ToKoSie ー トコシエ

アートのある暮らし 坂倉準三設計の集合住宅を
自分でデザインしてリノベーション

自分好みの内装にトライ

建築家の坂倉準三が設計した1971年竣工のヴィンテージ・マンションは、名高い原宿のビラ・シリーズの中でも静かな環境に建つ。転居を考えていた時に空きが出たことを知り、リノベーションをして住むことを決断したのだそう。

「友人が住んでいるこのマンションに遊びに来た時、偶然オープンルームをやっていたんです」と桜井彩子さん。

なんと、リノベーションのデザインは自分たちで行ったとか。
「施工会社は友人に紹介していただきました。リノベーションのデザインは考えていたより大変でした。たとえばカーペットの小さなサンプルからは大きな空間に敷いた時のイメージがしづらかったり、新しい建材の情報や、タイルや床材などの素材を探すことも経験がなかったので手間がかかりました」と桜井彩子さん。

それでもひとつひとつ丁寧にリノベーションの素材やアイテムを選び、満足する住まいが完成した。
「いちばんのお気に入りがドイツ製の深いシンクです。これを見つけた時にぜひ使いたいと思ったので、実現することができてうれしかったですね」

手前のウッドのソファは、益子の木工作家、高山英樹さんの古材を使った作品。大型のALTECのスピーカーは譲ってもらったものだそう。スピーカーの後ろの壁の向こうがキッチン。「キッチンは独立させたかったので、天井と隙間を開けながらあえて壁で仕切りました」 
手前のウッドのソファは、益子の木工作家、高山英樹さんの古材を使った作品。大型のALTECのスピーカーは譲ってもらったものだそう。スピーカーの後ろの壁の向こうがキッチン。「キッチンは独立させたかったので、天井と隙間を開けながらあえて壁で仕切りました」 
里親会で出会ったウズラちゃんは9歳の雄。床は幅広のオーク材を張った。
里親会で出会ったウズラちゃんは9歳の雄。床は幅広のオーク材を張った。
ローテーブルとして使っているジョージ・ピーターソンの作品。
ローテーブルとして使っているジョージ・ピーターソンの作品。
イスは気に入ったものを一脚づつ集めたのだそう。手前のアルミチェアはピエール・ガーリッシュ。隣はオランダのフリソ・クラマー。その向かいはアルネ・ヤコブセンのTチェア。壁のモノクロの写真は井上佐由紀さんの作品。
イスは気に入ったものを一脚づつ集めたのだそう。手前のアルミチェアはピエール・ガーリッシュ。隣はオランダのフリソ・クラマー。その向かいはアルネ・ヤコブセンのTチェア。壁のモノクロの写真は井上佐由紀さんの作品。
上の写真の壁にかけたスケートボードと同じジョージ・ピーターソンのプレート。「猫の小物入れは、ウズラに似てるからといただいたものです」
上の写真の壁にかけたスケートボードと同じジョージ・ピーターソンのプレート。「猫の小物入れは、ウズラに似てるからといただいたものです」
「ウズラが爪を立てても引っかかりにくいように、イスには目の細かい生地を張ってもらいました」
「ウズラが爪を立てても引っかかりにくいように、イスには目の細かい生地を張ってもらいました」
オットマンが揃っているチェアを長い時間かけて探したのだそう。壁際のものがハンス・ウェグナー、手前がボーエ・モーエンセン。
オットマンが揃っているチェアを長い時間かけて探したのだそう。壁際のものがハンス・ウェグナー、手前がボーエ・モーエンセン。

仕切りの壁がキャットウォークに

前に住んでいたオーナーがリビングを広くする改修をしていたこともあり、そこから間取りを大きく変える必要はなかったそう。

「キッチンはアイランドキッチン等にはせず、あえて独立させました。リビングとキッチンの壁と天井の間に空間を開け、匂いがこもらないようにしました。そこがウズラのキャットウォークになったのは嬉しい誤算でした」

