ToKoSie ー トコシエ

部屋の家具を外に持ち出そうクォリティの高いアウトドア家具を
家でも外でも使うアイディア

家でアウトドア気分を。
外では家のような快適性を

かさばるキャンプ道具の収納スペースをどう確保するか。これはキャンプ好きな人にとって、頭の痛い問題だ。日常を過ごす部屋がアウトドア用品に圧迫されて狭くなってしまうのは、快適さを求めてフィールドに出ているのはずなのに、なにか理不尽さを感じてしまうはずだ。

ならば、外でも家でも同じ家具で過ごせばいいじゃないか、という発想でスタートしたのが『INOUT(イナウト)』だ。家で快適に過ごせるクオリティの家具ならば、キャンプ場でも気持ちよく過ごせるはず。

「キャンプ道具を家でも使うというより、家具を外に持ち出そうという発想です。年に何回かしか使わないキャンプ道具をしまいこんでしまうよりエコロジーです」と『INOUT』のクリエイティブディレクターの沼田裕進さん。

アウトドア専用の家具である必要はない。家で気持ちよく過ごせる家具は、外でもいい時間を過ごすことができる。
アウトドア専用の家具である必要はない。家で気持ちよく過ごせる家具は、外でもいい時間を過ごすことができる。
オリジナルのチェアに脱着できるオットマンをとりつけて、ゆったりくつろげるシェーズロングに。
オリジナルのチェアに脱着できるオットマンをとりつけて、ゆったりくつろげるシェーズロングに。
ロッキングチェアタイプのカーミットチェア。腰が沈み込まないオリジナルのファブリックを使用。
ロッキングチェアタイプのカーミットチェア。腰が沈み込まないオリジナルのファブリックを使用。

必要な道具は箱にひとまとめにしておく

年に何度もキャンプをするキャンパーは特に毎回のキャンプ道具の出し入れが面倒に感じるはずだ。
キャンプに持っていく道具には、イスやテーブルといったものの他に、テントやタープ、寝袋やマット、食器や鍋、ストーブなどの調理道具、調味料類、ランタンやヘッドライト等の照明器具など、細々としたものが必要だ。それをキャンプに行く度に家の中からかき集め、終わった後に所定の位置に戻さなくてはならない。ならば箱の中にひとまとめにしておいて、キャンプに行くときは箱ごと持ち出すようにすればいい。
『INOUT』ではナラ材のボックスを販売している。家に帰ったら、リビングのシェルフに戻し、キャンプに行くときは箱ごと持ち出せばOK。
また、アウトドア用品は災害時に役に立つと言われているが、なにかあった時、ひとまとめにしておけば持ち出すのも簡単だ。
 

キャンプ場に着いたら、ボックスはスタッキングして調理台になったり、テーブルになったりと違う役目を果たすよう拡張オプションも用意されている。

キャンプ道具をスタックボックスに入れておく。家とキャンプ場で荷物の入れ替えはしない。簡単、便利。
キャンプ道具をスタックボックスに入れておく。家とキャンプ場で荷物の入れ替えはしない。簡単、便利。
スタックボックスのサイズは高さの違う2種類。色は3種類ある。板の隙間から中身がチラりと見えるのが便利。
スタックボックスのサイズは高さの違う2種類。色は3種類ある。板の隙間から中身がチラりと見えるのが便利。
スタックボックスには便利な拡張パーツも用意されている。蓋をかぶせればテーブルになる。火にかけた鍋をそのまま置けるステンレス板のカバーも。テーブルトップになるコネクタも。
スタックボックスには便利な拡張パーツも用意されている。蓋をかぶせればテーブルになる。火にかけた鍋をそのまま置けるステンレス板のカバーも。テーブルトップになるコネクタも。
キャンプから家に帰ったら、箱ごとシェルフに収める。次にキャンプに行くときは箱ごと持ち出す。スタックボックス専用のシェルフも用意されている。
キャンプから家に帰ったら、箱ごとシェルフに収める。次にキャンプに行くときは箱ごと持ち出す。スタックボックス専用のシェルフも用意されている。
コネクタの取り付け方はごく簡単。横から板と板の間にブスッと挿すだけ。
コネクタの取り付け方はごく簡単。横から板と板の間にブスッと挿すだけ。
ボックスを4段づつ重ね、コネクタを渡せばバーカウンターの完成。
ボックスを4段づつ重ね、コネクタを渡せばバーカウンターの完成。
コネクタを挿す高さを変えることもできる。
コネクタを挿す高さを変えることもできる。

