コミュニティスペースを活用する  暮らしを育てる もうひとつのリビング

コミュニティスペースを活用する 暮らしを育てる
もうひとつのリビング

大切なものを受け継いで残す

畑で作物を耕し、キッチンで自炊、疲れたら別荘でひと休み。ちょっと仕事をしなければいけないときはワークスペースでPCを開く…。リモートワークやステイホームの続く中、もうひとつの自分の居場所が持てる、そんなコミュニティースペースをご紹介したい。
「もともとここは祖父が農業をしていた場所なんです。残していくために誰かに使ってもらいたいと思い、住居だった古民家をリノベーションし、会員制の貸し農園を営むスペースとして再生しました」。
そう話すのは茅ヶ崎にある「RIVENDEL」代表の熊澤弘之さん。熊澤さんにとって大切な思い出のある場所を受け継いで、地域に役立てる、サスティナブルな挑戦でもある。
「『暮らしを育てる農園』だと考えています。別荘のような感覚で好きなときに訪れ、農業を体験したり、園内の野菜や果物を収穫したり、餅つきやしめ縄づくりなど季節毎の行事を楽しんだり。自由に使ってもらいたいですね」。
納屋だったところを改修した休憩所。広々した敷地は、季節毎の景色で彩られる。
納屋だったところを改修した休憩所。広々した敷地は、季節毎の景色で彩られる。
オープンエアの下、自由に寛いだり、ランチをしたりも可能。
オープンエアの下、自由に寛いだり、ランチをしたりも可能。

野菜を育て、収穫する楽しみ

畑では、まず育てる作物についてのレクチャーを受ける。ここでは農薬、化学肥料を使わず栽培することが条件だ。
「産地から調べてもらって、野菜のことを知ってもらうのがスタートです。この土地でならこう育てられる、と色々試行錯誤することにワクワクできる人が向いていると思います」。
園内に成るカキやビワ、自生している野菜は収穫することも自由。納屋を改修したキッチンや、その脇にある薪釜を使って調理して、のどかな農地を眺めながら食事をとることも可能だ。
「小屋はほとんど廃屋だったのですが、建築基準に合わせて筋交いを入れ、土間にコンクリートを敷き、建具を入れてリノベーションしました。ラワンの壁面にはDIYで柿渋を塗ったのですが、これがいい色合いを出しています」。
かつて使っていた牛の荷車の脚を土台に、足場材を載せてテーブルにしたり、古材を使ってイスを作ったりもDIYで。材料はすべて納屋に眠っていたものだそうだ。
かつては牛が耕していた土地。来訪できる頻度に合わせて、ふさわしい作物をアドバイスしてくれる。年会費60,000円で、大人3名まで農園はじめ施設の利用可。
かつては牛が耕していた土地。来訪できる頻度に合わせて、ふさわしい作物をアドバイスしてくれる。年会費60,000円で、大人3名まで農園はじめ施設の利用可。
割当てられた区画では、自由に好きな作物を栽培できる。区画外では春先にはフキノトウ、ワサビナなどが生え、自由に収穫できる。 
割当てられた区画では、自由に好きな作物を栽培できる。区画外では春先にはフキノトウ、ワサビナなどが生え、自由に収穫できる。 
休憩所の外にある薪釜。収穫した野菜を具に、ピザを焼いていただくのも楽しみ。
休憩所の外にある薪釜。収穫した野菜を具に、ピザを焼いていただくのも楽しみ。
穫れたてをその場で味わう感動も体験できる。こちらはキャベツ。
穫れたてをその場で味わう感動も体験できる。こちらはキャベツ。
無農薬だから安心。ブロッコリーも味が違う。
無農薬だから安心。ブロッコリーも味が違う。
キッチンは自由に使うことができる。大理石の天板のアイランドがあり使いやすい。マーケットのあったこの日は人気のタイ料理「Nomadic Cafe」が出店。
キッチンは自由に使うことができる。大理石の天板のアイランドがあり使いやすい。マーケットのあったこの日は人気のタイ料理「Nomadic Cafe」が出店。
食事をとることができるスペース。壁には柿渋を塗った。
食事をとることができるスペース。壁には柿渋を塗った。
牛の荷車を土台にして作ったテーブル。納屋に眠っていた廃材を活用して様々な家具をDIY。
牛の荷車を土台にして作ったテーブル。納屋に眠っていた廃材を活用して様々な家具をDIY。

様々な体験型イベントも

「RIVENDEL」では毎月、「自然と暮らす」をテーマにワークショップやマーケットを開催している。
「毎月第一金曜日は農家さんの野菜やパン、タイ料理などのお店が出店するマーケット、毎月第二金曜日は赤ちゃん連れで来ていただけるベビーカフェを開催しています。その他にも色々なイベントを開いています」。
敷地の隣にオープンした麹屋「米の花」で味噌と醤油作りを体験することも。訪れる人とのつながりを感じながら、休憩したいときは古民家の軒先でゆっくりお茶をいただくこともできる。セカンドハウス、セカンドリビングとしてぜひ利用してみては。
母屋では休憩したり、仕事をしたり。近くの海からあがってシャワーをあびたりすることも。イベント時には様々なブースが出展。
母屋では休憩したり、仕事をしたり。近くの海からあがってシャワーをあびたりすることも。イベント時には様々なブースが出展。
マーケット開催のこの日は、パンやアクセサリーなどの販売に、マッサージやネイル、占いなどのブースも。
マーケット開催のこの日は、パンやアクセサリーなどの販売に、マッサージやネイル、占いなどのブースも。
小田原の農園「MAMI&CO.FARM」の野菜や柑橘類なども販売。100%みかんジュースなど、人気商品がたくさん。
小田原の農園「MAMI&CO.FARM」の野菜や柑橘類なども販売。100%みかんジュースなど、人気商品がたくさん。
無農薬で安心安全なおいしさ。「MAMI&CO.FARM」の野菜たち。
無農薬で安心安全なおいしさ。「MAMI&CO.FARM」の野菜たち。
茅ヶ崎の「五空ぱん」。あっという間に売り切れに。
茅ヶ崎の「五空ぱん」。あっという間に売り切れに。
マーケット出店担当の熊澤裕美子さん。母屋の軒先で。
マーケット出店担当の熊澤裕美子さん。母屋の軒先で。
囲炉裏のある部屋の板塀を黒く塗装した。手前は牛の荷車の一部。
囲炉裏のある部屋の板塀を黒く塗装した。手前は牛の荷車の一部。