ToKoSie ー トコシエ

マンションでグリーンを楽しむ人気ショップ「SOLSO」から
新しい3つの提案

ファッションやインテリアに流行があるように、植物の飾り方にもトレンドがある。素敵な植物との暮らし方を提案する人気ショップ「SOLSO」に行けば、きっと心に響く新しいグリーンのコーディネイトが発見できるはず。SOLSO代表の齊藤太一さんに、マンションでグリーンを楽しむ際のトレンドを3つピックアップしていただいた。

[1]本棚に植物を飾る

「植物が生活空間に溶け込んでいる感じが出るので、本棚に飾るのもオススメです」と「SOLSO」の齊藤太一さん。本棚の他にも、靴箱に飾ったり、食器棚に植物を加えてみるのもいいかもしれない。

本棚が植物にとって暗い場所にある場合は、アートフラワーを上手く取り入れるのもテだ。今は本物と見分けがつかないほど精巧に作られているアートフラワーが種類も豊富に揃う。本物の植物にアートフラワーを混ぜてボリュームアップするという使い方もアリだ。

本物の植物とアートフラワーを混ぜて飾っている。アートフラワーを活用することでボリュームアップも可能になる。

肉厚の丸葉が可愛いホヤ。本棚の高さを生かし、垂れ下がる姿が美しい植物を飾る。

[2]テラリウムで植物を楽しむ

ガラスの器で植物を育てるテラリウムの発祥は19世紀と、長い歴史を持つ植物の栽培方法だ。当時のロンドンの植物愛好家がこの方法を編み出した。プラントハンターと呼ばれる植物採集家が、珍しい植物を英国に届けるため、輸送中に枯らさないように考案されたと言われている。光は通して、水分は逃さずに循環させる、自然に近いサイクルをガラスの器の中に再現することで、水やりの回数も減らすことができたのだ。

そのテラリウムが再び注目を集めている。小さな空間の中に自然の風景を再現するテラリウムは、マンションで植物を楽しむ方法としてはもってこい。ジオラマを作るもよし、ゆらゆら揺れるガラスのハンギングの中に、エアプランツを入れて飾るのも楽しい。
「エアプランツには、寒さに強いもの、水が大好きなもの、成長がゆっくりなものと、いろいろな性格があるので、環境に合った種類を選ぶとうまく育てられると思います」

自然の風景を切り取るテラリウム。多肉植物や苔などの他に、ドライフラワーで楽しむのもいい。

エアプランツのキセログラフィカにガラスの覆いを被せるディスプレイ。テラリウム同様、水やりの頻度を抑えられる。

ガラスのハンギングも人気アイテム。植物を植え込んでもいいし、こんなふうにエアプランツを入れて飾ってもいい。

SOLSO代表の齊藤太一さん。植物との暮らしを楽しむための様々なアイディアを提案してくれる。

[3]インテリアの一部になるツールを選ぶ

植物の姿形や鉢のデザインにこだわるように、植物まわりのツールも本気で選びたい。お気に入りの植物と一緒に置いて、さらにセンスアップするものがいい。
プラスティック素材ならば、美しいデザインのものを。使い込むほどに味が出る素材の作りのいいツールを選べば、植物の成長とともに道具も手に馴染んでくれるはずだ。

日本製の蓄圧式の霧吹き。分解して手入れができるようになっており、長く使うことを前提に作っているのがうれしい。

ドイツ製の霧吹き。ロゴの入り方がカッコいい。こちらもポンプを何度か押せば霧が長く出続ける蓄圧式。

アメリカのデザイナーによる真鍮のジョウロは、時とともにいい色合いに変わっていく。

インダストリアルなデザインでいて、色目がキュートなジョウロはイタリア製。

道具にもこだわりを。微妙な曲線にぬくもりが感じられるオランダ製のシャベルと、植え替えの際に鉢に土をしっかりと詰めるために使う目土棒。

二子玉川の蔦屋家電の中に入っている「SOLSO HOME」には、室内で楽しめる植物が豊富に揃う。


information

SOLSO HOME
「SOLSO HOME」は二子玉川の蔦屋家電の中という室内空間にあるので、マンションで植物を楽しむ際に参考になるアイディアが豊富なのがうれしい。隣のインテリアショップ「alfrex」の、家具とグリーンのコーディネイトをはじめ、蔦屋家電内の豊富なグリーンはSOLSOが手がけている。隅々までチェックしたい。

OPEN/10:00~19:00(不定休)
東京都世田谷区玉川1-14-1
二子玉川ライズSC テラスマーケット 蔦屋家電内
TEL :03-6447-9775