スープ作家が提案する 新しい食事のあり方 家族全員が参加するごはん空間

スープ作家が提案する 新しい食事のあり方
家族全員が参加するごはん空間

自宅をリノベーションしコンセプトワーク空間に

スープ作家として自身が運営するウェブサイトや多くの著書で、簡単で美味しいスープ作りを提案する有賀薫さん。20年以上暮らしていた3LDKのマンションのリノベーションを行った。「スープ作家として忙しくなってきて、自宅とは別で仕事場としての場所を探していました。でもいい場所が見つからなくて、自宅も古くなっていたのでリノベーションすることにしました」。
そんな自宅兼仕事場で目を引くのはリビング・ダイニングに設置された一辺95センチの正方形テーブル。これが有賀さんの提案する新しいごはん装置『ミングル』だ。「現代の人たちのライフスタイルとキッチンが合っていないと感じていました。一人暮らしの人は一口コンロだったり設備が少なくて料理をするのが難しかったり、フルタイムで働く人は大きなキッチンがあっても料理をする時間がないとか。もう少しコンパクトにシンプルに食べるということを考えるコンセプトワークを自宅でしたかった」と有賀さん。現代のライフスタイルとキッチンの新しいあり方をリノベーションで体現し実験をしている。
リビング・ダイニングに設置された『ミングル』。料理をしない時はテーブルとしても使える。キッチンというよりテーブルが置かれているよう。複数のコンロが必要になる料理をする場合は、右奥に見えるキッチンを使う。
リビング・ダイニングに設置された『ミングル』。料理をしない時はテーブルとしても使える。キッチンというよりテーブルが置かれているよう。複数のコンロが必要になる料理をする場合は、右奥に見えるキッチンを使う。
床材を統一する一方で、天井に木材を入れることで、リビングとダイニングを視覚的に分けた。また木材を入れたことで空間に温かみを演出。
床材を統一する一方で、天井に木材を入れることで、リビングとダイニングを視覚的に分けた。また木材を入れたことで空間に温かみを演出。
『ミングル』があるダイニングが有賀さんの空間と言うならば、リビングは夫の空間。棚には夫の趣味のものなどが並ぶ。
『ミングル』があるダイニングが有賀さんの空間と言うならば、リビングは夫の空間。棚には夫の趣味のものなどが並ぶ。

設計士とコンセプトを共有し生まれた『ミングル』

従来の家では料理する人が孤立しがちと感じている有賀さん。「料理をする時や、食後の片付けはキッチンで一人ですよね。キャンプだとみんなやりたがるのに、なぜ家だとそうならないのか。そこで家族全員が共有できる場を作ったらどうかなと」。そこで生まれたのが『ミングル』だった。中央のIHコンロで調理をして、食事を楽しんだ後は、皿などを流し場で軽くゆすぎ、足元に設置された食洗機に入れる。これなら料理をする人が最初から最後まで家族団らんを楽しむことができる。
『ミングル』は英語で、“混ぜる” “一緒にする”という意味がある。「担当の設計士さんにコンセプトを話したら『ミングル』という名前を提案してくれました。知られている言葉ではなかったし、意味合い的にも、みんながぐるぐるご飯を作るみたいなイメージでピッタリだったので採用しました」。時間をかけたのは設計士とのコンセプトの共有だった。「設計士さんを招いて、ワークショップ形式ですり合わせもしました。私がここで出したいのは、お皿1枚とプラスちょっと何かあるぐらいのシンプルな食事だと。外で買ったものでもいいけど、それだけだと寂しいからスープをここで作って、湯気があったら寂しくないよねとか。イメージを話しながら、テーブル上に必要な広さを線で引いたりして。設計士さん自身も30代で結婚したてで、奥様が妊娠して大変な時期だったので、リアルに感じられる世代だったのも良かったのだと思います」。
後ろの棚を背景に、リモート会議やオンラインイベントをすることも。時間でこの場所が様々な空間に切り替わる。
後ろの棚を背景に、リモート会議やオンラインイベントをすることも。時間でこの場所が様々な空間に切り替わる。
1カ所で『切る・焼く・洗う』をこなす。これなら料理をする人が中座せず、家族団らんの時間を共有できる。木材の天板にはモールテックスが塗られている。
1カ所で『切る・焼く・洗う』をこなす。これなら料理をする人が中座せず、家族団らんの時間を共有できる。木材の天板にはモールテックスが塗られている。
IHコンロにしたことでフラットなテーブルに。掃除が楽だというだけでなく、食事以外の時間には、資料を広げ作業スペースとして活用もできる。
IHコンロにしたことでフラットなテーブルに。掃除が楽だというだけでなく、食事以外の時間には、資料を広げ作業スペースとして活用もできる。
食後は洗い場で軽くすすいだら足元にある食洗機に入れるだけ。
食後は洗い場で軽くすすいだら足元にある食洗機に入れるだけ。
「冷蔵庫から調味料が欲しいなと思ったら立たずに取れますよ」と有賀さん。食事で必要なものは手の届く範囲にあるのも工夫のひとつ。
「冷蔵庫から調味料が欲しいなと思ったら立たずに取れますよ」と有賀さん。食事で必要なものは手の届く範囲にあるのも工夫のひとつ。
『ミングル』の上に設置された換気扇付き照明。ちょっとした焼き物や温めたりする程度ならこれで十分だという。
『ミングル』の上に設置された換気扇付き照明。ちょっとした焼き物や温めたりする程度ならこれで十分だという。
カトラリーなど食事で必要な小物は引き出しに揃う。
カトラリーなど食事で必要な小物は引き出しに揃う。
「みんなでビールを飲みながら焼いて食べたら美味しいですよ」と笑顔で話す有賀さん。料理をしながら、食べながら、片付けながらの時間を共有できる。
「みんなでビールを飲みながら焼いて食べたら美味しいですよ」と笑顔で話す有賀さん。料理をしながら、食べながら、片付けながらの時間を共有できる。
どの席に座っても各自が手を伸ばして料理を取れるようにコンロに対して等間隔になっている。
どの席に座っても各自が手を伸ばして料理を取れるようにコンロに対して等間隔になっている。

