ToKoSie ー トコシエ

築地市場を見下ろすビルで猫も人も心地いい空間を目指して

築60年のビルを1棟リノベ

築地市場の場外に建つ築60年を超えるビル。建築設計事務所「アンドロッジ」を主宰する建築家の畑山 慶さんがこのビルに暮らし始めてから15年が経つ。「1棟借り上げてリノベーションし、サブリースしています。このビルは各階に1部屋ずつの間取りで、そのうちの1室に住んでいます」。
リノベーションを得意とする畑山さんは、このビルの他にも、自社運営の屋内キャンプ場「Central park in Asakusa camp」やシェアオフィス「IRIYA LODGE」なども手がけている。そうしたリノベーションの原点ともなったこのビルは、銀座まで徒歩圏内という立地の良さ、築地市場で食材を調達できる楽しさが受け、16年間ほぼ空き部屋がない人気物件となった。
活気ある築地市場の場外に建つビル。1フロア1室のため、窓が多いのが特徴。屋上使い放題、ペット可、改装可、と賃貸物件の自由度を追求した。
活気ある築地市場の場外に建つビル。1フロア1室のため、窓が多いのが特徴。屋上使い放題、ペット可、改装可、と賃貸物件の自由度を追求した
味のあるビルの入口。エレベーターはないので、5階まで階段で上る。
味のあるビルの入口。エレベーターはないので、5階まで階段で上る。
眼前に広がる、築地市場。「最近は外国からの観光客も多くて、本当に賑わっています」。
眼前に広がる、築地市場。「最近は外国からの観光客も多くて、本当に賑わっています」。

猫たちとの同居が始まって

各フロアでリノベーションした間取りは異なるが、畑山さんの部屋は、「自分が住むので、解体・ガス・給排水関係は業者に依頼しましたが、他は仲間と一緒に改装しました」。和室2室をフローリングのワンルームとし、躯体のコンクリートをそのまま見せるなど、ラフな雰囲気を楽しめるリノベーションとなっている。

一人暮らしを楽しんでいた畑山さんだったが、2年前から新しい同居人が。「知人が拾った猫を引き取ることになりました。今はQ太郎という2歳のオスと、P子という2歳のメス、2匹と暮らしています」。

「ところが、ウチで暮らしている猫たちがどんどん太ってしまって、ついに9キロになってしまったんです」と話す畑山さん。猫は垂直運動をしないと太ると知った畑山さんは、猫たちの運動のために既存の本棚をアレンジし、キャットタワーのような役割をもたせた。

キッチンはコンパクト。場外に美味しいお店が多いため、外食が多いのだそう。
キッチンはコンパクト。場外に美味しいお店が多いため、外食が多いのだそう。
壁面の本棚に合板をプラスして、猫が運動できるようにした。
壁面の本棚に合板をプラスして、猫が運動できるようにした。
観察を続け、猫が使いやすい合板の幅や角度を追求したという。
観察を続け、猫が使いやすい合板の幅や角度を追求したという。
本棚の横には、古い収納棚が。
本棚の横には、古い収納棚が。
棚の上のディスプレイ。
棚の上のディスプレイ。
バスルームには猫足のバスタブを置いている。
バスルームには猫足のバスタブを置いている。
オーダーして作ってもらった真空管アンプ。
オーダーして作ってもらった真空管アンプ。

人と猫、両方のための家具を開発

この「本棚キャットタワー」が、キャットタワーにもなる飾り棚「NY&(ニャンド)」の開発のきっかけになったという。「猫たちを見ているうちに、猫が登り下りしやすい角度や落ち着けるスペースがわかってきたので、家具としても使えるキャットタワーを設計しました」。

「NY&」の特徴は、建築家として人間工学的なサイズ感も加味した設計がされていること。「猫だけなく、人にも心地よいデザインを心がけました。人がちょっと腰掛けたいときの椅子の高さ、デスクと合わせて使える高さを意識しています」。

「NY&」は評判を呼び、昨年末はGINZA SIX 6階にある「銀座 蔦屋書店」で展示されるなど、イベントにも引っ張りだこだそう。「これからは家具のバリエーションもふやしていけたら」と、猫たちとのこれからの暮らしを思い描いていた。

広々としたワンルーム。奥の天井は、元は和室だった名残の葦簀天井。
広々としたワンルーム。奥の天井は、元は和室だった名残の葦簀天井。
人見知りだというQ太郎。
人見知りだというQ太郎。
「NY&ROOT SHELF」にのぼるQ太郎。
「NY&ROOT SHELF」にのぼるQ太郎。
近くの波除神社のお札がまつられている。
近くの波除神社のお札がまつられている。
既存の鴨居をいかして猫用のスペースをつくった。
既存の鴨居をいかして猫用のスペースをつくった。

人と猫のための家具ブランドNY&(ニャンド)