ToKoSie ー トコシエ

自分を癒す特別な空間シンプル+クラシックを愉しむ大人の部屋

選んだのは古いマンション

都心へのアクセスもしやすく、落ち着きのある街に暮らすUさん。Uさんは、築47年のヴィテージマンションの一室をリノベーションし住んでいる。クラシカルな雰囲気漂う部屋に入ると窓からの眺望も良く、気持ちの良い風が通り抜ける。「角部屋なので窓も多いから明るいし、風通しがいいところが決め手になりました」。
設計は、大学時代共に建築を学んだ友人で建築家でもある東端桐子さんにお願いしたという。「以前住んでいたマンションが水漏れによって住めなくなり、急いで引越し先を探しました。それでマンションを買って設計してもらって5ヶ月で入居できたんです。こんなに早くできたのは、東端さんが私の趣味趣向を汲んでくれたおかげです」。東端さんも、「Uさんは好き嫌いがはっきりしていて決断が早いので、こちらもスムーズに設計できました」。と話す。

建築家の東端桐子さん(左)とUさん。奥の収納を隠す紫色のカーテンが部屋のアクセントになっている。
建築家の東端桐子さん(左)とUさん。奥の収納を隠す紫色のカーテンが部屋のアクセントになっている。
人生の節目にめぐり合い購入したという山口晃さんの絵。
人生の節目にめぐり合い購入したという山口晃さんの絵。
ソファとテーブルのほかにある家具といえば、お気に入りのものや思い出を飾る小さなショーケースぐらいと、かなり絞られている。
ソファとテーブルのほかにある家具といえば、お気に入りのものや思い出を飾る小さなショーケースぐらいと、かなり絞られている。
リビングからキッチンと奥の寝室へ続く廊下を見る。左側のスペースには水周り。
リビングからキッチンと奥の寝室へ続く廊下を見る。左側のスペースには水周り。

部屋を狭くして自分の好きな空間に

この部屋のリノベーションのいちばんの鍵は、北側にあったキッチンをリビングへ移設したことだ。「暗くて寒いのがどうしても嫌でリビングへ移動しました。リビングは狭くなるのですが、やっぱり明るいところで料理したいと思いました」。キッチンはこの部屋に備え付けられていたものを流用し、壁で覆い古建具を入れた半オープンキッチン。窓からの眺望もあり明るく、またリビングから流しなどは見えないので、いつでもすっきりとした空間に。「たまに友人を呼んでホームパーティーをするのですが、この窓枠もカウンターのように対面で使えるし何より明るいのがいいですね。こちらに移して正解でした」。
全体の仕上げは無垢のパイン材の床に白い壁というシンプルなベースに、Uさんが探してきた古建具や紫色のカーテン、絵画、家具などが添えられ彼女らしい空間となっている。また、化学物質過敏症ということもあり、壁紙もやたらと張り替えず寝室はホタテ漆喰塗りで仕上げるなど配慮した。

明るいキッチン。古い窓枠が空間をシックに演出してくれる。
明るいキッチン。古い窓枠が空間をシックに演出してくれる。
キッチンにはたくさんの器や、Uさんお手製の保存食などがひしめきあっていた。
キッチンにはたくさんの器や、Uさんお手製の保存食などがひしめきあっていた。
シンプルなスイッチプレートには東端さんと旅したベルギー土産をのせて。
シンプルなスイッチプレートには東端さんと旅したベルギー土産をのせて。
モダンなホテルのような洗面台。
モダンなホテルのような洗面台。

少し特別な場所が癒しの時間に

奥の部屋は二部屋だったのをひとつながりにして、ベッドスペースとプライベートスペースを古い建具で緩やかに仕切っている。「こちらの部屋の窓からは、ついお酒を飲みたくなるような夜景が見えてとても素敵なんですよ」。昼間は明るくさわやかな部屋も、夜は全く別の表情を楽しめるのだそうだ。
「住み心地はもちろん想像以上にいいです。贅沢ですよね、ひとりでこれだけの広さを満喫していて。仕事が忙しいときはトイレに行くひまもないぐらいなんですけど、この部屋に帰るとそのあわただしさを忘れることができて癒されます。友人たちにも居心地がいいと好評です」。着物の着付けや茶道をたしなむUさんは「まだ手をつけていない部屋がひとつあるんです。ゆくゆくは和室にしてお茶をたてられるようにできたら、なんて考えています」。また癒しの空間が増えることになりそうだ。

寝室はベッドスペースをキッチンと同じ古建具で仕切っている。
寝室はベッドスペースをキッチンと同じ古建具で仕切っている。
ここで夜景を眺めながらお酒を飲むのが至福の時。
ここで夜景を眺めながらお酒を飲むのが至福の時。
寝室入り口も、窓枠と同じ色合いの古い建具を入れて。各所にある濃い色の建具が空間をぐっと引き締めている。
寝室入り口も、窓枠と同じ色合いの古い建具を入れて。各所にある濃い色の建具が空間をぐっと引き締めている。