リノベーションによって生まれた家族の変化

寝るだけで昼間はデッドスペースになっていた和室は、リビングとの間にあった壁をなくし、リビング・ダイニングに。当初、リビング・ダイニングに料理場を設けることに難色を示していた夫も徐々に協力的になっていった。「料理もして、仕事もするとなるとダイニングは私のエリアになりますよね。でも、和室を繋げたことで、自分の居場所を確保できるというのがイメージできたんじゃないでしょうか。そこからは積極的にリノベーションに関わってくれました」。有賀さんのイメージを設計士に伝えやすくするために、ものづくりが得意だという夫がアイデアを模型にするなどサポートをした。「『ミンクル』のコンセプトやデザインを一緒に考えたり、リノベーションのアイデアを提案してくれたりしました。私一人でというより二人で作ったという感じですね」。
料理から片付けまでの食事空間をコンパクトにした結果生まれた『ミングル』。有賀さんの家族にも変化があった。「今までだったら私が全てやっていたんですが、今では夫が洗い物をすすいでいる。自然に参加しているんですよね」。バラバラになっていた『料理する・食べる・片付ける』の全てを家の中心に持ってくる発想が、新たな居住空間のあり方を提案する。
夫の提案で設置した棚。料理本や鍋が多いことを逆手に取り、見せる収納棚にした。鍋はブックエンドの役割も持つ。中には50年代に販売されたビンテージものの鍋もある。
夫の提案で設置した棚。料理本や鍋が多いことを逆手に取り、見せる収納棚にした。鍋はブックエンドの役割も持つ。中には50年代に販売されたビンテージものの鍋もある。
ワーナーのシューメーカーチェア。こだわって探したと有賀さん。「背もたれがないので空間が軽くなりますね。それに長く座っていても疲れないので気に入っています」。
ワーナーのシューメーカーチェア。こだわって探したと有賀さん。「背もたれがないので空間が軽くなりますね。それに長く座っていても疲れないので気に入っています」。
玄関からリビング・ダイニングに続く廊下。引き戸も床と同じアカシア材で、空間に統一感がある。「ギャラリーのようになった」と絵が好きな有賀さんお気に入りの場所の1つ。
玄関からリビング・ダイニングに続く廊下。引き戸も床と同じアカシア材で、空間に統一感がある。「ギャラリーのようになった」と絵が好きな有賀さんお気に入りの場所の1つ。
リビング・ダイニング側から。扉は元々開き戸だった。引き戸にしたことで生まれた壁内の空間に配線を引いている。
リビング・ダイニング側から。扉は元々開き戸だった。引き戸にしたことで生まれた壁内の空間に配線を引いている。
所有する50以上の鍋の中でもお気に入りは、お母様の形見のル・クルーゼ。今でも大事に使っている。
所有する50以上の鍋の中でもお気に入りは、お母様の形見のル・クルーゼ。今でも大事に使っている。
有賀さん執筆の新刊本『有賀薫の豚汁レボリューション』。豚汁に一工夫するだけで毎日のごはんも簡単に。これからが旬のトマトやナスなど夏野菜を使ったレシピがおすすめ。
有賀さん執筆の新刊本『有賀薫の豚汁レボリューション』。豚汁に一工夫するだけで毎日のごはんも簡単に。これからが旬のトマトやナスなど夏野菜を使ったレシピがおすすめ。


Information

有賀薫さんの人気レシピが、姉妹サイト”アイスム”でご覧いただけます。

有賀薫さんの人気レシピが、姉妹サイト”アイスム”でご覧いただけます。