ToKoSie ー トコシエ

DIY初心者でも簡単&安心簡単にはがせる壁紙だから
失敗なし。賃貸でもOK。

気軽にインテリアをイメチェン

壁紙を貼ってみたいけど難しそう、と二の足を踏んでいる方、もったいない! Francfrancオリジナルの「リムーバブル ウォールペーパー」は、その名の通り、貼ってはがせるタイプの壁紙。失敗を怖れず、気軽にトライできるのがウレシイ。もし曲がっちゃっても貼り直せばいいのだ。
その「リムーバブル ウォールペーパー」の貼ってはがす感覚は、マスキングテープに近いイメージ。
 

季節ごとに張り替えたり、ホームパーティの一晩だけ壁紙でデコレーションをしたりと「リムーバブル ウォールペーパー」の使い方は自由自在。
もちろん賃貸の部屋でも気兼ねなく壁紙を貼って楽しめるのがありがたい。

「リムーバブル ウォールペーパー」は不織布(フェルトやフリースのような質感)なので、楽にキレイに貼れるのも特徴のひとつ。2年の試行錯誤を経て商品化されたドイツ製のペーパーをベースに、Francfrancが色や柄をデザインしている。

ダークな色の壁紙で冒険できるのも、貼り直せる「リムーバブル ウォールペーパー」ならではの魅力。
ダークな色の壁紙で冒険できるのも、貼り直せる「リムーバブル ウォールペーパー」ならではの魅力。
トロピカルな柄は今シーズンの新柄。「リムーバブル ウォールペーパー」は毎シーズンに10柄前後リリースされる。
トロピカルな柄は今シーズンの新柄。「リムーバブル ウォールペーパー」は毎シーズンに10柄前後リリースされる。
大胆な花柄でガーリーな部屋に。
大胆な花柄でガーリーな部屋に。

柄×柄の組み合わせを楽しむ

「リムーバブル ウォールペーパー」は、Francfrancの「ルームコスメ」……メイクを楽しむように部屋を自由にコーディネイトしよう、というコンセプトで2018年秋冬シーズンからスタートしたアイテム。
ひとつの柄や単色でも素敵だけれど、柄×柄にもチャレンジしてみたい。
 

貼る場所は、リビングや寝室の壁だけでなく、玄関や洗面所、トイレなどの小さな空間なら、大胆なチャレンジもしやすいはず。

日本の平均的な家の天井高が240cmなのに対して、「リムーバブル ウォールペーパー」は長さが250cm。1本で幅45cmの壁面を貼ることができる。
模様は高さ50cmごとにリピートされているので、柄合わせもしやすく考えられている。

花柄と水玉の壁紙を組み合わせて。さらに壁紙を貼ったフレームを壁にかけた。<
花柄と水玉の壁紙を組み合わせて。さらに壁紙を貼ったフレームを壁にかけた。
ピンクの花がらと無地のピンクの間に、横に水玉を貼った。さらに水玉をゴールドでパイピング。
ピンクの花がらと無地のピンクの間に、横に水玉を貼った。さらに水玉をゴールドでパイピング。
「リムーバブル ウォールペーパー」のバリエーション。新柄が右上の6柄10種類。無地が右下の6種類。価格は柄物が各2800円、無地が各2500円。
「リムーバブル ウォールペーパー」のバリエーション。新柄が右上の6柄10種類。無地が右下の6種類。価格は柄物が各2800円、無地が各2500円。
上部の裏紙を10cmほどはがしてスタート地点に貼る。裏紙を少しづつはがして、スクレーパーや手で空気を抜くように押さえて貼っていく。
上部の裏紙を10cmほどはがしてスタート地点に貼る。裏紙を少しづつはがして、スクレーパーや手で空気を抜くように押さえて貼っていく。
Francfrancの店頭で、自分の部屋の大きさに合わせて実際に部屋に壁紙を貼ったシュミレーションをしてくれる。必要な壁紙の量もわかる。
Francfrancの店頭で、自分の部屋の大きさに合わせて実際に部屋に壁紙を貼ったシュミレーションをしてくれる。必要な壁紙の量もわかる。
階段の段差と段差の間に壁紙を貼るアイディア。1段づつ柄を変えている。
階段の段差と段差の間に壁紙を貼るアイディア。1段づつ柄を変えている。
「秋冬シーズンにはさらに10種類の柄が追加予定です」と、Francfranc 青山店の熊谷さん。
「秋冬シーズンにはさらに10種類の柄が追加予定です」と、Francfranc 青山店の熊谷さん。

壁紙を小物や家具に貼る

メイク道具入れやティッシュボックス、書類ケース……、「リムーバブル ウォールペーパー」は壁だけでなく、インテリア小物にも貼ることができる。
他にも、部屋の中のスイッチプレートなどの小さな場所に貼るだけで、部屋の印象がガラリと変わるはず。

壁や小物だけでなく、家具にも貼ってみたい。
棚の側面や、背板の内側、引き出しの中……、また、テーブルの天板の中央に貼ってテーブルランナー代わりにするのもおもしろい。
スツールの座面に貼ったり、脚にアクセサリーのように巻いてあげてもかわいいかも。

チェストに「リムーバブル ウォールペーパー」を貼る。3種類の柄をMIX。
チェストに「リムーバブル ウォールペーパー」を貼る。3種類の柄をMIX。

壁紙で時計をデコレーションしてみた

Francfranc 青山店の熊谷さんに、実際に小物に「リムーバブル ウォールペーパー」を貼っていただいた。

準備するものは、壁紙と時計、そして定規とカッターとボールペン。
カッターを使ってカットするので、作業台が傷つかないように下敷きがあるといい。また、壁紙が丸まっているので、マスキングテープで紙を伸ばすように留めながら作業するとやりやすい。

小物に貼って遊べるのが「リムーバブル ウォールペーパー」のよいところ。飽きたら他の柄にチェンジするもよし。
小物に貼って遊べるのが「リムーバブル ウォールペーパー」のよいところ。飽きたら他の柄にチェンジするもよし。
準備するものはこれだけ。右から2番めの壁紙をチョイス。
準備するものはこれだけ。右から2番めの壁紙をチョイス。
時計の側面に貼るために必要な壁紙のサイズを定規で測る。
時計の側面に貼るために必要な壁紙のサイズを定規で測る。
カッターを定規に当てながらカット。壁紙の裏紙は1cmごとの方眼になっていて、まっすぐのカットがしやすい。
カッターを定規に当てながらカット。壁紙の裏紙は1cmごとの方眼になっていて、まっすぐのカットがしやすい。
裏紙をはがしながら少しづつ貼っていく。
裏紙をはがしながら少しづつ貼っていく。
フォトフレームやティッシュボックス、ペン立てにも貼ってみた。「マステ感覚で気軽に貼れるので楽しいです。余った壁紙も無駄なく使えます」と熊谷さん。
フォトフレームやティッシュボックス、ペン立てにも貼ってみた。「マステ感覚で気軽に貼れるので楽しいです。余った壁紙も無駄なく使えます」と熊谷さん。