ToKoSie ー トコシエ

60㎡前後の2人暮らしポイントは締め色。色で遊ぶ大人の空間

きっかけは一枚のハガキから。

今年で結婚4年目を迎える仲座家は夫婦2人暮らし。昨年、約61㎡ある築24年の中古マンションを購入し、フルリノベーションをした。
「会社の先輩に新築のタワーマンションを買っている人が何人かいたので、自分たちも最初は新築マンションを探していました。しかし思っていたよりもずっと高くて…。そんなとき、郵便受けにゼロリノベのハガキが入っているのを見つけたんです」と話すご主人。
「自分のなかに中古物件を買うという発想が全くなかったので、最初は抵抗がありました。でもセミナーへ参加して、リノベの自由度の高さを知り、印象がガラリと変わりました。内装を変えられるとしても、間取りまでは変えられないと思っていたので。それなら面白いかもね!という話になり、物件を探しはじめました」と奥様が続けた。
築24年、総面積は約61㎡。
築24年、総面積は約61㎡。
キッチン横のダイニングスペースは約9㎡。
キッチン横のダイニングスペースは約9㎡。
リビングとダイニングを仕切る10㎝の段差。
リビングとダイニングを仕切る10㎝の段差。
奥様の希望でキッチンは広々と設計。
奥様の希望でキッチンは広々と設計。
2つの既製品を溶接して、L字型のキッチンに。
2つの既製品を溶接して、L字型のキッチンに。
テレビ台は「CRASH GATE」で注文。テレビ台は「CRASH GATE」で注文。
テレビ台は「CRASH GATE」で注文。

有彩色×黒。遊び心には品をプラス。

この物件のアイデンティティーといえば、段差のある丸いダイニングスペース。リビングのフローリングから10㎝低くなった9㎡ほどの空間には、木製のダイニングテーブルが置かれている。それを囲むグリーンの壁とグレーの床の組み合わせが、教室を思わせるユニークな空間にしている。
「せっかくリノベをするんだから、初めて家に来た人が『お!』と惹きつけられる仕掛けをつくりたいね、と妻と2人で考えました」と話すご主人。
インパクトのある仕掛けはそれだけではない。たとえばピンク色の寝室には、グレーの小窓が印象的だ。
「壁のピンク色はデザイナーさんに4パターンくらい色味を出してもらって、2人で悩みながら決めました。可愛い印象のピンクではなく、落ち着いた大人っぽい色になったので、主人も気に入っている様子です」と奥様。
またインテリアのポイントには、黒やグレーといったダークトーンを使用。たとえば小窓のフレームやドア、照明のスイッチ、レンジフードなど。鮮やかな有彩色とダークトーンの締め色を一緒に使うことで、カラフルだけど落ち着きのある空間に仕上がった。
フローリングにはアカシアを使用。
フローリングにはアカシアを使用。
部屋の中央にある箱型の寝室。
部屋の中央にある箱型の寝室。
カーテンを閉めた状態の寝室。
カーテンを閉めた状態の寝室。
寝室上部には開閉式の小窓を設置
寝室上部には開閉式の小窓を設置
リビングから玄関方向への眺め。
リビングから玄関方向への眺め。
寝室内部からの眺め。
寝室内部からの眺め。

土間とWICを一つの空間に。

週末はアクティブに過ごす日も多い仲座夫妻。夫婦2人で登山やポルダリング、トランポリンなど幅広くスポーツを楽しんでいるという。とくにご主人は、会社へも自転車で通勤するほどの自転車好きだ。
「玄関の土間に自転車を置いているのですが、ここで自転車のメンテナンスもできるよう広めに土間をつくってもらいました。そのすぐ隣には土間と一続きになったウォークインクローゼット(WIC)を。収納を全てここにまとめることで、物のないすっきりとしたリビングを実現できました」とご主人。
さらに土間とWICをまたぐ形で、カーテンを設置。急な来客時には、サッとカーテンを閉めて目隠しできるようになっている。
最後に、将来について聞いてみた。
「ゆくゆくは賃貸に出すか、売りに出すことも考えています。いまは個室のない間取りなので、家族が増えて手狭になったら、次は田舎に戸建てを買いたいです。子供を育てるなら田舎がいいよね、とよく2人で話しています」と締めくくってくれた。
玄関からの眺め。
玄関からの眺め。
土間と一体化した収納スペース
土間と一体化した収納スペース
来客時にはカーテンで目隠し。
来客時にはカーテンで目隠し。
木製ドアは「J-MAX」のもの。
木製ドアは「J-MAX」のもの。
レバーハンドルは「KAWAJUN」
リノベーションは「ゼロリノベ」に依頼。
リノベーションは「ゼロリノベ」に依頼。