ToKoSie ー トコシエ

凹凸感のあるワンルーム空間奥へと変則的につながる
“アリの巣”リノベーション

建築家がやってみたかったこと

「庭つきが決め手だったんです」。
築23年のマンションの1階。夫婦共に実家のある田園都市線沿線で探し始めて4カ月、似鳥さんはこの物件に出会った。
「ルーフバルコニーも最初は考えたのですが、色々と制約があって。リビングからつながった専用庭は、友人などを招いたときも外に出て過ごすことができて、役に立っています」。
夫・俊平さんは建築家。購入前に間取りを考え、見積もりまで決めてから契約、リノベーションは2カ月弱で完了した。
「自分のやりたいことがここでできるかどうか、確かめてから購入したかったんです。仕事で担当するのはもっと大きな施設などで、個人の住居を手がけるのはこれが初めて。自分たちが住む家なので、自分たちの気分に合う家をそのまま表現しようと思いました」。
3DKをスケルトンにしてリノベーション。以前は寝室のあった場所にカウンターキッチンを設置。連続性を持たせつつ、シナベニヤや黒皮鉄を使った垂れ壁でゆるやかに空間を分けている。
3DKをスケルトンにしてリノベーション。以前は寝室のあった場所にカウンターキッチンを設置。連続性を持たせつつ、シナベニヤや黒皮鉄を使った垂れ壁でゆるやかに空間を分けている。
既存の梁を隠すことも兼ねた垂れ壁は、開口部の高さに合わせて設置。ダイニングテーブルは名古屋「NAUT」で。
既存の梁を隠すことも兼ねた垂れ壁は、開口部の高さに合わせて設置。ダイニングテーブルは名古屋の「NAUT」で。
2面採光の明るいリビングではグリーンもよく育つ。空間にぴったり収まったソファーは、スローハウスで購入したもの。
2面採光の明るいリビングではグリーンもよく育つ。空間にぴったり収まったソファーは、スローハウスで購入したもの。
LDKからは専用庭が眺められる。庭側の壁はジョリパッド仕上げ。ペンダントライトは火山灰を混ぜた陶器作家の作品。
LDKからは専用庭が眺められる。庭側の壁はジョリパッド仕上げ。ペンダントライトは火山灰を混ぜた陶器作家の作品。

巣穴のような奥行きのある空間

その結果、できあがったのは、できるだけ扉を無くした家。
「風が通り空気が流れるワンルームをつくりたい、と思いました。かといってただ広い空間はそんなに好きではないし、常に丸見えなのもストレスがたまります。だから扉はなくしつつ、かつ見えないような工夫を施しました」。
このマンションはラーメン構造。壁式ではないので、ワンルームにすることも可能だったのだが、わざわざそこに壁を設けることに。
「いちどスケルトンにしてから壁や垂れ壁を設けました。一軒家なら大黒柱がありますよね?そんな何か寄り添える、家の中心になるものが欲しかったんです」。
寄りどころと見立てたモルタル左官の壁は、ベッドルーム側の廊下とリビングを分け、リビング側はプロジェクターで映像を投影してスクリーンとして楽しめるようにした。そして開口部の1900mmの高さに合わせ垂れ壁も設置。扉のない空間を視覚的に分けている。
「人がよく集まる家なので、広々とさせつつも、すべてオープンにはしたくない。例えば、ダイニングに居るとき、向こうのベッドルームが見えそうで見えないように設計しました」。
凹凸のあるそんな空間を、似鳥さんは「アリの巣」と呼んでている。
「穴のような空間が、見えたり見えなかったりしながら何となく巣のように奥までつながっている、そんなイメージです。変則的なワンルームなので全体としての開放感はありますが、各々の場所で籠ることもできる、安心感のある造りだと思います」。

