ToKoSie ー トコシエ

素材感を大切にした設え 男性的なリノベーションに、
女性らしい要素を加えて

DIYを楽しみながら自分らしい住まいに

コンクリート打ち放しの壁と天井、ダークグレーのタイルを張ったキッチンのカウンター、床の黒のタイル……。Mさんはあえてハードな男性的なリノベーションをリクエストした。
「そこに私の好きな女性的な要素を加えていくと、ちょうどよいバランスになると考えました」

物件探しはご自身で始めたけれど、なかなかリノベーションに適した家は見つからなかったそう。
そこで物件探しとリノベーションを併せて『EcoDeco』に依頼したところ、内見1軒目でピンと来る家に案内してもらうことができた。
「探していたエリア内でしたし、川の見える眺めのいい角部屋だったので、一目で気に入りました」

引っ越しをしてから約6年半の月日が経った。
「時とともに好きなものが変わっていくので、なかなか家が完成しません(笑)」
竣工が終わりではなく、日々暮らしを楽しむMさんならではの嬉しい悩みだ。

「よく揚げ物をするので、ガス台の前はガラスで仕切りたいとリクエストしました」。キッチンの奥は大容量のパントリーになっている。
「よく揚げ物をするので、ガス台の前はガラスで仕切りたいとリクエストしました」。キッチンの奥は大容量のパントリーになっている。
お裁縫はキッチンのカウンターに渡した天板の上で。「食事はリビングのローテーブルでいただくので、カウンターはほとんど使いませんでした」。食器棚にしている和ダンスは、石灰をまぜた塗料でザラザラの質感にDIYで塗装したものだそう。
お裁縫はキッチンのカウンターに渡した天板の上で。「食事はリビングのローテーブルでいただくので、カウンターはほとんど使いませんでした」。食器棚にしている和ダンスは、石灰をまぜた塗料でザラザラの質感にDIYで塗装したものだそう。
香りのよい薔薇のゼリーと中国茶を出していただいた。暮らしを大切にしているMさんのおもてなしに感激。
香りのよい薔薇のゼリーと中国茶を出していただいた。暮らしを大切にしているMさんのおもてなしに感激。
頭上に食器や籠が! よく見ると楽器も!! 遊び心いっぱいのワクワクするしかけがそこここに。
頭上に食器や籠が! よく見ると楽器も!! 遊び心いっぱいのワクワクするしかけがそこここに。

外を眺められるバスルーム

「夫は建築学科卒でモダンなコンクリートの建物が好きなのですが、リノベーションの希望はただひとつ、“風呂から外を眺めたい”でした」
 
その希望を叶えるため、『EcoDeco』からいくつか提案されたプランの中で、バルコニーの緑を眺められる場所にバスルームを作る案を採用。
「幸い、面積が約85㎡と広さに余裕があったので、バスルーム側とキッチン側に2つの回廊を作る、遊び心のある間取りにすることができました。」
中国の掛け軸をかけた壁は、鉄線の網をかけ、東アジア風の情緒あふれる一角を演出。
中国の掛け軸をかけた壁は、鉄線の網をかけ、東アジア風の情緒あふれる一角を演出。
トイレの壁はシャビーなピンク色に塗り、お気に入りの映画や舞台のチラシを貼った。
トイレの壁はシャビーなピンク色に塗り、お気に入りの映画や舞台のチラシを貼った。
スケルトンにした天井。パイプを有効活用して好きなものを飾るスペースに。
スケルトンにした天井。パイプを有効活用して好きなものを飾るスペースに。
廊下をはさんで左がキッチン、右にバスルームがある。両方を回遊することができる。モルタルと白い壁、それぞれテクスチャーを感じる仕上げにしている。
廊下をはさんで左がキッチン、右にバスルームがある。両方を回遊することができる。モルタルと白い壁、それぞれテクスチャーを感じる仕上げにしている。
廊下を挟んで右側がバスルーム、左側がバルコニー。「“外を見ながらお風呂に入りたい”というのが夫のたっての希望でした。廊下越しにガラス窓から外が見えるバスルームを作りました」
廊下を挟んで右側がバスルーム、左側がバルコニー。「“外を見ながらお風呂に入りたい”というのが夫のたっての希望でした。廊下越しにガラス窓から外が見えるバスルームを作りました」
洗面台はモルタルで造作。壁面は濃いブルーに塗装。
洗面台はモルタルで造作。壁面は濃いブルーに塗装。

縁側に座っているような和室の設え

寝室として使っている和室は、座ると腰掛けにちょうどよい高さまで床の高さを上げている。
「縁側のイメージです。朝はここに腰掛けてソックスを履き、最後の身支度を整えて出かけます(笑)」。
畳の下には大容量の収納スペースが隠れている。
「ウォークインクローゼットと物入れは整理をして、私のDIYのアトリエとして使えるようにしました。そしてデスクを置いて仕事ができるようにもしました。このワークスペースは思いがけずコロナ禍で大活躍となりました」
畳の部屋は腰掛けられる高さに。扉は引き戸になっている。
畳の部屋は腰掛けられる高さに。扉は引き戸になっている。
畳の下はたっぷりとした収納スペースに。「季節のものはここに収納しています。どこに何を入れたかわからなくなるのでメモをとっています。宝の地図です(笑)」
畳の下はたっぷりとした収納スペースに。「季節のものはここに収納しています。どこに何を入れたかわからなくなるのでメモをとっています。宝の地図です(笑)」
「もともとはウォークインクローゼット+物入れだったスペースですが、アトリエとして使えるように整え、机を置いて仕事ができるようにしました。リモートワークはここでしています」。味わいのある机は、フランスのアンティーク。
「もともとはウォークインクローゼット+物入れだったスペースですが、アトリエとして使えるように整え、机を置いて仕事ができるようにしました。リモートワークはここでしています」。味わいのある机は、フランスのアンティーク。
スケルトンにした躯体の天井と、左官で仕上げた壁の表情が違う。「どれくらいコテの塗り跡を残すかは、左官職人さんと直接現場でお話しながら決めていきました」。リノベーションコーディネート&設計は『EcoDeco』。
スケルトンにした躯体の天井と、左官で仕上げた壁の表情が違う。「どれくらいコテの塗り跡を残すかは、左官職人さんと直接現場でお話しながら決めていきました」。リノベーションコーディネート&設計は『EcoDeco』