DIYで理想の空間に スマートな都会ライフを楽しむ 武骨すぎないインダストリアル

DIYで理想の空間に スマートな都会ライフを楽しむ
武骨すぎないインダストリアル

広々とした空間を自由にアレンジ

下町情緒が残る、東京東部の人気エリア。鉄筋コンクリート打ち放しの賃貸デザイナーズ物件に暮らすイノウエさん。
「2年程前に転勤で東京にやってきて物件探しをしたのですが、ここを内見してすぐに決めました。海外のインテリアのように、広い空間に大きなソファーやベッドをドンと置いた部屋に住んでみたかったんです。細かく仕切られていない、大きなワンフロアが理想でした」。
見つけたのは、キッチンとバスルームが独立した45㎡の1K。広々としたLDをどのように使うか、引っ越ししてから試行錯誤を重ね、何度も模様替えをしているそうだ。
「部屋をいじるのが好きなんです。ここに来てからDIYを始めたのですが、こんなレイアウトがいいなと思ったら、色んなものをつくっては、インテリアを変えて楽しんでいます」。
仕切りのないワンルームをDIYでアレンジ。横長の長方形に切り取られた、高さを抑えた窓から光が差し込む。
仕切りのないワンルームをDIYでアレンジ。横長の長方形に切り取られた、高さを抑えた窓から光が差し込む。
コンクリートの箱のような空間。奥にはキッチンと洗面、バスルームがある。
コンクリートの箱のような空間。奥にはキッチンと洗面、バスルームがある。
玄関からフラットにつながる。何もなかった空間に木の壁を設けて、生活感の出るクローゼットを目隠しした。
玄関からフラットにつながる。何もなかった空間に木の壁を設けて、生活感の出るクローゼットを目隠しした。
大きなソファーやベッドを置いたスペース。grasのウォールランプでインダストリアル感をプラス。
大きなソファーやベッドを置いたスペース。grasのウォールランプでインダストリアル感をプラス。

欲しいものはDIYで

部屋の中央にあるウォークインクローゼットを仕切るための木の壁は、引っ越し当日から着手して3日くらいで完成した。当初は違う場所に配置していたが、既に3回ほど移動させているそうだ。
「幅は2種類、長さはばらばらにカットしてもらった板をホームセンターで買ってきて組み合わせました。色も塗り分けてわざとランダムな感じを出しています」。
その後ろにあるスチールラックにL字ブラケットを取り付けて、板を固定。たくさんの衣類を収めるラックには間接照明も取り付け、スマート化も始めている。
「テレワークになり家で仕事をするようになってから、ワークスペースも設けました。ヤフオクで入手した本棚と、ブラケットを使って天板を載せてデスクを作りました」。
コンクリートブロックを脚にして、パソコンを載せる台も作成。コンクリートブロックはあちこちに用いられていて、リビングのソファーテーブルも、コンクリートの平板とスチールのL字鋼を組み合わせてDIYしたものだ。
「コンクリートのボロボロ感が好きなんです。でも、そのままだと粗すぎるのでコーティング材を塗りました。制作費はトータルで3000〜4000円くらいです」。
最近は、玄関のシューズラックのレイアウトを変更した。
「ホームセンターで買った板と金具で、壁のPコン穴を使ってオープンシェルフを作っていたのですが、縦にふたつ並べていたのを横に並べ替えました」。
それに合わせて縦にしていた鏡も横に付け替え、棚の上部をディスプレイスペースに。ドライフラワーが無機質なスペースに雰囲気を添えている。
クローゼットを仕切るために設置した木の壁。バラバラの板をランダムに張り合わせている。テレビも首が振れるように、壁に取り付けた。
クローゼットを仕切るために設置した木の壁。バラバラの板をランダムに張り合わせている。テレビも首が振れるように、壁に取り付けた。
新たに設けたテレワークコーナー。ヤフオクで購入したヴィンテージの本棚にはオイル塗装を施した。  
新たに設けたテレワークコーナー。ヤフオクで購入したヴィンテージの本棚にはオイル塗装を施した。  
コンクリートの平板に鉄の脚を組み合わせてつくったソファーテーブル。しっかりとした頑丈な造り。
コンクリートの平板に鉄の脚を組み合わせてつくったソファーテーブル。しっかりとした頑丈な造り。
Pコン穴を利用して壁に取り付けたシューズラック。縦から横に並びを替えた。
Pコン穴を利用して壁に取り付けたシューズラック。縦から横に並びを替えた。
たくさん持っている衣類を収めるクローゼット。ライトバーも取り付けた。
たくさん持っている衣類を収めるクローゼット。ライトバーも取り付けた。
コンクリートブロックに2×4材を載せて収納棚に。DIY用のツールを収めている。
コンクリートブロックに2×4材を載せて収納棚に。DIY用のツールを収めている。
キッチンには作業用の台を設けた。有孔ボードを貼りキッチンツールを収納。
キッチンには作業用の台を設けた。有孔ボードを貼りキッチンツールを収納。
棚板を設けた洗面所。水回りはこれからもっと着手していく予定。
棚板を設けた洗面所。水回りはこれからもっと着手していく予定。

