やキッチンの引き出しには、表情のある有孔ボードを使っている。

コンクリートと木の表情をMIX

リノベーションにあたっては、いかに空間に広がりを感じさせるかに心を配ったそう。
「決して広くない空間のため、壁で囲った小さな部屋を作らず広いワンルームのような空間を目指しました。天井を抜き天井高を高くし、壁を190cmと天井に届かない高さにすることで空間上部にすき間を作り、連続性と一体感を持たせました」

壁の素材はOSB(木片を圧縮接着した構造用パネル)を磨いたものを使用。コンクリート打ち放しの躯体に、ナチュラルでミニマルな木の素材感が温かさを加えている。

フローリングは幅広のナラ材。
「古いフローリングを剥がさずに上から貼ることで、廃材を出さずに済みました。工務店さんのアイディアです」

開放感たっぷりのガラス張りのバスルーム。「床面積が限られているので、思い切りました」。鏡面仕上のステンレス板を鏡として使用。
開放感たっぷりのガラス張りのバスルーム。「床面積が限られているので、思い切りました」。鏡面仕上のステンレス板を鏡として使用。
余裕の広さの洗面台にはベビーバスを置いて、ここでお子さんをお風呂に入れてあげられるそう。
余裕の広さの洗面台にはベビーバスを置いて、ここでお子さんをお風呂に入れてあげられるそう。
湯船に浸かりながら、ガラス越しに中庭を見渡せる。
湯船に浸かりながら、ガラス越しに中庭を見渡せる。
スタイリッシュなDURAVIT社の洗面ボウルと、ハンスグローエ社の水洗金具。バスタブはフィリップ・スタルクのデザイン。
スタイリッシュなDURAVIT社の洗面ボウルと、ハンスグローエ社の水洗金具。バスタブはフィリップ・スタルクのデザイン。
ソープディッシュとして使っている陶器も、哲生さんの実家から見繕ってきたものだそう。
ソープディッシュとして使っている陶器も、哲生さんの実家から見繕ってきたものだそう。
ボックス型のトイレの吊引き戸は、表からレールが見えないように、ドアの細工に一工夫加えている。
ボックス型のトイレの吊引き戸は、表からレールが見えないように、ドアの細工に一工夫加えている。
すっきりとミニマルにまとめたトイレは、間接型のLED照明の効果で、まるで宇宙船で旅をしているような未来的な空間。
すっきりとミニマルにまとめたトイレは、間接型のLED照明の効果で、まるで宇宙船で旅をしているような未来的な空間。

バスルームはガラス張りに

バスルームは思い切ってガラス張りにし、空間の広がりを確保。洗面台は宙に浮いたような軽やかなデザイン。クリアガラスに鏡面仕上のステンレス板を張り、すっきりとした空間を作っている。中庭を見ながら湯船に浸かれる開放感のあるバスルームができあがった。

「湿気の対策のため、ここだけは天井を張りました。コンパクトな防水の照明器具は、『toolbox』のものを使っています」

バスルームの先が寝室になっている。その向かい側がクローゼットとして使っている小さな空間。
「来客にここで休んでいただいたり、子どもが大きくなったら子ども部屋として使うかもしれないので、壁と一体になる大きな引き戸をつけました。それでも、さらに家族構成が変わったら手狭に感じるかもしれません。それまでの間、ここでの暮らしを楽しみたいと思っています」

「木チップの再生材は、磨くことでナチュラルな質感の壁材になります」。右側がクローゼット。
「木チップの再生材は、磨くことでナチュラルな質感の壁材になります」。右側がクローゼット。
ベビーベッドが並ぶ寝室。
ベビーベッドが並ぶ寝室。
ベビーベッドの上のモビールは、スペインの友人からの出産祝い。
ベビーベッドの上のモビールは、スペインの友人からの出産祝い。