ToKoSie ー トコシエ

ルイスポールセンのペンダントライト 美しく機能する
名作照明

20世紀の照明デザイン界を代表するポール・ヘニングセンは、機能的で美しい光を得るためのデザインを生涯にわたり研究し、100種類以上のランプを生み出した。今回はルイスポールセン社を代表する照明「PHシリーズ」をフィーチャー。デンマークで国民的ランプとまで呼ばれた「PH5」をはじめ、3枚のシェードのロングセラー「PH 4/3」、芸術作品のような名作「PHアーティチョーク」など、美しく機能するペンダントランプをご紹介。

《PH5・PH50》

もっともポピュラーな4枚シェードの「PH5」シリーズ。印象的フォルムは明かりを灯さなくとも美しい。
もっともポピュラーな4枚シェードの「PH5」シリーズ。印象的フォルムは明かりを灯さなくとも美しい。
PH5 クラシック φ500 H285mm ¥83,000
PH5 クラシック φ500 H285mm ¥83,000
PH50(チリレッド・ワサビグリーン・ミントブルー・オリーヴブラック・ココナッツホワイト) φ500 H285mm 各¥98,000
PH50(チリレッド・ワサビグリーン・ミントブルー・オリーヴブラック・ココナッツホワイト) φ500 H285mm 各¥98,000
マットなシェードにやさしい明かりを灯す。
マットなシェードにやさしい明かりを灯す。

1958年、コペンハーゲンのデンマーク工芸博物館で開かれた展覧会「ガラス、光とカラー展」で発表された「PH5」は、デンマークで圧倒的な指示を得て“国民的ランプ”と称されるまでになり、発表から60年近く経ったいまでも世界中から愛され続けている。
異なるサイズのシェードを4枚重ねて、穏やかな光のグラデーションを実現し、電球のまぶしさを抑えながらもテーブル上を明るく照らす。「PH5 クラシック」は、ホワイトのマット塗装。「PH50」は、50周年を記念して発表された光沢のあるグロッシーな仕上げで、カラフルな5色展開。「PH5 コンテンポラリー」は、落ち着いた色彩のマット仕上げの4色展開。

《PH 4/3・PH 3½-3》

PH 4/3 φ400 H200mm ¥50,000
PH 4/3 φ400 H200mm ¥50,000
PH 3½-3 グラスペンダント φ330 H288mm ¥120,000〜
PH 3½-3 グラスペンダント φ330 H288mm ¥120,000〜

ポール・ヘニングセンは、ルイスポールセン社と協働開始した翌年の1925年、3枚のシェードを使ったランプをデザインした。3枚シェードは、シェードの角度と組合せによって眩しい光源を隠し、同時にシェードすべてが光を受ける構造で、やわらかい光を下方に集める。1966年に発表された「PH 4/3」は、ヘニングセンが最後に手掛けたランプで、50年以上経ったいまでもモダンな印象を与えるロングセラー。今年3月に発売した「PH 3½-3 グラスペンダント」は、シェードにハンドメイドの吹きガラスを採用し、1920年代のヘニングセンのオリジナル設計図にもとづいて製作。

《PH 5-4½》

PH 5-4½ φ466 H318mm ¥204,000
PH 5-4½ φ466 H318mm ¥204,000

「PH 5-4½」は、デンマーク王立アカデミーのために1979年にリ・デザインされた「PH 6½-6」のスモールサイズで、1980年代にオーフスのコンサートホールのため製品化された。ポールヘニングセンによるオリジナルスケッチは1931年。大きなトップシェードは水平方向に広く光を向け、続く3枚の螺旋形状のシェードが下方へ光を集める。

《PH Artichoke》

PHアーティチョーク φ480 H497mm(全4サイズ) ¥860,000〜
PHアーティチョーク φ480 H497mm(全4サイズ) ¥860,000〜

1958年、ポール・ヘニングセンがコペンハーゲンの社交場ランエリーニュ・パヴィリオンのためにデザインし、20世紀を代表する名作照明としての地位を確立した「PHアーティチョーク」。 美しく重なり合う72枚の羽根は、すべてのシェードに光が正確にあたり、ランプ自体を照らすやわらかな間接光とグレアのない良質な光を生み出す。その制作には、1台あたり100種類以上のパーツと25人の熟練職人が必要とされるという。

Louis Poulsen ✕ Poul Henningsen

20世紀の照明デザイン界を代表するポール・ヘニングセン。
20世紀の照明デザイン界を代表するポール・ヘニングセン。
3枚シェードのPHランプの寸法を記したオリジナルスケッチ。
3枚シェードのPHランプの寸法を記したオリジナルスケッチ。
ポール・ヘニングセンの紙を使ったコラージュ「PH 5」の断面を表現したポスター。
ポール・ヘニングセンの紙を使ったコラージュ「PH 5」の断面を表現したポスター。
すべてのPHランプで採用されている対数螺旋。
すべてのPHランプで採用されている対数螺旋。
代表的な3枚シェードPHランプの配光を表したドローイング。
代表的な3枚シェードPHランプの配光を表したドローイング。

1874年に創業したデンマークの照明メーカー、ルイスポールセン社と、ポール・ヘニングセンの協働は、1925年に始まり、彼が亡くなる1967年まで続いた。ヘニングセンは、良質な光を得るための機能的で美しいデザインを生涯にわたり研究し、100種類以上のランプをデザインした。代表作「PHシリーズ」は、対数螺旋という独特のカーブを持つシェードを基本に、その形状、サイズ、組合せをデザインし、グレアを抑え、光の反射や拡散をコントロールした。また、“スイッチを入れた時も切った時も美しくあるべき”という理想も同時に充たした。

information

ルイスポールセン ジャパン(株) 
03-3586-5341
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル3F

商品価格は、消費税別の本体価格です。