ToKoSie ー トコシエ

香り豊かなインテリア手軽に創って長く楽しむ
ドライフラワーアレンジ

香りと清涼感を楽しみながら

まだまだ暑さの続くこの時期。爽やかさを楽しみながらも、秋の訪れを意識してグリーンをあしらってみてはいかが? 「atelier cabane」の高橋有希さんに、今にふさわしいドライフラワーの楽しみ方を提案してもらった。
「ドライフラワーは植物を乾かしてから束にするもの、半生や生からつくるものとありますが、この時期なら活き活きとしたグリーンを楽しみながら、ドライになっていく過程も楽しめる生の植物を使うのがおすすめです」。
特にハーブ系の植物を加えた“ハーブのリース”は、清涼な香りと新鮮なグリーンに癒されながら、次第に変わっていく表情を楽しむことができる。
「もうひとつは手軽につくれる“ドライフルーツのガーランド”。好きな材料を組み合わせて季節感を表現できます」。
今回は爽やかなフルーツをメインに。夏から秋へとスイッチする季節にふさわしい、ふたつのドライフラワーのつくり方をご紹介する。
グリーンが水々しい、つくりたての“ハーブのリース”と、アレンジが楽しい“ドライフルーツのガーランド”。どちらも初めてでも簡単につくることができる。
グリーンが水々しい、つくりたての“ハーブのリース”と、アレンジが楽しい“ドライフルーツのガーランド”。どちらも初めてでも簡単につくることができる。

生からつくる“ハーブのリース”

「ワイヤーなど特別な道具を使わず、生の植物を絡めていくだけでできあがるのが、ハーブのリースのよいところですね」。
ツル性の植物をベースにして輪をつくり、後はハーブなど好きな植物を組み合わせていく。
「ベランダで育てた植物などをアレンジしてもよいと思います。ルーズな感じがかわいいので、植物が自然に絡まるように、ナチュラルに仕上げていくといいですね」。
ドライにすると小さくなるため、ある程度大きめにつくっておくのがポイントだそう。完成したらお手入れもお世話も必要なく、そのまま飾っておくだけで素敵なインテリアになる。
「そのままドライとしてずっと変化を楽しんでもいいし、ドライハーブとしてお料理に使ってもいいです」。
斑入りの植物やシルバー系など、色んな組み合わせでトライしたい。
今回使う材料。ベースにするツルにはサンキライ(右)を。タイム、ローズマリーに、シルバーがかったラベンダー(中央下)、レモングラス、リースを結ぶ紐としてラフィアを用意。
今回使う材料。ベースにするツルにはサンキライ(右)を。タイム、ローズマリーに、シルバーがかったラベンダー(中央下)、レモングラス、リースを結ぶ紐としてラフィアを用意。
①サンキライを丸め、ツルの先端を片側に引っかけるようにして留め、リング状にする。
①サンキライを丸め、ツルの先端を片側に引っかけるようにして留め、リング状にする。
②ローズマリーの下の先っぽを、ツルとツルの間に、切り口が見えないように差し込む。
②ローズマリーの下の先っぽを、ツルとツルの間に、切り口が見えないように差し込む。
③ツルに巻き付け、絡ませていく。
③ツルに巻き付け、絡ませていく。
④タイム、ラベンダーを絡ませる。
④タイム、ラベンダーを絡ませる。
⑤レモングラスを絡ませる。先端は出しっ放しにすると自然な雰囲気に。
⑤レモングラスを絡ませる。先端は出しっ放しにすると自然な雰囲気に。
⑥ヤシ系の木の繊維、ラフィアをリングの上に取り付ける。
⑥ヤシ系の木の繊維、ラフィアをリングの上に取り付ける。
ハーブをどの位置にどのくらいのボリュームで絡ませるかは、それぞれのセンスで。「植物が自然に絡まり合うことを考えて、アレンジするといいですね」。直射日光の当たらない場所にディスプレイして、変化を楽しもう。
ハーブをどの位置にどのくらいのボリュームで絡ませるかは、それぞれのセンスで。「植物が自然に絡まり合うことを考えて、アレンジするといいですね」。直射日光の当たらない場所にディスプレイして、変化を楽しもう。

爽やかな“ドライフルーツのガーランド”

ドライの植物やフルーツなどを、ワイヤーやラフィアなどにつなげてガーランドに。
「スライスされたドライフルーツや、ドライフラワー、植物の実の殻、松かさなど、好きなものをつなげていくだけです。針とワイヤー、素材さえ用意すれば手軽につくれます」。
素材は東急ハンズなどで購入可能。針で素材に穴を開けるか、またはワイヤーを絡ませるかをして、つなげていくだけ。
「できあがったら縦に吊り下げてもいいし、横にして窓辺などに飾るのもいいです。縦にする場合は、ワイヤーのいちばん下に素材をひとつ付けてポイントにしましょう」。
手軽にできるガーランドで、季節のイメージをインテリアの一部に。
リンゴやオレンジなどのドライフルーツ、綿の実の殻、ゴールド加工した葉脈、松かさ、ケイトウ、シロタエギクを、ゴールドのワイヤーでつないでいく。後は穴を開ける針があればOK。
リンゴやオレンジなどのドライフルーツ、綿の実の殻、ゴールド加工した葉脈、松かさ、ケイトウ、シロタエギクを、ゴールドのワイヤーでつないでいく。後は穴を開ける針があればOK。
①ドライフルーツ、葉、ケイトウは、針で穴を開ける。
①ドライフルーツ、葉、ケイトウは、針で穴を開ける。
②ワイヤーを穴に通し、端をねじって留める。
②ワイヤーを穴に通し、端をねじって留める。
③松かさは、かさにワイヤーを引っかけてねじる。
③松かさは、かさにワイヤーを引っかけてねじる。
④殻は、ワイヤーをヘヤピン状にして茎に沿わせる。
④殻は、ワイヤーをヘヤピン状にして茎に沿わせる。
⑤素材を取り付けていない方のワイヤーをぐるぐると巻き、端は2本一緒にねじり留める。
⑤素材を取り付けていない方のワイヤーをぐるぐると巻き、端は2本一緒にねじり留める。
⑥縦の場合、下のワイヤーが切り放しにならないよう、最後にフルーツをあしらう。
⑥縦の場合、下のワイヤーが切り放しにならないよう、最後にフルーツをあしらう。
縦でも横でも楽しめるガーランドが完成。フルーツの芳醇な香りがほのかに漂う。
縦でも横でも楽しめるガーランドが完成。フルーツの芳醇な香りがほのかに漂う。
高橋さんが店主を務める「atelier cabane」。植物の個性を活かしたフラワーデコレーションを提案。
高橋さんが店主を務める「atelier cabane」。植物の個性を活かしたフラワーデコレーションを提案。
植物で溢れる店内では、ドライフラワーのワークショップなども開催している。
植物で溢れる店内では、ドライフラワーのワークショップなども開催している。
高橋有希さん。著書に「ドライフラワー図鑑」(誠文堂新光社)も。
高橋有希さん。著書に「ドライフラワー図鑑」(誠文堂新光社)も。