ToKoSie ー トコシエ

インテリアとして考えるあかり 様々に表情を変える
演出照明で空間をデザインする

一室多灯で雰囲気を高める

仕切りが多かったかつての間取りから、ひとつながりのLDKが主流となった今、照明の用い方も変化している。
「かつては一室一灯が基本でしたが、間取りの変化にともなって、照明もひとつの空間に分散してつけられるようになりました」。
と語ってくれたのはコイズミ照明広報室担当者。同じ空間で様々な生活シーンが繰り広げられる今、一室に一灯ではなく多灯を取り入れることがおすすめ。
「また、LEDが導入されてから、調光調色が手軽に変えられるようになりました。もともと人は太陽とともに暮らしてきて、朝、昼、夜の太陽光の加減とともに生活のリズムが刻まれています。人工的な光の中で生活するようになった今でも、人の本質は変らず、この生活行為と光の関係は現代でも受け継がれています。照明計画を行う際も、まずその場でどのような行為が行われるのかを確認し、基本的には自然界のバランスを再現した照明計画を行うことが理想的です」。
LEDには3つの色温度があり、色温度によって感じ方や効果が違う。青白い朝の太陽光のような軽くさわやかな光で、文字や物をはっきりと見ることができ、集中力を高めてくれる光は昼白色。夕方の太陽のように赤味を帯びてやわらかく、リラックス効果も高められる温かな光は電球色、その中間にありオールマイティに活用できて、空間を自然にやさしく、安心感のある光で演出する温白色。テレワークなら昼白色、ベッドルームには電球色、キッチンや洗面には温白色など、必要な場所ごとに照明器具を配し、用途に分けて色合いを選びたい。
明るさの強弱が調整できる調光機能のあるダウンライトと、電球色のペンダントライトであかりを併用。ペンダントライトAP 40337L21,800(*以下、価格は全て税抜き表示)。
明るさの強弱が調整できる調光機能のあるダウンライトと、電球色のペンダントライトであかりを併用。ペンダントライトAP 40337L¥21,800(*以下、価格は全て税抜き表示)。
北欧モダンテイストの空間に似合うペンダントライトをダイニングテーブルに。電球色〜昼白色の調色が可能。AP 51170¥33,800
北欧モダンテイストの空間に似合うペンダントライトをダイニングテーブルに。電球色〜昼白色の調色が可能。AP 51170¥33,800
落ち着きのほしいベッドルームは、全般照明よりも局部を照らして演出したい。超薄型のシンプルなフォルムによって、壁との一体感を演出するブラケットライト。AB 50240¥15,000
落ち着きのほしいベッドルームは、全般照明よりも局部を照らして演出したい。超薄型のシンプルなフォルムによって、壁との一体感を演出するブラケットライト。AB 50240¥15,000

