ToKoSie ー トコシエ

多肉の中の注目株ユニークな表情に虜になる
塊根植物をインテリアに

コーデックスを愛でる楽しみ

多肉植物がブームとなる中で、最近注目を集めているのが塊根植物。ボテッとしたフォルム、ユニークな表情….。存在感を放つ不思議な植物、コーデックス(=塊根植物)って? ブームの先駆けと目される「anea design」の横町健さんにその魅力を聞いてみた。
「コーデックスはアフリカや中東、中南米などに生息する多肉の一種で、幹や茎、根が丸々と膨れたものを指します。成長には時間がかかって、数年かけて数ミリ伸びるものや、花が咲くまでに長い時間かかるものもあり、それも魅力のひとつです」。
乾燥地帯の厳しい環境に対応するため、体内に水分を溜め込むのが、丸っと膨張する理由だとか。日本の気候では、なかなか育てるのが難しそうだが、ポイントを抑えて手をかければ、元気に生育させることも可能。横町さんは自宅にも、新たにオープンした「Botanize」白金店の屋上にも温室を備えている。
「35℃で管理していますが、一般には人が生活するのに快適な15℃以上あれば大丈夫と考えます。あとは風と光。閉め切った場所に置いておくのは避けます。家でいちばん日当りのよい場所に置いて、出かけるときはサーキュレーターを回しておきましょう」。
マニアならずとも気になるコーデックス。まずは育てやすい種類から始めたい。

「Botanize」白金店の屋上にあるハウス。マダガスカル、南アフリカ、ナミビアなどから仕入れた塊根植物を育成。
「Botanize」白金店の屋上にあるハウス。マダガスカル、南アフリカ、ナミビアなどから仕入れた塊根植物を育成。
光がたくさん差し込む「Botanize」の店内。ユニークな表情の塊根植物は、見ているうちにはまりそう。
光がたくさん差し込む「Botanize」の店内。ユニークな表情の塊根植物は、見ているうちにはまりそう。
パキポディウム属のグラキリウス、ナマクアナムなど。横町さんが少年期にはまったサボテンも。
パキポディウム属のグラキリウス、ナマクアナムなど。横町さんが少年期にはまったサボテンも。

コーデックスを手に入れるなら

初めてコーデックスに挑戦するなら、どんな種類から始めたらいいのだろうか。横町さんのおすすめは、
「ボテッとしたフォルムで“THE 塊根”とも言うべき“パキポディウム・グラキリウス”がいいでしょう。年間を通して日当りのよい場所に置いておき、成長期の夏場には、土が乾いたらたっぷり水をやります」。
乾いたかどうかの判断は、竹串を刺してついてくる土の状態で確かめる方法も。品種によっても違うので、購入する際に確かめたい。あくまで乾ききってから水やり、がポイント。
「次はボールのような形状の“ユーフォルビア・オベサ”。保水力があって育てやすいのでおすすめです。冬場はほぼ断水状態で育て、水やりは月1度くらいでOKです」。
イギリス名は“バスケットボール・プランツ”とも。ユニークな形は眺めているだけで満足。
「そして育てやすさと見た目のかわいさ、価格で推しなのが亀の甲羅のようにひび割れた塊根部分が特徴の“亀甲竜”。ツルの伸びが早く、成長を眺める楽しさも味わえます」。
ゴツゴツとした塊根部分に対して、葉っぱがかわいいハート形をしているのも魅力。こうして、色んな個性を持つコーデックスの奥深い世界にはまっていくことになる。

