ToKoSie ー トコシエ

餅花で迎えるお正月紅白の餅花を
素敵にかざる

市販の切餅で餅花を作る

五穀豊穣を祈願する意味を持つ餅花。生花の色が少なくなる冬に、餅花の可愛らしい彩りを楽しんでみたい。

挿花家の雨宮ゆかさんに、餅花作りを教えていただいた。

餅花は意外にも、市販の切餅でも作ることができる。

「本来はつきたての柔らかなお餅で作るものですが、試しに市販の切餅を電子レンジでチンして作ってみたら、簡単に作ることができました。飛騨高山に家族旅行に行った際、餅花の愛らしさに惹かれた祖母の“餅花を作ってみたい”という要望がきっかけでした」

正確な始まりは不明とされているが、江戸時代には日本各地で盛んに飾られるようになった餅花。今年のお正月は、手に入れやすい現代の切餅を使って、縁起の良い飾り物を作ってみては?

餅花を半紙の上に飾り、梅結びにした水引きを添え、お正月らしい誂に。
餅花を半紙の上に飾り、梅結びにした水引きを添え、お正月らしい誂に。

餅花の作り方

用意するものは、小枝と、切餅(1〜2切)、片栗粉。食紅。
 

小枝は、生花店で柳を買って使っても、生け花で使った枝をとっておいてもよいし、公園や広場で拾ってきたものを使ってもよい。
「完全に乾ききった枝より、弾力性がある枝のほうが作りやすいです」
今回は、セイヨウカマツカとブルーベリーの枝を使った。
「柔らかなヤナギの枝につけて、餅花をつけた枝を丸めて飾ってもよいですね。サンゴヤナギの赤い枝を使えば、白いお餅だけで素敵に飾ることができると思います」

餅はまん丸よりやや縦長に丸めるとつけやすい。
「養蚕をしている地方では、繭の形に似せた楕円のお餅をつけていたそうです」

用意するもの:小枝。切餅:1〜2切。片栗粉。食紅。切餅は餅米のみで作られた、切れ目の入っていないものを。
用意するもの:小枝。切餅:1〜2切。片栗粉。食紅。切餅は餅米のみで作られた、切れ目の入っていないものを。
切餅を5等分くらいの短冊状にカットする。
切餅を5等分くらいの短冊状にカットする。
容器に水を薄くはり、餅を入れて電子レンジにかける。ぷわっとふくらんで柔らかくなったら、片栗粉を敷いた容器にとる。600wで40 ~50秒が目安。餅はすぐに硬くなってしまうので、使う分だけ少しずつ電子レンジにかける。
容器に水を薄くはり、餅を入れて電子レンジにかける。ぷわっとふくらんで柔らかくなったら、片栗粉を敷いた容器にとる。600wで40 ~50秒が目安。餅はすぐに硬くなってしまうので、使う分だけ少しずつ電子レンジにかける。
餅に片栗粉をまぶしつけ、伸ばしながら枝につける。丸く揉むようにつけ余分はちぎる。間に紅い餅をつけるので間隔をあけながらつけていく。
餅に片栗粉をまぶしつけ、伸ばしながら枝につける。丸く揉むようにつけ余分はちぎる。間に紅い餅をつけるので間隔をあけながらつけていく。
次に紅い餅を作る。食紅をほんの少し水で溶き、餅とあわせる。色が強く出るので、少しずつたりなかったら足すつもりで。
次に紅い餅を作る。食紅をほんの少し水で溶き、餅とあわせる。色が強く出るので、少しずつたりなかったら足すつもりで。
麺棒を使い、餅と食紅を混ぜる。「混ぜきらなくても枝につけているうちに混ざりますし、少し色にムラがあってもかわいいです」
麺棒を使い、餅と食紅を混ぜる。「混ぜきらなくても枝につけているうちに混ざりますし、少し色にムラがあってもかわいいです」
同様に片栗粉をまぶし、白の餅と交互になるように枝につけていく。
同様に片栗粉をまぶし、白の餅と交互になるように枝につけていく。

餅花のいろいろな飾り方

白木の枡にお米を入れたものと一緒に餅花を飾る。

「正月は田の神様でもある年神様を迎えるための行事でもあります。お米と餅花を飾るのはいかがでしょう。黒豆を添えてもいいですね。黄色くて丸いものは縁起物とされていますので、柚子や文旦と一緒に飾るのもいいですね」

餅花を生花と生けるなら、松を。
小ぶりで枝の整っているヒメゴヨウマツがおすすめ。

枡に米を入れて餅花と一緒に飾る。昆布と、赤い唐辛子を添えて。「唐辛子は冬の料理に重宝される食材です。魔除けの効果もあると言われています」
枡に米を入れて餅花と一緒に飾る。昆布と、赤い唐辛子を添えて。「唐辛子は冬の料理に重宝される食材です。魔除けの効果もあると言われています」
餅花と、ヒメゴヨウマツを活ける。「松は神様をお迎えする樹です。小型のヒメゴヨウマツは小さく生ける時に使いやすい種類です」
餅花と、ヒメゴヨウマツを活ける。「門松に松を使うように、松は神様をお迎えする樹だと言われています」

実りに感謝する餅花飾り

「稲穂は、節の上で切ると、葉の部分と稲穂の部分が分かれます。葉と稲穂、そして茎につけた餅花を重ねて束ねます」
束ねるのに使ったのはラフィア。結び目は稲の後ろになるように結ぶ。
 

そして、その上から水引を結ぶ。
「水引で結ぶとより改まった気分になります。水引は、赤が右、白が左にくるように結びましょう」

可憐でかわいらしい餅花。冬休みのお子さんに手伝ってもらっても、とてもよい思い出になるかも。

稲穂と餅花を束ね、水引を結んで飾る。
稲穂と餅花を束ね、水引を結んで飾る。
稲穂は節の上で切ると、稲穂と葉を分けることができる。上から、切り分ける前の稲穂(使うのは10本程度)、葉、稲穂。
稲穂は節の上で切ると、稲穂と葉を分けることができる。上から、切り分ける前の稲穂(使うのは10本程度)、葉、稲穂。
節の下の硬い茎の部分、3本に餅花をつける。
節の下の硬い茎の部分、3本に餅花をつける。
葉の上に稲穂、餅花を重ねて束ね、ラフィアできつく縛る。ラフィアは軽く湿らせてから使うと切れにくい。
葉の上に稲穂、餅花を重ねて束ね、ラフィアできつく縛る。ラフィアは軽く湿らせてから使うと切れにくい。
雨宮ゆかさん。花の教室「日々花」主宰。身近な草花を使って、生活に季節をとりこむ楽しみ方をレッスンしている。和の花を使った作風は人気が高い。工芸作家の器に生けるコラボレーションも評判を呼んでいる。著書に『花ごよみ365日』(誠文堂新光社)
雨宮ゆかさん。花の教室「日々花」主宰。身近な草花を使って、生活に季節をとりこむ楽しみ方をレッスンしている。和の花を使った作風は人気が高い。工芸作家の器に生けるコラボレーションも評判を呼んでいる。著書に『花ごよみ365日』(誠文堂新光社)