実家をリノベーション 自然素材が叶える 居心地の良い暮らし

実家をリノベーション自然素材が叶える
居心地の良い暮らし

リノベのきっかけは食洗機!?

築44年のヴィンテージマンションは、実家を引き継いでリノベーションした住まい。
「引き継いで5年ほどは手を入れずに住んでいました。他のマンションを買って引っ越すことも考えましたが、結局リノベーションして住み続けることにしました。職場から距離があるのですが、なにより住環境の良さが魅力です。ベランダからは桜並木を眺めることができます。お花見シーズンはライトアップされ、とても綺麗です」

そもそものリノベーションのきっかけは “食洗機”だったそう。
「夫婦とも忙しく、夜遅く帰って食事して、そのあと食器洗いをするのが辛かったのでぜひ食洗機が欲しい!と思っていました。大型の食洗機を検索した時に見た実際に使用している方の口コミが、この家を設計いただいた建築家ご夫妻の『ハンズデザイン』の奥さまでした。とても素敵な住まいを設計されていて、連絡をとらせていただいたんです」

アイランドキッチンは名栗加工のアルダー材と大谷石。天板はバイブレーション仕上げに。「なるべくキッチン家電が見えないように工夫しました」
アイランドキッチンは名栗加工のアルダー材と大谷石。天板はバイブレーション仕上げに。「なるべくキッチン家電が見えないように工夫しました」
玄関とリビングの間でちょうどよいスクリーンになっている大きなグリーンは、吉祥寺の『ヒトクサ』で。足元の寄植えも素敵。後姿が美しいソファは関家具。「背もたれのクッションがあったのですが、圧迫感があるので外しました」
玄関とリビングの間でちょうどよいスクリーンになっている大きなグリーンは、吉祥寺の『ヒトクサ』で。足元の寄植えも素敵。後姿が美しいソファは関家具。「背もたれのクッションがあったのですが、圧迫感があるので外しました」
バルコニーのグリーンが美しい。左右で違う種類のモミジを植え、葉の色の変化を楽しむ。天井は突板仕上げ。窓にインナーサッシを追加した。「暖かさが全然違います」
バルコニーのグリーンが美しい。左右で違う種類のモミジを植え、葉の色の変化を楽しむ。天井は突板仕上げ。窓にインナーサッシを追加した。「暖かさが全然違います」
バルコニーの植栽も『ヒトクサ』で。「鉢は合成樹脂製です。石に見えますよね? ビックリしました。足元に植えたオダマキが、春になって少し場所を移動して出てくるのが愛おしいです」
バルコニーの植栽も『ヒトクサ』で。「鉢は合成樹脂製です。石に見えますよね? ビックリしました。足元に植えたオダマキが、春になって少し場所を移動して出てくるのが愛おしいです」
ターンテーブルを置いた後ろの壁は、素朴な風合いを持つシリカライムの塗装を手仕事が残る仕上げでマットな質感に。
ターンテーブルを置いた後ろの壁は、素朴な風合いを持つシリカライムの塗装を手仕事が残る仕上げでマットな質感に。
玄関の土間は凹凸が美しいアンティークの上海レンガのヘリンボーン貼り。「部屋のどこかに憧れのヘリンボーンを使いたいと思っていました」
玄関の土間は凹凸が美しいアンティークの上海レンガのヘリンボーン貼り。「部屋のどこかに憧れのヘリンボーンを使いたいと思っていました」
レースのカーテンはイギリスのアンドリュー・マーティン。「コットンなので光の入り方がキレイです。外側の紺色のカーテンと2重にすると模様がはっきり見え、表情が変わります」
レースのカーテンはイギリスのアンドリュー・マーティン。「コットンなので光の入り方がキレイです。外側の紺色のカーテンと2重にすると模様がはっきり見え、表情が変わります」
210517suh-008
椅子の上に寄植えを飾り、和を感じさせるコーナーに。「苔玉や寄植えを『ヒトクサ』で習っています」

月日とともに育つ家

「住んで3年が経ち、家がいい感じに育ってきたと感じます。オイル仕上げの床材はいい色に変化してきました」

グリーンもすくすくと成長している。
「玄関とリビングをゆるやかに分ける植物はジャボチカバという種類です」
玄関とリビングに目隠しを作ることも検討したが、グリーンを置いて大正解だったそう。