キョウチクトウ科の「パキポディウム・グラキリウス」。グラキリウスとはラテン語で「細い葉」を意味するそう。日本では「象牙宮」と呼ばれることも。丸みのあるフォルムに、細くて深い緑の葉っぱのコントラストが魅力。
キョウチクトウ科の「パキポディウム・グラキリウス」。グラキリウスとはラテン語で「細い葉」を意味するそう。日本では「象牙宮」と呼ばれることも。丸みのあるフォルムに、細くて深い緑の葉っぱのコントラストが魅力。
丸いボディがかわいい「ユーフォルビア・オベサ」。寒さにある程度耐えられるが、気温が0℃下回る場合は屋内で管理。
丸いボディがかわいい「ユーフォルビア・オベサ」。寒さにある程度耐えられるが、気温が0℃下回る場合は屋内で管理。
「ユーフォルビア・オベサ」は、親株からいくつもの子株に分かれるように育つことから、日本では「子吹きオベサ」とも。
「ユーフォルビア・オベサ」は、親株からいくつもの子株に分かれるように育つことから、日本では「子吹きオベサ」とも。
塊根部分が成長にともなってひび割れていき、亀の甲羅のようになる「亀甲竜」。夏場の葉の落ちる休眠期には完全に断水する。
塊根部分が成長にともなってひび割れていき、亀の甲羅のようになる「亀甲竜」。夏場の葉の落ちる休眠期には完全に断水する。
パイナップルのような見た目の「パキポディウム・ナマクアナム」。円柱状の主幹と細長いトゲのコントラストが魅力。
パイナップルのような見た目の「パキポディウム・ナマクアナム」。円柱状の主幹と細長いトゲのコントラストが魅力。
「ユーフォルビア・エスクレンタ」。熱帯から温帯にかけて生息するユーフォルビア属のひとつ。
「ユーフォルビア・エスクレンタ」。熱帯から温帯にかけて生息するユーフォルビア属のひとつ。

鉢と合わせて空間に取り入れる

お気に入りのコーデックスを手に入れたら、次は鉢のセレクトも楽しみたいところ。「Botanize」では、コーデックスと調和する、日本や海外の作家ものの器も合わせて販売。
「長年空間プロデュースをやってきて培った経験で、全ての商品をアレンジしています。お客さんによっては、鉢を自分で選んだり、化粧砂との合わせを楽しんだりされていますよ」。

縦長のコーデックスには縦長の鉢、などバランスを考えて選び、水はけのよい荒い軽石を敷いた上に配合した土を。そして株を植え込んで化粧砂で仕上げ。空間とのバランスを考えてアレンジする楽しみも広がる。ナチュラルにもシンプルにも、武骨な空間にも、アンティークにも調和するコーデックス。インテリアに合わせて楽しみたい。

「Botanize」ではコーデックスに似合う鉢も厳選して販売。お気に入りを選んだら、鉢とのコーディネートを楽しんで。
「Botanize」ではコーデックスに似合う鉢も厳選して販売。お気に入りを選んだら、鉢とのコーディネートを楽しんで。
愛嬌のあるコーデックスと、作り手の愛情がにじみ出た鉢とが、インテリアにも映えそう。
愛嬌のあるコーデックスと、作り手の愛情がにじみ出た鉢とが、インテリアにも映えそう。
店内でコーデックスと鉢をセレクトし、土と合わせてアレンジしてもらうことも。
店内でコーデックスと鉢をセレクトし、土と合わせてアレンジしてもらうことも。
独特の表情を持つコーデックスには、存在感のある鉢がよく似合う。
独特の表情を持つコーデックスには、存在感のある鉢がよく似合う。
株を植えたら最後に土にかぶせる化粧砂も販売。色、大きさなどが様々。
株を植えたら最後に土にかぶせる化粧砂も販売。色、大きさなどが様々。
幾何学的なホワイトラインがアクセントとなる「invisible ink.」の鉢。
幾何学的なホワイトラインがアクセントとなる「invisible ink.」の鉢。
横町健さん。飲食店プロデュース会社「anea design」を創業。2012年にコーデックスと出会う。インスタグラム「aneaken」はフォロワー2万人。
横町健さん。飲食店プロデュース会社「anea design」を創業。2012年にコーデックスと出会う。インスタグラム「aneaken」はフォロワー2万人。
白金の古いビルを1棟丸ごとリノベーション。1、2階でカフェ「anea cafe SHIROKANE 」を、3階で「Botanize」を展開。
白金の古いビルを1棟丸ごとリノベーション。1、2階でカフェ「anea cafe SHIROKANE 」を、3階で「Botanize」を展開。