スマートなインダストリアルを目指して

「DIYは趣味となっていて、ホームセンターによく行きます。目指しているのはインダストリアルな空間ですが、かといって手作り感が出すぎてしまうのは嫌なんです。インダストリアルを適度にスマートな感じで表現したいですね」。
美大で彫刻を学んだというイノウエさん。DIYの技術に加え、溢れるセンスがワンルームの四角い箱を洗練された空間に。
「ベッドスペースは、祖母が使っていた文机を足下に置いて、何となく仕切りになるようにしています。ベッドまわりはシンメトリーな感じにしたくて、ベッドヘッド上の壁の中央にカーテンをあしらい、両サイドにスタンドライトを置きました」。
シェードを外したライトはわざと壁を照らして、陰影を出しているのがポイント。ダイニングテーブル上のペンダントライトもシェードに工夫を施した。
「電球とソケットを自分で組み合わせたのですが、それだけだとかわいくなりすぎるので、工事現場用のワイヤーの電球ガードを付けました」。
細かなパーツも自分で調達。そのこだわりがスマートな雰囲気を生んでいる。
「ここに来て、空間づくりへの思いがますます沸いてきました。アイデアが色々と浮かんできて試してみたくなります。また数ヶ月経ったら、違った空間になっているでしょうね」。
シンメトリーにこだわったベッドまわり。IKEAのスタンドライトはシェードを外して、ランプの光を壁に当てている。ベッドカバーはPENDLETON。
シンメトリーにこだわったベッドまわり。IKEAのスタンドライトはシェードを外して、ランプの光を壁に当てている。ベッドカバーはPENDLETON。
IKEA のソファーがどんと構えるリビング。無機質な空間にファブリックで色を足している。
IKEA のソファーがどんと構えるリビング。無機質な空間にファブリックで色を足している。
自作のダイニングテーブルに、IKEAとピート・ヘイン・イークのコラボのイスを。 
自作のダイニングテーブルに、IKEAとピート・ヘイン・イークのコラボのイスを。 
Pコン穴を使って壁をディスプレイ。上段にはペットのトカゲが。
Pコン穴を使って壁をディスプレイ。上段にはペットのトカゲが。
白いコードに真鍮、電球ガードを組み合わせたライト。ワンポイントで皮をあしらった。
白いコードに真鍮、電球ガードを組み合わせたライト。ワンポイントで皮をあしらった。
ベッドの足もとの文机が、緩やかな空間の仕切りに。実家から調達したもの。
ベッドの足もとの文机が、緩やかな空間の仕切りに。実家から調達したもの。
IT関連の会社に勤めるイノウエさん。テレワークでより長くなった家での暮らしを模索中。インスタグラムでその暮らしぶりを発信。
IT関連の会社に勤めるイノウエさん。テレワークでより長くなった家での暮らしを模索中。インスタグラムでその暮らしぶりを発信。