寝室の奥のクローゼットも天井近くに空間を開け、室内の空気がゆるやかに流れるようにしている。

ドアの上部の印象的なデザインは、このマンションのもともとの仕様。アルミの折りたたみ式のコンテナはユーゴスラビア軍のミリタリーアイテム。
ドアの上部の印象的なデザインは、このマンションのもともとの仕様。アルミの折りたたみ式のコンテナはユーゴスラビア軍のミリタリーアイテム。
右奥のクローゼットルームと寝室の間の壁は、天井と隙間を開けて風通しをよくした。黒い壁はジョリパットという補修と塗装が一度にできる素材を選択。
右奥のクローゼットルームと寝室の間の壁は、天井と隙間を開けて風通しをよくした。黒い壁はジョリパットという補修と塗装が一度にできる素材を選択。
彩子さんがひとつひとつ手作りしている「BORON」の人形たち。
彩子さんがひとつひとつ手作りしている「BORON」の人形たち。
洗面ボウルは、ドイツ製の業務用。深さに合わせて洗面台を下げている。
洗面ボウルは、ドイツ製の業務用。深さに合わせて洗面台を下げている。
バスルームにはサブウェイタイルを使った。足元のミニサイズのテトラポットは、本物のテトラポットを作っている会社が制作したものだそう。
バスルームにはサブウェイタイルを使った。足元のミニサイズのテトラポットは、本物のテトラポットを作っている会社が制作したものだそう。

アートや家具は丁寧に選んで飾る

ミッドセンチュリーの家具をベースに、そこここに配されたアーティストの作品のバランスが素晴らしい桜井邸。

気に入ったものだけを買い、モノが増えすぎないように気をつけているのだそう。
「実はマンションの下に収納庫を借りていて、飾らなくなったもの……たとえば大きなビバンダムくんなどはそこに置いています。夫のミニカーコレクションは会社で飾っています(笑)」

イスも気に入ったものが見つかるまで買わないようにしているのだとか。
「寝室のデスクチェアはまだまだ探している最中なんです」

この家に越して5年が経つ。
「前に住んでいた家が平屋の古い一軒家だったこともあり、最初は床で暮らすスタイルにしていたのですが、イスやソファが揃ううちに座る生活になりました。5年が経って少し飽きてきたので、棚を作ったり、モルタル部分の色を濃くして変化を楽しみたいと思っています」

キッチンは天板のモルタルのような色が気に入って、オリジナルキッチンを作る「FILE」にオーダー。ガス管のパイプでフックをかける場所を作った。
キッチンは天板のモルタルのような色が気に入って、オリジナルキッチンを作る「FILE」にオーダー。ガス管のパイプでフックをかける場所を作った。
リビングとキッチンの間の天井との隙間が、運動神経抜群のウズラちゃんのキャットウォークに。
リビングとキッチンの間の天井との隙間が、運動神経抜群のウズラちゃんのキャットウォークに。
収納するものに合わせてそれぞれの引き出しの高さを細かくオーダーしたそう。スティーブ・ハリソンやアスティエ・ド・ヴィラットなどひとつづつ集めた器たち。
収納するものに合わせてそれぞれの引き出しの高さを細かくオーダーしたそう。スティーブ・ハリソンやアスティエ・ド・ヴィラットなどひとつづつ集めた器たち。
独特の色合いが美しいリー・ヨンゼの陶器のコレクション。
独特の色合いが美しいリー・ヨンゼの陶器のコレクション。
正面の猿のオブジェはステファニー・クエールの作品。「猿が好きなので、気に入ったものを見つけるとどうしても欲しくなってしまいます」
正面の猿のオブジェはステファニー・クエールの作品。「猿が好きなので、気に入ったものを見つけるとどうしても欲しくなってしまいます」
竣工から47年を経てもなお、玄関のポストやメーターを収納する扉のデザインが美しい。
竣工から47年を経てもなお、玄関のポストやメーターを収納する扉のデザインが美しい。