カリモクのクリエイティブ DIYとリノベの アイディアがふくらむ

カリモク家具のクリエイティブDIYとリノベの
アイディアがふくらむ場所

石巻工房とカリモク家具の深〜い関係

西麻布の閑静な住宅街に”Karimoku”という表札かかる建物がある。ここ『Karimoku Commons Tokyo』は、全館で最新のカリモクを体感できるクリエイティブなスペースになっている。
 

定期的に企画展が行われており、2021年8月6日(金)まで、カリモク家具が協働している『石巻工房』の10年の歩み……「 ”十” 石巻工房の十年展」が展示されている。

『石巻工房』は、2011年3月の東日本大震災で家具や住まいを失った人々の力になりたいと、ここ『Karimoku Commons Tokyo』のリノベーションにも携わった建築家の芦沢啓治氏を中心に有志が立ち上がり、デザインの力でDIYの可能性を広げる“DIYレーベル”だ。
被災者自ら手を動かし、素材は手に入れやすい2×4材を中心にスタート。
上の写真は、外に置いてシルバーに変わった『石巻工房』のベンチだ。
スタートから10年が経ち、現在は地域外の方々にも家具の販売を広げ、素材やデザイン、小物やDIYキットなど、ラインナップも多岐にわたっている。

『石巻工房』の最新アイテム。左の壁に立て掛けて使うデスクは、省スペースでリモートワークのコーナーを作れる。

『石巻工房』の最新アイテム。左の壁に立て掛けて使うデスクは、省スペースでリモートワークのコーナーを作れる。

トラフ建築設計事務所がデザインした、AAスツール。素材や仕様による色の違いも楽しい。

トラフ建築設計事務所がデザインした、AAスツール。素材や仕様による色の違いも楽しい。

横にスタッキングできるAAスツールは、組み合わせればイスになる。

横にスタッキングできるAAスツールは、組み合わせればイスになる。

製品には『石巻工房』の焼印が入る。

製品には『石巻工房』の焼印が入る。

カッティングボードのデザインがかわいい。立食パーティでお皿としても使える。

カッティングボードのデザインがかわいい。立食パーティでお皿としても使える。

『石巻工房』の

『石巻工房』の”メイド・イン・ローカル”の発想を生かし、現在、ロンドン、マニラ、ベルリン、デトロイトでも展開している。

『石巻工房』をカリモク家具が作ると

『石巻工房』のDIYテイストのデザインを生かし、木材を熟知したカリモク家具の手によってリファインされたシリーズが『石巻工房 by Karimoku』だ。
たとえばAAスツールは板厚が薄くなり、釘穴は隠されている。
DIYに興味のある方なら、家具メーカーならばどこを変えるのか、ぜひチェックしていただきたい。
AAスツールをカリモクが作ると、洗練された表情になる。釘穴も見えない。

AAスツールをカリモクが作ると、洗練された表情になる。釘穴も見えない。

木の種類の違いを楽しめる。手前のスツールは、あえて虫食いのあるものにしている。

木の種類の違いを楽しめる。手前のスツールは、あえて虫食いのあるものにしている。

テーブルの引き出しは両側から引き出すことができる。デスクとしても、ダイニングテーブルにも。

テーブルの引き出しは両側から引き出すことができる。デスクとしても、ダイニングテーブルにも。

『石巻工房』のテーブルとベンチをカリモクが作った。集成材の天板は小口をそのまま残して素朴な仕上りに。

『石巻工房』のテーブルとベンチをカリモクが作った。集成材の天板は小口をそのまま残して素朴な仕上りに。

絶妙な角度! 座り心地のいいクッションはカリモク製。

絶妙な角度! 座り心地のいいクッションはカリモク製。

『石巻工房』らしい、直線的なデザインのソファ。カリモクのクッションで座り心地が抜群。

『石巻工房』らしい、直線的なデザインのソファ。カリモクのクッションで座り心地が抜群。

リノベのアイディアをチェック

『Karimoku Commons Tokyo』の築37年の建物は、建築家の芦沢啓治氏がリノベーションを手掛けた。フロアによって違う壁や天井の色や、壁の素材で印象を変えるなど、リノベーションのアイディアも豊富なので、ぜひチェックしたい。
造作の棚や、奥にあるカウンターキッチンは、カリモク家具が制作したもの。カリモクの職人技で仕上げられた造作家具の美しさは見事!
カーテンでスペースを分けるアイディア。カーテンを2枚重ねにすることで、見る側によって印象を変えている。

カーテンでスペースを分けるアイディア。カーテンを2枚重ねにすることで、見る側によって印象を変えている。

この壁は動かすことができる。将来、部屋の区切り方を変えたいと考えているなら、参考にしたいアイディアだ。

この壁は動かすことができる。将来、部屋の区切り方を変えたいと考えているなら、参考にしたいアイディアだ。

3階は他のフロアよりも濃いグレーの壁。この色の違いで印象がガラリと変わる。手前は左官技術のひとつである“掻き落とし”で仕上げた、ラフな印象の壁。

3階は他のフロアよりも濃いグレーの壁。この色の違いで印象がガラリと変わる。手前は左官技術のひとつである“掻き落とし”で仕上げた、ラフな印象の壁。

エントランスの把手には家具で使われることが多いペーパーコードがつかわれている。

エントランスの把手には家具で使われることが多いペーパーコードがつかわれている。

把手に使われたのはこのイスの座面と同じペーパーコード。

把手に使われたのはこのイスの座面と同じペーパーコード。

1階のキッチンもカリモク製。パーテションで仕切ることもできる。

1階のキッチンもカリモク製。パーテションで仕切ることもできる。

壁にピッタリと収まる棚ももちろんカリモク製。収まりが美しいのでぜひ実物を見に行ってほしい。

壁にピッタリと収まる棚ももちろんカリモク製。収まりが美しいのでぜひ実物を見に行ってほしい。

リノベーションの際、屋上の手すりの上に幅広の板を渡し、くつろぎのスペースに。

リノベーションの際、屋上の手すりの上に幅広の板を渡し、くつろぎのスペースに。

屋上には木と深い関係のあるカリモクらしく、屋上には植栽が施されている。展示に合わせて『石巻工房』の家具も並んでいる。

屋上には木と深い関係のあるカリモクらしく、屋上には植栽が施されている。展示に合わせて『石巻工房』の家具も並んでいる。

木目がわかるKariokuの看板がかわいい。

木目がわかるKariokuの看板がかわいい。

Karimoku Commons Tokyo

Information

Karimoku Commons Tokyo
港区西麻布2丁目22-5 
☎03・6805・0655。
営12:00~18:00、土・日休。

Ranking Renovation