ToKoSie ー トコシエ

KNAPFORD POSTER MARKET 日本でも数少ない
輸入ポスター専門店

お洒落な輸入ポスターを専門に扱う「ナップフォード・ポスター・マーケット」を特集。海外ミュージアムのエキシビジョンポスターや、ヨーロッパのデザイナーによるエビグラム・ポスター、ヴィンテージポスターなど希少なポスターをご紹介。また、オーナーの井上兄弟に、ポスター選びや飾り方、フレームとの相性についても伺った。海外のお洒落な部屋のように、さりげなくアートを取り入れてみてはいかがでしょうか。

有名無名問わずに集められたポスター

ショップロゴ下のポスターは、ロナン&エルワン・ブルレック兄弟のロナンのアートワーク 各¥6,480  (ポスターのみ) ナップフォードでは彼らのアート作品を初期から扱っているそう。今回のシリーズはサインやエディションナンバー等が記載されないオフセットでのプリントのため安価に購入できる。正方形のポスターも珍しいので、一枚飾るだけで印象的な空間になりそう。
ショップロゴ下のポスターは、ロナン&エルワン・ブルレック兄弟のロナンのアートワーク 各¥6,480 (ポスターのみ)
ナップフォードでは彼らのアート作品を初期から扱っているそう。今回のシリーズはサインやエディションナンバー等が記載されないオフセットでのプリントのため安価に購入できる。正方形のポスターも珍しいので、一枚飾るだけで印象的な空間になりそう。
ナップフォード・ポスター・マーケットでは、ドイツ、フランス、イタリア、北欧、ポーランド、アメリカを中心に、世界中から集められたデザイン性の高いポスターが揃う。海外ミュージアムのエキシビションポスター、ヨーロッパのデザイナーによるエピグラムポスター、ヴィンテージポスター、バンドのギグポスター、アーティストの作品など、有名無名を問わず、オーナーの審美眼により厳選。他にも年代物やバウハウスのエキシビションなど、稀少性の高いポスターも。
Emil Ruder / BERLIN – die grösste Stadt Deutschlands (アクリルフレーム付) ¥450,000
Emil Ruder / BERLIN – die grösste Stadt Deutschlands (アクリルフレーム付) ¥450,000
Joan Miró / Cover from “Album 19”  (ポスターのみ) ¥16,000
Joan Miró / Cover from “Album 19” (ポスターのみ) ¥16,000
Cy Twombly / Yvon Lambert 1980  (ポスターのみ) ¥35,000
Cy Twombly / Yvon Lambert 1980 (ポスターのみ) ¥35,000
Etel Adnan 〝 LECTURE〟  (ポスターのみ) ¥9,000
Etel Adnan 〝 LECTURE〟 (ポスターのみ) ¥9,000
Henri Mtisse / Musée d’art Moderne de Céret 1980  (ポスターのみ) ¥35,000
Henri Mtisse / Musée d’art Moderne de Céret 1980 (ポスターのみ) ¥35,000
ナップフォードの中でもかなり希少性の高いBERLINポスターは、1963年にスイスのGewerbemuseum Baselで開催されたエキシビション『BERLIN – die grösste Stadt Deutschlands』のポスター。デザインは20世紀タイポグラフィで最も影響のあるスイスのタイポグラファー、エミール・ルーダー。ナップフォードでは、このポスターが持つ緊張感のある美しいデザインを活かすために、フレームレスのアクリルボックスに額装。
20世紀を代表する画家Joan Miró ( ジョアン・ミロ ) 自身のアートブックの表紙用にデザインしたスケッチは、小ぶりなサイズとインテリアにも馴染むシンプルなタッチが魅力。
1980年にフランス・パリのイヴォン・ランベールで開催されたアメリカの現代アートの巨匠Cy Twombly ( サイ・トゥオンブリー ) のエキシビションポスター。このデザインは一度お蔵入りしたものの、最近になって、このデザインの原画が見つかり、ポスタープロジェクトとしてイヴォン・ランベールがポスター化したもの。
2018年に詩人で画家のEtel Adnan(エテル・アドナン)のリーディングイベント”LECTURE”の際に制作された自身デザインによるオリジナルポスター。日本ではあまり知られていないアーティストだが、シンプルなデザインを惹き立てる美しい色合いが印象的。
1980年にフランス・セレのMusée d’art Moderneで開催されたエキシビション”Braque,Chagall,Masson,Matisse et Picasso”のオリジナルポスター。誰もが知るマティスの”Nu Bleu”の絵画に、展示会名や開催、開催地が印字されたエキシビションポスターならではのデザイン。パリの名門リトグラフ工房のMOURLOT(ムルロー) でプリントされたポスター。
一枚の紙の中に、絵画、タイポグラフィ、レイアウトなどのさまざまな要素をミックスしたデザインがポスターの魅力のひとつ。

