ToKoSie ー トコシエ

バスルームから庭を眺める大きなリビングを多様に。
可変性のあるワンルーム

庭に連なるダイナミズム

「新緑の頃がいちばんきれいですね。庭かルーフバルコニー付きの物件限定で探しました」。
と語るのは建築士・茂木哲さん。66㎡の住空間に50㎡弱の専用庭がついた築40年程の団地の一室を、自らの設計でリノベーションした。
「普段、戸建ての設計をすることが多く、内と外の関係性を大切に考えてきました。自分がおすすめしたい空間としてどうあるべきか、実際に住んで感じてみたいと思ったんです」。
玄関から庭まで、南北に約18mに連なる長屋のような間取りだったことも決め手に。スケルトンにした空間は仕切り壁を設けず、全体をひとつのリビングに見立てながら、障子によって個室の役割も持たせた。庭に連なる開放性を室内のどこにいても感じながら、家族3人の生活を過ごすための工夫があちこちに施されている。
緑豊かな庭に連なるLDK。開口には垂れ壁を設け、サッシ枠とブラインドを隠している。クオリティの高い住まいを実現するため、コーディネート・実施設計・施工を「リノベる。」に依頼。
緑豊かな庭に連なるLDK。開口には垂れ壁を設け、サッシ枠とブラインドを隠している。クオリティの高い住まいを実現するため、コーディネート・実施設計・施工を「リノベる。」に依頼。
ダイニングに集う茂木さんと妻・奈々恵さん、長男・蒼くん。ダイニングテーブルはDIYで。天板を数回研磨して塗装、アイアンの脚を取り付けて完成したもの。
ダイニングに集う茂木さんと妻・奈々恵さん、長男・蒼くん。ダイニングテーブルはDIYで。天板を数回研磨して塗装、アイアンの脚を取り付けて完成したもの。
ダイニングと同じレベルでウッドデッキを設けた。アウトドアリビングとして活用。 
ダイニングと同じレベルでウッドデッキを設けた。アウトドアリビングとして活用。 
森のような庭が眺められるリビングも癒しの場。室内のグリーンが、外との連続性を強調する。
森のような庭が眺められるリビングも癒しの場。室内のグリーンが、外との連続性を強調する。
茂木邸では庭も“部屋”の一部。置き畳をウッドデッキに敷くと縁側に早変わり。ここで家族の団欒が繰り広げられる。
茂木邸では庭も“部屋”の一部。置き畳をウッドデッキに敷くと縁側に早変わり。ここで家族の団欒が繰り広げられる。

長方形の利点を活かして

「壊せない柱壁が中央にあったのですが、これが逆に良かったと思っています。何もないがらんどうの空間よりも奥行感を得られたと思っています」。
玄関を入ると、中央にある1本の壁柱を介して右側がダイニングキッチン、洗面、左側にリビング、ベッドルーム、和室、バスルームがゆるやかに分かれている。収納やキッチン台を東西の壁に寄せることで中央を広々とさせ、庭へと抜けるような感覚を演出。
「長方形の部屋だと対角の長さが取れるので、全体がワンルームでも物理的、心理的に距離感が得られると思います。この長方形の南北の長さを強調するために、“長押”を広めに取りました」。
庭に向けて連なる壊せない梁には、鴨居と兼ねて長押を設置。ここには障子が設けられ、個室として空間を仕切ることもできるようになっている。開け放てばパーティーにも対応できるワンルームに、閉じれば障子を介して向こう側の気配が伝わる和モダンな空間に。可変性のある造りが様々な住まい方を可能にする。
リビングにはデスクカウンターを。ほどよい距離感でそれぞれの仕事をこなすことができる。梁に設置した長押の上には間接照明が隠されている。
リビングにはデスクカウンターを。ほどよい距離感でそれぞれの仕事をこなすことができる。梁に設置した長押の上には間接照明が隠されている。
壊せなかった壁柱がゆるやかな仕切りに。障子を内蔵している。
壊せなかった壁柱がゆるやかな仕切りに。障子を内蔵している。
障子で閉じることも可能なベッドルーム。お昼寝中の子どもの様子を、料理をしながら伺える。
障子で閉じることも可能なベッドルーム。お昼寝中の子どもの様子を、料理をしながら伺える。
リビングからバスルームまで、ひとつながりに。北側窓からの柔らかい光が室内まで入り込む。
リビングからバスルームまで、ひとつながりに。北側窓からの柔らかい光が室内まで入り込む。

