躯体を活かしたリノベ 最小限の造作家具で際立つ センスのよい暮らし

躯体を活かしたリノベ 最小限の造作家具で際立つ
センスのよい暮らし

リノベのプロと一緒に内見へ

奥様の職場の環境が変わり、通勤しやすい場所への転居を考えていた時、ふとネットで目にした物件の広告のエントランスの佇まいが気に入り、早速内見の申込みをしたそう。
そして、リノベーションの依頼を『EcoDeco』にすることに決め、内見に同行してもらうことに。
「築36年の集合住宅なのですが、購入前に設計担当者様に同行いただいき、とても心強かったです。詳細な図面が残っていたので、撤去できる壁などを確かめながら内見しました。
『EcoDeco』に決めた理由は、手掛けた物件のテイストが気に入ったことと、リノベーションの流れを具体的に説明してあるページがわかりやすく、ぜひお任せしたくなりました」
 

敷地内にゆったりと建つ低層の集合住宅。緑の手入れが行き届いていて、3階の窓の高さまで樹々が枝を伸ばす。引越し後に長男と次男が誕生し、現在一家4人で暮らしている。

壁付けのオープンキッチンは作業スペースもたっぷり。窓側はリモートワークで活躍したデスクスペースになっている。リビングの照明とカーテンは、以前ここに住んでいた方から譲り受けたもの。
壁付けのオープンキッチンは作業スペースもたっぷり。窓側はリモートワークで活躍したデスクスペースになっている。リビングの照明とカーテンは、以前ここに住んでいた方から譲り受けたもの。
ステンレスのキッチンとコンクリート現しの壁、棚の積層の小口の組み合わせが美しい。ペンダントライトはフランスの陶器製のもの。「棚の上にあるおひつは、父の友人の桶職人が作ったものです。新築祝いにいただきました」
ステンレスのキッチンとコンクリート現しの壁、棚の積層の小口の組み合わせが美しい。ペンダントライトはフランスの陶器製のもの。「棚の上にあるおひつは、父の友人の桶職人が作ったものです。新築祝いにいただきました」
収納用のカゴや箱は素材感と色味が吟味され、調理器具が美しく整頓されている。
収納用のカゴや箱は素材感と色味が吟味され、調理器具が美しく整頓されている。
『EcoDeco』が開催したコーヒーセミナーに参加して以来、すっかりコーヒーの魅力に取り憑かれてしまったそう。焙煎も自分で行う。
『EcoDeco』が開催したコーヒーセミナーに参加して以来、すっかりコーヒーの魅力に取り憑かれてしまったそう。焙煎も自分で行う。
小口が美しいキッチンの棚は、棚受けのないすっきりとした仕上げ。「ボルトを積層合板で挟み込むように施工していただきました。強度も高いです」
小口が美しいキッチンの棚は、棚受けのないすっきりとした仕上げ。「ボルトを積層合板で挟み込むように施工していただきました。強度も高いです」
リビングの三角の出窓にも積層合板を施工。左の額はジェリー鵜飼さんの作品。
リビングの三角の出窓にも積層合板を施工。左の額はジェリー鵜飼さんの作品。

キッチンは壁付けに

「キッチンは集中して料理ができる壁付けにしました。天板は傷の目立たないバイブレーション仕上げにしてもらいました」

キッチンの横にパントリーを兼ねた収納スペースを確保。
「キッチンのカウンターの上に出しておきたくない調理家電や、冷蔵庫も収納スペースに置いています。キッチンに炊飯器を出したくなかったので、炊飯器を使うのをやめました。ご飯はお鍋で炊いてから、おひつに移しています」

自転車を収納するスペースは設計時に予め確保。自転車をかけてある壁はリノベ時に新設した。
自転車を収納するスペースは設計時に予め確保。自転車をかけてある壁はリノベ時に新設した。
玄関とキッチンの両方からアクセスできる収納スペースはパントリーも兼ねている。アウトドア用品や靴もここに。
玄関とキッチンの両方からアクセスできる収納スペースはパントリーも兼ねている。アウトドア用品や靴もここに。
キッチン、ダイニング、玄関、収納スペースは塗膜を塗った躯体のコンクリート。「水や油のハネがあまり気になりません」。暖簾は山内武志さんの作品。
キッチン、ダイニング、玄関、収納スペースは塗膜を塗った躯体のコンクリート。「水や油のハネがあまり気になりません」。暖簾は山内武志さんの作品。
和の骨董家具には、益子焼を始めとするお気に入りの器が飾られている。
和の骨董家具には、益子焼を始めとするお気に入りの器が飾られている。
棚の上に飾った器は十場天伸さんの作品。
棚の上に飾った器は十場天伸さんの作品。

床素材を変えてゾーニング

コンクリートの壁と白い壁の配分が絶妙な配分。天井は白にすることで明るい空間になった。
「部屋がインダストリアルになりすぎないよう、どの壁を白にするか頭を悩ませました」
 

「リノベーションの相談をしている期間がちょうど妊娠中で外出ができず、設計担当の方が家まで来てくださって打ち合わせをしました。その時に私たちが好きなものや手持ちの家具を見てくださったので、イメージが伝わりやすかったと思います。
そして提案されたのが“スタンダードを入れる器”というコンセプト。まさにこれ!となりました」

唯一の造作家具が壁付けのキッチンとデスク。
床はコンクリート現しの土間と、フローリング、サイザル麻カーペットの3つの素材で構成される。
「当初はフローリングのみで考えていたのですが、予算の都合でこうなりました。でも結果、3つの場所を床の素材を変えることでゾーニングができて良かったです」

フリースペースと寝室はサイザル麻カーペットを敷いた。寝室の扉は引き戸。
フリースペースと寝室はサイザル麻カーペットを敷いた。寝室の扉は引き戸。
今後はこのフリースペースを仕切って部屋を作ることもできる。
今後はこのフリースペースを仕切って部屋を作ることもできる。
壁を撤去し、2部屋をひとつにしてベッドルームに。「将来的にはまた2つに区切って子ども部屋にすることも可能です」
壁を撤去し、2部屋をひとつにしてベッドルームに。「将来的にはまた2つに区切って子ども部屋にすることも可能です」
洗面所と脱衣所には扉をつけず広々と。壁付けの洗面台とスチールのロッカーがインダストリアルな洗面室。水栓は『general view』で購入。
洗面所と脱衣所には扉をつけず広々と。壁付けの洗面台とスチールのロッカーがインダストリアルな洗面室。水栓は『general view』で購入。
収納式の梯子を昇ると、屋上に出られる。「屋上でタープを張ってランチをしたり、焼き肉をしたりします。夏は子どもプールで遊びます」
収納式の梯子を昇ると、屋上に出られる。「屋上でタープを張ってランチをしたり、焼き肉をしたりします。夏は子どもプールで遊びます」