ポスター選びと飾り方

床置きもおすすめ。オーディオの横に映画や音楽のポスターを並べるなど、モノとアートを関連付けるとより豊かな空間に。
床置きもおすすめ。オーディオの横に映画や音楽のポスターを並べるなど、モノとアートを関連付けるとより豊かな空間に。
190508pos-008周りに家具など置かれていない何もない壁の場合は140~150cmの高さにポスターの中心がくるようにレイアウトするとバランスがいい。 左から 1964年にデンマークで開催された建築物のエキシビションポスター  ¥70,200 ジャック・タチ監督によるフランス映画”Les Vacances de m.Hulot(僕の伯父さんの休暇)”の1961年版ポスター ¥90,000
周りに家具など置かれていない何もない壁の場合は140~150cmの高さにポスターの中心がくるようにレイアウトするとバランスがいい。
左から 1964年にデンマークで開催された建築物のエキシビションポスター ¥70,200 ジャック・タチ監督によるフランス映画”Les Vacances de m.Hulot(僕の伯父さんの休暇)”の1961年版ポスター ¥90,000
違うジャンルのポスターでも色などで繋がりを持たせる。“写真”〜“写真+青”〜“青”という流れでレイアウトした例。 左から メルセデス・ベンツが自動車の100周年を記念して発表したポスター  ¥40,000 1962年のフランス映画”La Jetée”の映画ポスター  ¥89,000 MaxBill展のエキシビジョンポスター  ¥300,000
違うジャンルのポスターでも色などで繋がりを持たせる。“写真”〜“写真+青”〜“青”という流れでレイアウトした例。
左から メルセデス・ベンツが自動車の100周年を記念して発表したポスター ¥40,000 1962年のフランス映画”La Jetée”の映画ポスター ¥89,000 MaxBill展のエキシビジョンポスター ¥300,000
何もないミニマムな空間。
何もないミニマムな空間。
お気に入りを飾って自分らしく居心地のいい場所に。
お気に入りを飾って自分らしく居心地のいい場所に。
ルールにとらわれず、感覚的に壁面いっぱい飾っても楽しい。
ルールにとらわれず、感覚的に壁面いっぱい飾っても楽しい。
ポスターを飾る際は、テーマを決めるとイメージが湧きやすいそう。たとえば、ポップアート系(アンディ・ウォーホルやアロイ・リヒテンスタイン)を並べる。または、一人のアーティストでの括り、写真系、アート系といったジャンルで括る。そして、違うジャンルでも色などで繋がりを持たせるなど。
但しポスターを選ぶ際にはあまり考えすぎないこと。選択肢を狭めずに、まずは好きなポスターを選び、それを中心に空間を広げて行くイメージが大切。
壁掛けの場合は、周りに家具がない場所では、140~150cmの高さにポスターの中心を。テーブルやチェア、ソファなどの近くに掛ける場合は、少し低めに飾ると鑑賞する人との距離が生まれて見やすくなる。
レイアウトは上部合わせ、センター合わせなど、一本の線をイメージ。極端にサイズが違う場合を除き、額の上辺を直線で揃えるだけで綺麗におさまる。
床置きの場合、大きめサイズのポスターは一枚置くだけでも十分な存在感。海外の家庭でよく見るような、数枚を無造作に重ねてランダムに立てかけるのもオシャレ。小さめのポスターを並べる際は、ちょっとした小物とバランスを取ると空間に奥行きが出る。オシャレな空間を生み出すには、さりげなさと大胆さが大切。