家とキャンプ場の両方で使える
クォリティの高いテーブル

『INOUT』で一番最初に作ったアイテムがテーブルだったそうだ。
「まずは家の中と外の両方で使えるクォリティのテーブルを作りたいと考えました」と沼田さん。
アウトドア用のテーブルはアルミやプラスティック素材のものが多いが、『INOUT』のテーブルは、天然由来のオイルで仕上げた無垢のナラ材と、スチールの脚を組み合わせている。自然素材は傷がついてもそれが味になるのが魅力だ。

「テーブルのフレームに、シェラカップの把手やS字フックを掛けられるスチールのバーがついているのですが、アウトドアではもちろん、室内でもとても重宝します」

リビングで使っているテーブルを、アウトドアに持ち出そう。
リビングで使っているテーブルを、アウトドアに持ち出そう。
このテーブルは『INOUT』が作った最初のアイテム。テーブルトップのサイドのバーに小物を掛けられるのがとても便利。脚の高さは2種類から選べる。
このテーブルは『INOUT』が作った最初のアイテム。テーブルトップのサイドのバーに小物を掛けられるのがとても便利。脚の高さは2種類から選べる。
脚と天板を取り外すことができる。さらにスチールの枠から天板を取り外し、丸めて持ち運べる。
脚と天板を取り外すことができる。さらにスチールの枠から天板を取り外し、丸めて持ち運べる。
脚もナラ材でできたテーブルも。軽くて持ち運びがしやすい。
脚もナラ材でできたテーブルも。軽くて持ち運びがしやすい。
仕舞う時は、テーブルトップをくるくると丸め、脚はクルリと回転させればスリムに畳むことができる。
仕舞う時は、テーブルトップをくるくると丸め、脚はクルリと回転させればスリムに畳むことができる。

キャンプ場で美味しいコーヒーを楽しもう

キャンプ場で何をするか。家ではできない豪快な焚き火料理を楽しみたいし、一方では、家と同じように美味しいコーヒーも味わいたい。
『INOUT』では、キャンプ場に持っていけるコーヒーを淹れるキットもオリジナルで制作している。移動用の箱はドリッパーを立てる台を兼用。

「オリジナルの豆やマグカップなど、コーヒー周りのアイテムに力を入れています。また、店内でもコーヒーを楽しんでいただけるよう準備を整えています。どうぞ『INOUT』に遊びに来てください」

1キャンプサイトの清々しい空気とともに味わうコーヒーは格別な味。コンパクトな箱の中に、本格的なコーヒードリッパーが収められているドリッパーキット。
キャンプサイトの清々しい空気とともに味わうコーヒーは格別な味。コンパクトな箱の中に、本格的なコーヒードリッパーが収められているドリッパーキット。
ガラスのドリッパー、耐熱ビーカー、緩衝材代わりになる厚手のクロスが箱の中にキッチリと収まる。
ガラスのドリッパー、耐熱ビーカー、緩衝材代わりになる厚手のクロスが箱の中にキッチリと収まる。
ヴィンテージのコールマンのバーナーでお湯を沸かし、コーヒーを淹れる『INOUT』クリエイティブディレクターの沼田裕進さん。
ヴィンテージのコールマンのバーナーでお湯を沸かし、コーヒーを淹れる『INOUT』クリエイティブディレクターの沼田裕進さん。
INOUT


Information

INOUT

東京都中央区東日本橋3-11-10 ユタカビル1F
03-6661-7227
12:00~20:00(土日祝は18:00まで)
月曜定休