キッチンのテーマは、“家電が見えない”こと。冷蔵庫は壁の一部になってすっきりと収まり、電子レンジも見えない。

「食器棚には光を透過するガラスの器をメインに収納して、キラキラ輝く器の美しさを楽しんでいます」
「食器棚には光を透過するガラスの器をメインに収納して、キラキラ輝く器の美しさを楽しんでいます」
キッチンからリビングまで壁に沿って飾り棚が伸びる。スクエアな棚受けはスチール製。
キッチンからリビングまで壁に沿って飾り棚が伸びる。スクエアな棚受けはスチール製。
お気に入りの器や鍋類をたっぷり収納できる。食洗機の他、バイオ生ゴミ処理機もビルトイン。
お気に入りの器や鍋類をたっぷり収納できる。食洗機の他、バイオ生ゴミ処理機もビルトイン。
鍋やワイングラスも洗えるASKOの大型の食洗機。「この食洗機が我が家のリノベーションの設計をしてくださった『ハンズデザイン』に出会うきっかけになりました」
鍋やワイングラスも洗えるASKOの大型の食洗機。「この食洗機が我が家のリノベーションの設計をしてくださった『ハンズデザイン』に出会うきっかけになりました」

箱の中がバスルーム

「洗面スペースは、廊下にあります。スペースを有効的に使えるよう、試行錯誤していただいた結果です」
 

そしてバスルームと脱衣所とトイレをひとつの空間にしたことで、それぞれをゆったりと、かつ全体で省スペースとした。
リビングから見ると、天井と壁の間にガラスで仕切った空間があるので、それらの空間がひとつの箱のように感じられる。

洗面所には清潔感のある紺色のタイル。壁付の蛇口は掃除もラク。
洗面所には清潔感のある紺色のタイル。壁付の蛇口は掃除もラク。
カゴを使った脱衣所の収納。トイレのスティックリモコンがさりげなく空間を分けている。
カゴを使った脱衣所の収納。トイレのスティックリモコンがさりげなく空間を分けている。
平田タイルで壁にアクセントを。「施工時、タイルの組み合わせに頭を悩ませたそうです」
平田タイルで壁にアクセントを。「施工時、タイルの組み合わせに頭を悩ませたそうです」
扉は引き戸。廊下と同じタイルを使い、空間に広がりを。
扉は引き戸。廊下と同じタイルを使い、空間に広がりを。
正面の濃紺の壁の向こうが水回りとプライベートスペース。壁の上はガラスになっていて、奥へとつながりを感じさせる。
正面の濃紺の壁の向こうが水回りとプライベートスペース。壁の上はガラスになっていて、奥へとつながりを感じさせる。

リモートワークで大活躍の書斎

バスルームを挟んで、リビングの反対側にプライベートスペースを配置。床材は素足でも気持ちいい杉のフローリングに。

「二人の生活時間帯が違っても気にならないように、寝室と書斎、リビングを分けました。
書斎はリモートワークで大活躍。作っておいてよかったです」

リモートワークが増え、大活躍となった書斎スペース。「奥行きのないテーブルを『アクタス』で見つけました」
リモートワークが増え、大活躍となった書斎スペース。「奥行きのないテーブルを『アクタス』で見つけました」
有孔ボードを使い、デスク周りの小物を整頓。
有孔ボードを使い、デスク周りの小物を整頓。
壁にライトをかけてアクセントに。
壁にライトをかけてアクセントに。
「TOKOSIEで紹介されていた『DRAW A LINE』(https://tokosie.jp/interior/14474/)にランプシェードをつけ、観葉植物を飾っています。ベッドのヘッドボードの上にはほんとうは絵を飾りたかったのですが、頭に落下すると怖いのでステッカーを貼りました」
「TOKOSIEで紹介されていた『DRAW A LINE』にランプシェードをつけ、観葉植物を飾っています。ベッドのヘッドボードの上にはほんとうは絵を飾りたかったのですが、頭に落下すると怖いのでステッカーを貼りました」