最高の一枚に仕上げる美しい額装

主張しすぎず、存在感のある額装。見た目の印象や質感だけでなく、額縁とポスター とのサイズのバランスや耐久性など、それぞれのポスターに最適なものを話し合い オーダー。ナップフォードのこだわりで丸みのないエッジが立ったフレームが集めら れている。
主張しすぎず、存在感のある額装。見た目の印象や質感だけでなく、額縁とポスターとのサイズのバランスや耐久性など、それぞれのポスターに最適なものを話し合いオーダー。ナップフォードのこだわりで丸みのないエッジが立ったフレームが集められている。
ホワイトフレームが作品をより印象的に引き立てる。 1967年にパリで開催されたジャン・デュビュッフェ展の希少なエキシビションポスター ¥126,000
ホワイトフレームが作品をより印象的に引き立てる。
1967年にパリで開催されたジャン・デュビュッフェ展の希少なエキシビションポスター ¥126,000
“透明なキャンパス”をイメージして生まれたMOEBEのフレームやクリップで、小さなポスターやポストカードを複数並べてみる。 スティールレーベン  ¥1,400〜
“透明なキャンパス”をイメージして生まれたMOEBEのフレームやクリップで、小さなポスターやポストカードを複数並べてみる。
スティールレーベン ¥1,400〜
MOEBEの透明なアクリルフレームに、小さな作品を2枚並べるアイデア。 ニューヨークで活躍する日本人イラストレーターYoriko Shiraishiさんの作品  各¥24,000
MOEBEの透明なアクリルフレームに、小さな作品を2枚並べるアイデア。
ニューヨークで活躍する日本人イラストレーターYoriko Shiraishiさんの作品 各¥24,000
一見シンプルな木製フレームは、丸みのないディテールや厚みなど、細部へのこだわりが作品に影響。 メンフィスの創立メンバーとして知られるナタリー・ドゥ・パスキエのアートワーク  各¥70,000
一見シンプルな木製フレームは、丸みのないディテールや厚みなど、細部へのこだわりが作品に影響。
メンフィスの創立メンバーとして知られるナタリー・ドゥ・パスキエのアートワーク 各¥70,000
ナップフォードでは、ポスターを美しく額装した状態で販売。ポスターを飾るのに額装はとても重要なことと考え、それぞれのポスターに合わせたフレームをこだわって選んでいるそう。
木製のナチュラル系フレームはシンプルなポスター、色彩のある原色系ポスターにはホワイト系フレーム、モノトーン調ポスターはブラックフレームをベースに、ポスターとフレームの程よいコントラストを探りながら、ひとつひとつのポスターの魅力を最大限に引き出す額装を決めていくそう。中には作品が浮いて見える“浮かし”というプロならではの技を取り入れたり、作品そのものが際立つように敢えてフレームレスのアクリルボックスを合わせることも。

ナップフォード・ポスター・マーケット

左から井上恭太さん・慶太さん兄弟
左から井上恭太さん・慶太さん兄弟
センスのいいインテリアも部屋づくりの参考になりそう。
センスのいいインテリアも部屋づくりの参考になりそう。
内装デザインは弟の慶太さんが手がけたという。
内装デザインは弟の慶太さんが手がけたという。
ナップフォード・ポスター・マーケットオープンのきっかけは、慶太さんのご自宅リフォーム時に、壁にポスターを飾りたいと思ったことから。当時、ポスターを探しても日本では本当に飾りたいと思うものが見つからない。一方、海外では魅力的なポスターがたくさん流通しており、専門店も多くあったという。また、アートが暮らしに根付いている海外では、ポスターをインテリアとして、センスよく取り入れている部屋を目にしていた。
そこで、兄の恭太さんと二人で輸入ポスター専門店を開くことを決めたそう。また、ご自身がポスターを購入した際に、作品に合う額探しにとても苦労したことから、ナップフォードでは額装して販売するスタイルを取った。
「ナップフォードではモネの“睡蓮”のように、作品そのものではなく、作品にエキシビション情報などが記載されたポスターをセレクトし、作品と記載情報やフォントを含めた一枚のデザインされたポスターなど、インテリアアイテムとしてのポスターを提案します」と語る慶太さんのセレクトは、有名無名問わず、インテリアの合うものを直感で選ぶというスタイル。海外で多く流通するエキシビションポスターや、日本ではあまり知られていない作品も積極的に買い付けするそう。また、気になる作家さんとは直接コンタクトして取引きすることも。
こうした独自のスタイルが人気を呼び、近頃では旅行や出張の予定にナップフォードを組み込むなどして地方からのお客様も多く訪れるそう。ここにしかない、こだわりの一枚がきっと見つかります。

Information

ナップフォード・ポスター・マーケット
東京都渋谷区代々木4-12-6
03-3370-2675

商品価格は、消費税別の本体価格です。