目的物を照らして効果的に

ひとつの空間に複数の照明器具を設置し、それぞれ狙ったものを照らすことにより、空間を色々な雰囲気に演出することができる。
「天井を照らすコーブ照明は、天井に反射した光がやさしく空間を包み、開放感や広がりを感じさせ、安心感を得ることができます。また、壁を照らすコーニス照明は鉛直面に光を照射するので、壁にグラデーションがつき、空間に立体感や奥行きを与えてくれます」。
クロスの凹凸感や細かな模様なども、効果的に演出してくれるのだそう。
また、造作の家具やオブジェなどを照らすのもおすすめ。LEDなら紫外線や赤外線をほとんど含まないため、絵画やグリーンなど熱に弱いものも比較的ダメージが少ない。
「オブジェなどを照らす場合、色に加えて、どのような器具でどの角度から照らすかを考えることも大事です。器具を目立たせたくなければスポットライトよりもダウンライト。また、配光角が広いほど照射物がやわらかく見えるので、照らしたいものに合わせて角度も考えるといいでしょう」。
水彩画などでやわらかい雰囲気を演出したいのであれば配光角を広く、際立たせたい作品なら狭くするなど、照らし出すものをどう演出したいかに合わせて色と器具と角度を考えたい。
ライトバーで天井を照らしたコーブ照明。天井から反射した光が部屋全体に広がり、空間に開放感を生んでいる。
ライトバーで天井を照らしたコーブ照明。天井から反射した光が部屋全体に広がり、空間に開放感を生んでいる。
壁や鉛直面を照らすコーニス照明は、空間に奥行きを感じさせる。カーテンに当てることで色柄を浮き上がらせて楽しむことも。
壁や鉛直面を照らすコーニス照明は、空間に奥行きを感じさせる。カーテンに当てることで色柄を浮き上がらせて楽しむことも。
棚下の装飾をやわらかな光で照らすことで、空間の明るさ感を確保しながらピックアップ効果を高める。
棚下の装飾をやわらかな光で照らすことで、空間の明るさ感を確保しながらピックアップ効果を高める。
目立たないダウンスポットライトで、お気に入りの絵画に光を当てて。AD 1127 W27¥14,800。
目立たないダウンスポットライトで、お気に入りの絵画に光を当てて。AD 1127 W27¥14,800。
シンプルなシリンダー形状とマット仕上げのスポットライト。ディスプレイを照らしてギャラリー風な空間を演出。AS51756¥10,800。
シンプルなシリンダー形状とマット仕上げのスポットライト。ディスプレイを照らしてギャラリー風な空間を演出。AS51756¥10,800。
照らす部分に合わせてダウンライトの配光角を組み合わせた実例。明るいながら落ち着きを感じさせ、明るさの中にほどよい陰影を生み出している。
照らす部分に合わせてダウンライトの配光角を組み合わせた実例。明るいながら落ち着きを感じさせ、明るさの中にほどよい陰影を生み出している。

光の併用で家時間を快適に

今暮らしている空間に、これから照明を追加するのであれば、手軽にプラスできるスタンドライトなどを取り入れるのがおすすめ。既存のあかりを活かしつつ、欲しい場所に気軽に配置して光の併用を楽しみたい。
「太陽の光は上から下に差し、下から上に差すことはありません。そのため低い位置にスタンドライトを置いてみると非日常感が感じられます。夕日と同じようにあかりによってぐっと落ち着いた雰囲気を演出することができます」。
フロアスタンドを床に置いたり、テーブルスタンドをローテーブルなどの上に置いてみたり。夕暮れから夜にかけては下からの光がリラックスムードを高めてくれる。
「在宅でのテレワークなどで家で過ごす時間が長くなった今、部屋の中に様々なあかりを用意して楽しむと、それだけで気分が変わります。家族で過ごす時間も、あかりが様々な場所にあることで、それぞれの居場所を確保してくれるはずです」。
調光調色によって部屋の雰囲気を変えることで、同じ空間でも気分を一新させてくれる。様々なあかりの効果をインテリアの一部として取り入れたい。
夜、手元に灯りが欲しいときに活躍する電球色のスタンドライト。インダストリアルな空間にマッチ。AT 49288 L¥59,800。
夜、手元に灯りが欲しいときに活躍する電球色のスタンドライト。インダストリアルな空間にマッチ。AT 49288 L¥59,800。
やわらかなシリコンセードのテーブルスタンド。ひとつ置くだけで雰囲気を与えてくれる。AT 51302 ¥22,800。
やわらかなシリコンセードのテーブルスタンド。ひとつ置くだけで雰囲気を与えてくれる。AT 51302 ¥22,800。
床から幻想的な光を届けるフロアスタンド。サイズ違いで配置することで、遠近感のある空間を演出。AT 51162¥42,000。商品は全てKOIZUMI。
床から幻想的な光を届けるフロアスタンド。サイズ違いで配置することで、遠近感のある空間を演出。AT 51162¥42,000。商品は全てKOIZUMI