バスルームは部屋の延長

何といっても驚かされるのは、ワンルームの中に仕切りもなく存在するバスルーム。
「じめっとした個室になりがちな北側を、窓のあるリビングのようなバスルームにすることで快適に暮らせると考えました。仕切りをなくすことで光と風が通り、緑の庭を眺めながら入浴することもできます。シャワーブースを別に設けることで湯気とカビの発生も抑えています」。
TVモニターを観ながらゆっくりバスタイムを楽しんだり、足湯に浸かったり。障子のある和室と隣接していて、湯船に浸かれば旅館か和モダンなホテルに滞在しているかのよう。
「朝風呂が気持ちいいんです。夫婦でそれぞれ1時間くらい入ったりして、旅に行った気分を味わっています」。
ハーフユニットを使った開放感たっぷりのバスルーム。手前にシャワーブースがあり、体を洗ってから入浴できる。
ハーフユニットを使った開放感たっぷりのバスルーム。手前にシャワーブースがあり、体を洗ってから入浴できる。
足湯も楽しみのひとつ。脇のカウンターはバーにも早変わり。
足湯も楽しみのひとつ。脇のカウンターはバーにも早変わり。
造作したカウンターは、普段はメイクコーナーに。手洗い鉢があると便利。
造作したカウンターは、普段はメイクコーナーに。手洗い鉢があると便利。
TVモニターを観ながら、長風呂が楽しめる。
TVモニターを観ながら、長風呂が楽しめる。
和モダンな旅館のイメージ。障子を閉めると冬も暖かい。
和モダンな旅館のイメージ。障子を閉めると冬も暖かい。
収納は壁側に集約したほか、玄関にはストレージを設けた。
収納は壁側に集約したほか、玄関にはストレージを設けた。
ブルーの壁紙をあしらった洗面は、どこか北欧の雰囲気。
ブルーの壁紙をあしらった洗面は、どこか北欧の雰囲気。

ステイホームが充実

「ワンルーム感を出すために、キッチンは壁付けにしました。妻はアイランドキッチンを希望していたのですが(笑)」。
長さ3300mmのキッチンは収納と作業スペースを充実させたことで、妻・奈々恵さんも満足しているそう。ふたりでダイニングテーブルや庭のベンチをDIYするなど、入居後も手を加えてきた。
「庭にはアオダモやシマトネリコなどを植えました。春は街路樹のサクラがきれいです。この夏は庭にプールを出して、息子を遊ばせたいと思っています」。
家で過ごす時間の長いこの時世にも、旅気分を味わったり、自然の中で遊んだり。魅力的な暮らしが詰まったワンルームが誕生した。
スケールの大きなキッチン台にすることで、インテリア性を高めたキッチン。収納もたっぷり。
スケールの大きなキッチン台にすることで、インテリア性を高めたキッチン。収納もたっぷり。
オープンシェルフを取り付けて飾り棚に。壁にはバスルームと同じタイルを使用した。
オープンシェルフを取り付けて飾り棚に。壁にはバスルームと同じタイルを使用した。
益子焼をはじめとした作家ものの器が好きだという奈々恵さん。料理を盛り付けるのが日々の楽しみ。
益子焼をはじめとした作家ものの器が好きだという奈々恵さん。料理を盛り付けるのが日々の楽しみ。
夫婦ともにカメラが趣味。旅先などで家族の写真を撮っている。 
夫婦ともにカメラが趣味。旅先などで家族の写真を撮っている。 
室内にも常にグリーンを。この時期はドウダンツツジを欠かさない。
室内にも常にグリーンを。この時期はドウダンツツジを欠かさない。
庭には、コンクリートブロックを脚にしたベンチをDIY。踏み石や、砂利敷きも自ら施工したもの。 
庭には、コンクリートブロックを脚にしたベンチをDIY。踏み石や、砂利敷きも自ら施工したもの。 
建築士・茂木哲さん。茂木哲建築設計事務所を2022年に設立予定。
建築士・茂木哲さん。茂木哲建築設計事務所を2022年に設立予定。