プロジェクターで映画を観るのが楽しみ。天井と左側の壁はモルタル左官で。
プロジェクターで映画を観るのが楽しみ。天井と左側の壁はモルタル左官で。
ベッドルームにも扉はなく、クローゼットを仕切る壁のみ。クローゼットをまわり込んで、左右どちら側からも入れるようになっている。壁は真実さんの希望で青く塗装。廊下、玄関側の床には色ムラのある磁器タイルを使い、LDKと雰囲気を切替えている。
ベッドルームにも扉はなく、クローゼットを仕切る壁のみ。クローゼットをまわり込んで、左右どちら側からも入れるようになっている。壁は真実さんの希望で青く塗装。廊下、玄関側の床には色ムラのある磁器タイルを使い、LDKと雰囲気を切替えている。
廊下の一部のような、閉じていないクローゼット。
廊下の一部のような、閉じていないクローゼット。
六角形のモザイクタイルがモロカンなサニタリー。
六角形のモザイクタイルがモロカンなサニタリー。
新婚旅行で訪れたモロッコで買ってきたランプをベッドルームに。
新婚旅行で訪れたモロッコで買ってきたランプをベッドルームに。
こちらはスリランカで購入。プリイティブな雰囲気が空間に調和。
こちらはスリランカで購入。プリイティブな雰囲気が空間に調和。

クールで温かい素材感

アリの巣にふさわしく、素材は土を連想するモルタルや硬質な磁器タイル、無垢の木材など。
「茶色の物質に穴を開けるイメージです。LDKとプライベートを分ける垂れ壁には黒をあしらいたいと思っていたのですが、工務店さんの提案で黒皮鉄を使いました」。
床のアッシュ材のフローリングは、間違えて白系を発注してしまい、家族や友人を動員して表面にやすりをかけて蜜蝋を塗ったそうだ。
「大変だったのですが、自然な木目が浮き出てこれが逆に良かったです」と真実さん。
「ほとんど夫に任せましたが、私はカウンターキッチンにすることと、作業スペースを広くとることだけリクエストしました。狭いから一緒に料理できない、なんて言えなくなったみたいですよ(笑)」。
そんなおふたりが、スリランカ、モロッコなど年に1、2回出かける海外旅行で買ってきたお土産品がインテリアの一部に。素材感を活かした内装に、民芸調のグッズが似合う。
「週末は壁のスクリーンで映画を2、3本続けて観たり、友人を招いたり、庭の手入れをしたり。ゆっくり部屋に籠るのも楽しいし、大勢で集まるのも楽しいし。色んな過ごし方ができていますね」。
キッチンとリビングの仕切りともなっているシナベニヤの垂れ壁は、変化を持たせるため、14cm幅のフローリング状に貼ってもらった。
キッチンとリビングの仕切りともなっているシナベニヤの垂れ壁は、変化を持たせるため、14cm幅のフローリング状に貼ってもらった。
「キッチンカウンターは壁にあけた穴に突き刺さっている感じにしたかった」と、奥の壁をあえて凹ませ、黒皮鉄をあしらった。モルタルにステンレス天板のカウンターに、コンロ側のシナ合板の面材がやわらかな雰囲気を添える。
「キッチンカウンターは壁にあけた穴に突き刺さっている感じにしたかった」と、奥の壁をあえて凹ませ、黒皮鉄をあしらった。モルタルにステンレス天板のカウンターに、コンロ側のシナ合板の面材がやわらかな雰囲気を添える。
作業性を考えてキッチンの幅は広く。奥には冷蔵庫を隠すためパントリーを設けた。
作業性を考えてキッチンの幅は広く。奥には冷蔵庫を隠すためパントリーを設けた。
専用庭はDIYでタイルを貼り柵を設けた。サンショウ、イチジク、ブルーベリーなど実ものを育てる。
専用庭はDIYでタイルを貼り柵を設けた。サンショウ、イチジク、ブルーベリーなど実ものを育てる。
鳥モチーフのグッズがさり気なくあちこちに。等間隔で並んだ木の柵が、プライバシーを確保。
鳥モチーフのグッズがさり気なくあちこちに。等間隔で並んだ木の柵が、プライバシーを確保。
南部鉄器でできた鳥のオブジェや、スリランカ土産などをディスプレイ。棚もDIYで制作したもの。
南部鉄器でできた鳥のオブジェや、スリランカ土産などをディスプレイ。棚もDIYで制作したもの。
お正月の描き初め(?)に、家のイメージをふたりで描いたという作品。奥につながる巣がテーマ。
お正月の描き初め(?)に、家のイメージをふたりで描いたという作品。奥につながる巣がテーマ。
似鳥俊平さんと真実さん。すっきりとデザインされたキッチンで作業もはかどる。
似鳥俊平さんと真実さん。すっきりとデザインされたキッチンで作業もはかどる。