ToKoSie ー トコシエ

植物の力を生かすアイディア-3虫除けキャンドルと
サシェを作る

ユーカリやローズマリーなどの一部の植物には、シトラールやシトロネラ、カンファーといった虫が嫌う成分が含まれている。

その成分を生かした植物の楽しみ方を、初回はハーブを寄せ植えにする方法2回目はリースやスワッグを作る方法を習った。

今回は、『ビオトープ・ナーセリーズ』の佐藤みのりさんと長谷川維さんに、虫除け効果のあるキャンドルとサシェの作り方を教えていただいた。

ちなみに、市販のアウトドア用の蚊除けのキャンドルにもシトロネラが使われているものが多い。今回は、同様の蚊除け効果のあるキャンドルを、使って、そして飾って楽しめるものをハンドメイドしてみた。

蚊が嫌う成分を持つハーブは、ゼラニウム、ゼラニウム・シトロネラ、ラベンダー。ソルトブッシュ、ロシアンオリーブ、ローズマリーはシルバーの葉を楽しむ。ベランダで育てているハーブをカットして使ってみよう。
蚊が嫌う成分を持つハーブは、ゼラニウム、ゼラニウム・シトロネラ、ラベンダー。ソルトブッシュ、ロシアンオリーブ、ローズマリーはシルバーの葉を楽しむ。ベランダで育てているハーブをカットして使ってみよう。
フレッシュなハーブをカットしながらキャンドル作りを楽しむ。
フレッシュなハーブをカットしながらキャンドル作りを楽しむ。
ドライハーブや貝殻などをどう組み合わせるかはセンスの見せ所。
ドライハーブや貝殻などをどう組み合わせるかはセンスの見せ所。

虫除けキャンドルの材料

まず、虫が嫌うアロマオイルが必要となる。ティーツリー、ラベンダー、ペパーミント、シトロネラ、レモングラス、ゼラニウムなど。これらを組み合わせて、好みの香りを作るのも楽しい。

今回教えていただいたのは、グラスを2つ用意し、外側のグラスにハーブや飾りを入れ、内側のグラスにアロマオイルを加えたパラフィンワックスを入れる方法。

外側は夏らしく海辺のアイテムで飾ってもいいし、シルバーリーフのハーブをメインに使ってシックなキャンドルを作るのも素敵。イメージに合ったオーナメントを準備したい。ベランダで育てているハーブを剪定したものをドライにして、それを材料にするのも楽しい。
手作りキャンドル用のパラフィンワックス、ワックスを溶かす鍋も用意する。

すべて、虫が嫌うアロマオイル。左から、ティーツリー、ラベンダー、ペパーミント、シトロネラ、レモングラス、ゼラニウム。これらを使ってキャンドルを作る。
すべて、虫が嫌うアロマオイル。左から、ティーツリー、ラベンダー、ペパーミント、シトロネラ、レモングラス、ゼラニウム。これらを使ってキャンドルを作る。
左から、ガラス容器(外側に飾りを、内側にアロマを入れる)。キャンドル用の芯と座金。パラフィンワックス。芯を立てるために使う割り箸。ハサミ、ピンセット。溶かしたワックスを流し込むための紙コップも準備しよう。
左から、ガラス容器(外側に飾りを、内側にアロマを入れる)。キャンドル用の芯と座金。パラフィンワックス。芯を立てるために使う割り箸。ハサミ、ピンセット。溶かしたワックスを流し込むための紙コップも準備しよう。
ヒトデや貝殻、ブリザーブドフラワーなどをデコレーションに使う。
ヒトデや貝殻、ブリザーブドフラワーなどをデコレーションに使う。
キャンドルの作り方を教えていただいた『ビオトープ・ナーセリーズ』の佐藤みのりさん。
キャンドルの作り方を教えていただいた『ビオトープ・ナーセリーズ』の佐藤みのりさん。
『ビオトープ・ナーセリーズ』で行われるワークショップは、長谷川維さんと佐藤さんに教えてもらえる。
『ビオトープ・ナーセリーズ』で行われるワークショップは、長谷川維さんと佐藤さんに教えてもらえる。

虫除けキャンドルの作り方

まず、外側を好みのアイテムでデコレーションしていく。多すぎるかなというぐらい入れるのがコツ。冷めると白くなるパラフィンワックスを入れるので、中に入れたものが霞むことを考慮する。見せたいものはガラスにぴったりとつけるようにして入れると、ワックスを流し込んでもガラス越しによく見える。

