50㎡未満の建築家夫婦リノベーション 狭くても快適に過ごせる、置き家具のない家

50㎡未満の建築家自宅リノベーション狭くても快適に過ごせる、置き家具のない家

大きな家具は、すべて造り付けにしました。

大内久美子さんはパートナーと2人、そして猫1匹で暮らしている。5年前に約46㎡ある築43年の中古マンションを購入し、フルリノベーションをした。共に建築士として働く大内さんたちは、この家の設計図面から管理監督までを自分たちで手掛けた。
「2人とも建築関係の仕事をしていますが、最初から最後まで意見が割れることはほとんどなかったです。というのも、それぞれ見ているポイントが違ったからだと思います。たとえば引き戸の立て付けなどの実用的なところは彼、全体的なデザインは私が担当しました」と、話す久美子さん。
内装デザインを決める上で意識したことは、大きく分けて2つあると久美子さんは話す。ひとつ目は、置き家具を置かないこと。リビングにあるコーヒーテーブル以外は、すべて造り付けの家具だ。
「ダイニングテーブルもベッドも、大きな家具は全て造り付けにしました。この空間にいろんな種類の置き家具をもってくると、それだけですごい場所をとってしまうんですよね。総面積が46㎡でも狭く感じない理由は、そこだと思います」
築43年、総面積は約46㎡。

築43年、総面積は約46㎡。

ベンチの中には構造体であるコンクリートの梁が隠れている。

ベンチの中には構造体であるコンクリートの梁が隠れている。

壁の厚みを活用したニッチ棚。上段には愛猫のコチ2歳。

壁の厚みを活用したニッチ棚。上段には愛猫のコチ2歳。

空間に統一感を感じさせるワントーンカラー。

空間に統一感を感じさせるワントーンカラー。

バイオエタノール暖炉。煙と煤が出ないため、マンションでも設置可能。

バイオエタノール暖炉。煙と煤が出ないため、マンションでも設置可能。

玄関から見たリビング。

玄関から見たリビング。

リビングから見たキッチン。

リビングから見たキッチン。

居るだけで落ち着く。ピットリビングとは?

ふたつ目は、色のトーンを揃えること。目指したのはシンプルなデザインでありながら冷たくなりすぎない家だった。
「簡素でスッキリしている空間が好みなのですが、味気なくなってしまうのは嫌でした。オフィスではなく自宅なので、人肌を感じる、温かみのある場所であることを大切にしています」
壁や床にはベージュとグレイの中間色を使いつつ、ところどころに使われた木材が温かみを感じさせる。
「全体に似たような色のトーンで合わせているのがポイントです。なぜかというと、完成したあとにもってくる雑貨や家具には色鮮やかなものが多いからです。それらとかち合わないように、ベースをつくりました」
そして地続きになっているリビングとダイニングは、床の素材と段差に変化をつけることでゾーニングさせた。
「トーンを統一したことで、キッチンとリビングの区分けが曖昧になり、窮屈に感じることが心配でした。そこでキッチンの床を15㎝上げて、リビングの床はカーペット素材に。床が一段低いピットリビングにすることで、おこもり感のあるくつろぎスペースになりました」と続けた。
床の段差でリビングとキッチンを緩やかにゾーニング。

床の段差でリビングとキッチンを緩やかにゾーニング。

表面をモールテックスで塗装した木製の造作キッチン。

表面をモールテックスで塗装した木製の造作キッチン。

両親から譲り受けたザル。昔アメリカで購入したもの。

両親から譲り受けたザル。昔アメリカで購入したもの。

壁を挟んで、キッチンの隣に玄関。

壁を挟んで、キッチンの隣に玄関。

造り付け家具にすることで空間効率をアップ。

造り付け家具にすることで空間効率をアップ。

ダイニングテーブルの引き出しにカトラリーを収納。

ダイニングテーブルの引き出しにカトラリーを収納。

ガラス窓の内側には、90cmほどの腰壁を設置。シンクと高さを揃えて。

ガラス窓の内側には、90cmほどの腰壁を設置。シンクと高さを揃えて。

腰壁にはゴミ袋をかけられたり、キャットウォークの役割も果たす。

腰壁にはゴミ袋をかけられたり、キャットウォークの役割も果たす。

エレベーターのないマンションは明るい。

物件選びにも、建築士ならではの視点が活きている。
「一番の決め手は、エレベーターがなかったことです。エレベーターのあるマンションには構造上、必ず廊下があります。そうなると部屋の片側が暗く、廊下の先に長方形の部屋があるウナギの寝床みたいな、あの定番の間取りができあがります」と、説明してくれた。
この物件のような古い低層マンションのほか、団地にもエレベーターのない物件は多いという。そうした物件は両面採光がとれていて、明るく良好な環境である可能性が高い、と久美子さんは話す。
「在宅勤務を前提としていたので、視界が抜けないと息がつまるだろうなと思っていました。ここへ内見に来たとき、三面窓から流れる風と日光が印象的でした。北西側に窓があると、風が抜けやすいんですよ。奥行き感があって、視線が抜ける感じも好印象でした」
また実際に住み始めて、ものを持つことへの考えに変化があったという久美子さん。
「自分がものに対してどう向き合っていくのか、考えをきちんともっていれば、狭い家でも快適に過ごしていけると思います。家が大きくなればなるほど、掃除する時間もかかるし、整理整頓が難しく、ものを溜めがちになります。きれい好きな人なら問題ないと思うのですが、私は片付けが得意ではないので(笑)。家が小さいとたくさんの物を置けないので、常に取捨選択をしていかなければいけない。そうすると、自分でものを整頓する習慣がつきやすいんですよね。掃除もさっと終わるし、狭いというのは決してデメリットではないと思います」と、笑顔で締め括ってくれた。
約8.5㎡の寝室。大きな窓からは日光が降り注ぐ。

約8.5㎡の寝室。大きな窓からは日光が降り注ぐ。

寝室の一角にはメイクスペースを設けた。

寝室の一角にはメイクスペースを設けた。

さらりと心地よいサイザル麻の造り付けベッド。内部には収納を完備。

さらりと心地よいサイザル麻の造り付けベッド。内部には収納を完備。

リビングから寝室へと繋がる通路。右側には浴室とトイレ。

リビングから寝室へと繋がる通路。右側には浴室とトイレ。

浴室前の床にはベッドと同じサイザル麻を使用。

浴室前の床にはベッドと同じサイザル麻を使用。

木枠にキャンバス地を貼った引き戸。

木枠にキャンバス地を貼った引き戸。

リビングと寝室を繋ぐ通路の左側は、ワークスペースになっている。

リビングと寝室を繋ぐ通路の左側は、ワークスペースになっている。

木材の板を渡して、デスクと本棚を作成。

木材の板を渡して、デスクと本棚を作成。

おしりの形に合わせてくぼんだ座面のスツール。長時間座っていても疲れにくい。

おしりの形に合わせてくぼんだ座面のスツール。長時間座っていても疲れにくい。

トイレと手洗いにのみ間接照明を採用。

トイレと手洗いにのみ間接照明を採用。

壁付けの蛇口と洗面ボウル。壁の内側から照明が照らす。

壁付けの蛇口と洗面ボウル。壁の内側から照明が照らす。

リノベーションは「Small Design Studio」が担当。

リノベーションは「Small Design Studio」が担当。

Ranking Renovation