ToKoSie ー トコシエ

ハンス J. ウェグナーの名作チェアウェグナー×カール・ハンセン&サン
最初期の名作4選

60年以上に渡りYチェアの愛称で親しまれてきたCH24をはじめ、ハンス J. ウェグナーがカール・ハンセン&サン社のためにデザインした最初期モデルCH22、CH26、CH24、CH25を特集。構造を重視した美しいフレームや絶妙な座り心地のペーパーコードシートを特徴とするウェグナーの傑作をご紹介。日常使いの椅子を工芸の域にまで高めたウェグナーのデザインと、そのフォルムを可能にするカール・ハンセン&サンの伝統に培われた職人技に注目。

HANS J. WEGNER × CARL HANSEN & SON

ハンス J. ウェグナー <1914 - 2007> デンマークを代表する家具デザイナー。

ハンス J. ウェグナー <1914 - 2007> デンマークを代表する家具デザイナー。
1950年に発表された最初期の名作。左上から時計回りにCH22、CH23、CH24、CH25。

1950年に発表された最初期の名作。左上から時計回りにCH22、CH23、CH24、CH25。

20世紀を代表する家具デザイナー、ハンス J. ウェグナーと、1908年創業のデンマーク家具メーカー、カール・ハンセン&サンの協働が1949年スタート。カール・ハンセン&サン社2代目CEOホルガー・ハンセンがウェグナーの椅子の感銘を受けたことがきっかけで始まり、意気投合した2人は4種類の椅子、CH22、CH23、CH24、CH25のプロトタイプを完成させた。Yチェアの愛称で知られるCH24は、翌1950年から60年以上に渡り生産が継続され、世界中で愛され続けている。

《CH24》

CH24 W550 D510 760 SH450mm ¥84,000〜

CH24 W550 D510 760 SH450mm ¥84,000〜
CH24 COLORS W550 D510 760 SH450mm ¥97,000

CH24 COLORS W550 D510 760 SH450mm ¥97,000

ハンス J.ウェグナーの代表作で、Yチェアの愛称で知られるCH24は、かねてから中国明時代の椅子の研究に取り組んでいたウェグナーが1950年に完成させた美しい彫刻的なフォルムを持つダイニングチェアで、背もたれとアームを兼ねた美しい曲線フレームと、絶妙な座り心地のペーパーコードシートが特徴。Yチェアの由来は背板のY字形から、また、ヨーロッパではこの部分が鳥類の胸骨に似ていることからウィッシュボーンチェアとも呼ばれている。ビーチ・オーク・チェリー・ウォルナットの無垢材、オイルフィニッシュ・ソープ仕上げなど、座面はナチュラル・ブラックペーパーコードから選べる。CH24 COLORSは、Yチェア誕生60周年を記念して2010年に発表されたアニバーサリーカラー12色も含め25色展開。カラーによってペーパーコードシートが際立って見えたり、上品に馴染んで見えたり、さまざまな表情が楽しめる。

100を超す工程を経てつくられるYチェア

Yチェアのメイキングムービーはこちら 。

Yチェアのメイキングムービーはこちら
ペーパーコードが貼られる前のYチェアのフレーム。

ペーパーコードが貼られる前のYチェアのフレーム。
背もたれは、一本一本スチームで曲木加工が施される。

背もたれは、一本一本スチームで曲木加工が施される。
一脚あたり約120mものペーパーコードが使われる。

一脚あたり約120mものペーパーコードが使われる。
熟練職人により美しく張り込まれるペーパーコード座面。

熟練職人により美しく張り込まれるペーパーコード座面。

フレームは無垢材、シートはペーパーコードを使い、100以上もの製作工程を経てつくられている。特徴的な背板は3層の積層板をY字形に切り抜いてつくられたもので、このパーツが背もたれをしっかり支える。背とアームを兼ねた曲線フレームは、ジョイントなどを一切使わず、一本の部材をスチームを用いて丁寧に曲げ木加工されている。ほどよい弾力が心地よいシートは、一脚あたり約120mものペーパーコードを使って熟練職人の手作業で1時間近くかけて編み上げられたもの。

《CH22 CH26》

左からラウンジチェアCH22、ダイニングチェアCH26。

左からラウンジチェアCH22、ダイニングチェアCH26。
左からCH22<すべてウォールナット> CH22<フレーム:オーク・背木:ウォールナット・埋木:オーク> W695 D615 H726 SH368mm ¥264,000〜

左からCH22<すべてウォールナット> CH22<フレーム:オーク・背木:ウォールナット・埋木:オーク> W695 D615 H726 SH368mm ¥264,000〜
CH26 W592 D519 H798 SH445mm ¥132,000〜

CH26 W592 D519 H798 SH445mm ¥132,000〜
木製のくさびがアクセントに。

木製のくさびがアクセントに。
木目の美しさが際立つ楕円形の埋木部分。

木目の美しさが際立つ楕円形の埋木部分。
美しい曲線アームが印象的。

美しい曲線アームが印象的。
ウォールナットとオークのコンビネーション。

ウォールナットとオークのコンビネーション。

ウェグナーがカール・ハンセン&サンのためにデザインした最初期モデルCH22とCH26が復刻。CH22は、1950年にデンマークで開催された「Købestævnet展示会」で発表されたラウンジチェア。有機的な曲線を描くアームと封筒の裏面にある対角線を描くような模様が施されたペーパーコードシートが特徴で、フィンガージョイントや木製クサビなど、随所に職人の美しい手仕事が見れれる。CH26は、CH22と同じ時期にデザインされたものの、生産されることのなかった幻の椅子。2014年頃にウェグナーの娘によってドローイングが発見され、66年の時を経て復刻された。オーク・ウォルナット・2つの素材のコンビネーション、数種類の仕上げ、ナチュラル・ブラックペーパーコードから選べる。

《CH25》

CH25<ブラックペーパーコード> W710 D730 H730 SH350mm ¥318,000〜

CH25<ブラックペーパーコード> W710 D730 H730 SH350mm ¥318,000〜
CH25<ナチュラルペーパーコード> W710 D730 H730 SH350mm ¥318,000〜

CH25<ナチュラルペーパーコード> W710 D730 H730 SH350mm ¥318,000〜

CH25は、1950年に発表されたウェグナーの初期モデルのひとつで、背と座に施されたペーパーコードの美しさに目を奪われるラウンジチェア。ペーパーコードを家具に使用するという斬新なアイデアは、戦中の物不足から生まれたウェグナーの案だった。美しく張り込んだ背と座は、400mものペーパーコードを熟練職人が約10時間かけて仕上げられる。オーク・スモークドオークの無垢材、数種類の仕上げ、ナチュラル・ブラックペーパーコードから選べる。ナチュラルペーパーコードはカジュアルかつクラシカルな風格、ブラックペーパーコードはシンプルでモダンな印象。

information

カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア 
東京都渋谷区神宮前2-5-10 青山アートワークス1・2F
03-5413-5421

商品価格は、2016年時点、消費税別の本体価格です。