鍋でキャンドル用のパラフィンワックスを溶かし、溶かしたワックスを外側に流し込む。

内側のグラスには、虫除け効果のあるアロマオイルを入れたパラフィンワックスを入れる。キャンドル用の芯と立てておくことを忘れずに。

2重にしたガラスの器の外側に、ピンセットを使いながらフレッシュハーブやデコレーション用の小物を入れていく。多めに入れたほうが仕上がりがキレイ。
2重にしたガラスの器の外側に、ピンセットを使いながらフレッシュハーブやデコレーション用の小物を入れていく。多めに入れたほうが仕上がりがキレイ。
ロウを入れると白くなるので、はっきり見せたいものはなるべくガラスにくっつけるようにするのがコツ。
ロウを入れると白くなるので、はっきり見せたいものはなるべくガラスにくっつけるようにするのがコツ。
手作りキャンドル用のパラフィンワックスを鍋にかけて溶かす。火傷をしないように取り扱いには十分気をつけて。
手作りキャンドル用のパラフィンワックスを鍋にかけて溶かす。火傷をしないように取り扱いには十分気をつけて。
溶かしたワックスを外側に注いでいく。
溶かしたワックスを外側に注いでいく。
芯と座金を割り箸を使って立てる。
芯と座金を割り箸を使って立てる。
蚊除け効果のあるアロマオイルを溶かしたワックスに加える。紙コップ1杯のワックスに対して、10滴のアロマオイルが目安。アロマオイルを加えたら、割り箸などで軽くかき混ぜる。アロマオイルをミックスして好みの香りを作るのも楽しい。
蚊除け効果のあるアロマオイルを溶かしたワックスに加える。紙コップ1杯のワックスに対して、10滴のアロマオイルが目安。アロマオイルを加えたら、割り箸などで軽くかき混ぜる。アロマオイルをミックスして好みの香りを作るのも楽しい。
虫除けキャンドルの完成。パラフィンワックスの上から少しデコレーションを覗かせるとカワイイ。
虫除けキャンドルの完成。パラフィンワックスの上から少しデコレーションを覗かせるとカワイイ。

アロマワックスサシェを手作り

アロマオイルを入れたパラフィンワックスを、壁に飾ったり、ドアノブに下げたりして香りを楽しむことができる。アロマに、蚊が嫌いなものを選べば、虫よけ効果も期待できる。

上で教わった蚊除けキャンドルの作り方の応用で、簡単にサシェも作ることができるのだ。

蚊が嫌いなアロマオイルを加えたパラフィンワックスに、ドライフラワーなどを飾る。生のハーブを使えば、飾っているうちにドライになっていくのも楽しい。

虫の嫌いな香りをつけたパラフィンワックスで、アロマワックスサシェをハンドメイド。革紐やリボンを通す穴を開けるのを忘れずに。
虫の嫌いな香りをつけたパラフィンワックスで、アロマワックスサシェをハンドメイド。革紐やリボンを通す穴を開けるのを忘れずに。
パラフィンワックスが染み込まないケーキ用のワックスペーパーを使ったケーキ型を準備。ドライフラワーなどを配置する。
パラフィンワックスが染み込まないケーキ用のワックスペーパーを使ったケーキ型を準備。ドライフラワーなどを配置する。
溶かしたパラフィンワックスを流し込む。ワックスがかかると置いたものが白くなるので、ワックスを流してから飾りを置いてもよい。
溶かしたパラフィンワックスを流し込む。ワックスがかかると置いたものが白くなるので、ワックスを流してから飾りを置いてもよい。
白金台のプラチナ通り沿いのグリーンショップ「BIOTOP  NURSERIES」では、蚊除けキャンドルのワークショップも行われている。
白金台のプラチナ通り沿いのグリーンショップ「BIOTOP NURSERIES」では、蚊除けキャンドルのワークショップも行われている。

information

BIOTOP NURSERIES

「ADAM ET ROPÉ BIOTOP」の1階の「BIOTOP NURSERIES」は、「SOLSO」が運営しているショップ。今回教えていただいた蚊除けキャンドルの他にも、テラリウムや苔玉ハンギングのワークショップを行っている。

OPEN/11:00~19:00
東京都港区白金台4-6-44 1F
TEL :03-3444-2894