ToKoSie ー トコシエ

狭小アパートをギャラリーにアートとアンティークで彩る
スケルトンの実験空間

自由度の高い賃貸を見つけて

「ここまで何もない空間ってなかなかないですよね。オーナーに理解とセンスがないと、こんな思いきったリノベはできないと思います」。
amanojackさんが暮らすのは25㎡の賃貸マンションの一室。リノベ済みの物件に絞り探す中で、躯体現しのスケルトンの部屋に出会った。
「何もない空間がよかったんです。自分の生活に合わせて、好きなようにつくり変えられるので。ここは理想的でした」。
東向きのため、朝、やわらかい光が差し込んでくるが、コンクリートの壁に吸収される。
「冬は寒いですよ(笑)。でもそれは僕には欠点にはならないんです。それよりもウソっぽい質感が嫌いで。プラスチック、クッションフロア、メラミンなどが苦手です(笑)」。
素材感にこだわり、余計なものを削ぎ落とした空間を独自の感性で思い通りに彩り、amanojackさんは暮らしている。
スケルトンの空間を、ギャラリーのように演出。
スケルトンの空間を、ギャラリーのように演出。
やわらかい光が入るワンルーム。古道具やアーティストの作品が似合う。
やわらかい光が入るワンルーム。古道具やアーティストの作品が似合う。
コンクリートの荒々しさと繊細な飾り付けをミックス。フロアライトは福岡のアンティーク家具、服、雑貨の店「krank marcello」で。
コンクリートの荒々しさと繊細な飾り付けをミックス。フロアライトは福岡のアンティーク家具、服、雑貨の店「krank marcello」で。

足りないものはDIYで制作

何もないコンクリートの箱の中には、まずDIYでパウダールームをつくった。
「脱衣や洗面を行うところを目隠ししたかったんです。引っ越す前に図面を描いて、この場で造りました」。
柱をつくり、白くペイントしたベニヤ板を壁として立たせて、住宅の基礎に使われる鋼製束で支えた。石膏ボードがむき出しだったバスルームまわりの壁は、自由に塗装ができたので白くペイント。
「他にも下駄箱や棚、ベッドのフレームなどもDIYで作りました。家具を探しても、ちょうどいいものに出会うのにはタイミングがあるので、見つからないと自分で作ってしまいますね」。
コンクリートに包まれた空間の中で、唯一残っていたのはキッチンの薄い緑色のタイル。
「これを残しておいてくれたのはうれしかったですね。普通、リノベするなら取ってしまえ、となると思うんですけど」。
淡いモスグリーンのような、昭和の雰囲気も感じられるタイルが、古道具やアンティークの雑貨、植物柄のマグカップなどに調和する。
DIYでつくったパウダールーム。天井と柱の間にかませているのが、鋼製束。
DIYでつくったパウダールーム。天井と柱の間にかませているのが、鋼製束。
パウダールームの中はこんな感じ。ちょうどいいものが見つからない収納は、処分するか売るかができるもので代用。
パウダールームの中はこんな感じ。ちょうどいいものが見つからない収納は、処分するか売るかができるもので代用。
キッチンのタイルが部屋のアクセントに。生活感が出る冷蔵庫や電子レンジを隠すため、囲いをDIYで作った。
キッチンのタイルが部屋のアクセントに。生活感が出る冷蔵庫や電子レンジを隠すため、囲いをDIYで作った。
キッチンの壁もドライフラワーや布の端切れなどでディスプレイ。キッチン台はサンワカンパニーのもの。 
キッチンの壁もドライフラワーや布の端切れなどでディスプレイ。キッチン台はサンワカンパニーのもの。 
ベルギーの「BOCH」の器を集めている。アースカラーに華やかな柄の組み合わせがお気に入り。
ベルギーの「BOCH」の器を集めている。アースカラーに華やかな柄の組み合わせがお気に入り。
蚤の市で購入した植物標本でパネルを隠している。
蚤の市で購入した植物標本でパネルを隠している。
無機質な家電にドライフラワーをアレンジ。
無機質な家電にドライフラワーをアレンジ。

蚤の市でお宝を発掘

「古いものが好きで、東京蚤の市や大江戸骨董市などに行っています。蚤の市は僕にとって宝探しですね」。
アンティークの家具や雑貨はもちろん、ドライフラワーや生地の端切れなどを自分でアレンジしては、ディスプレイを楽しんでいる。
「ヨーロッパの古いものが好きなんです。ダイニングのイスはフランスのアンティークショップで買って送ってもらいました。送料の方が高かったんですけどね(笑)」。
ダイニングテーブルは古い足場板を使って作った天板に、アイアンの脚を自分で組み合わせたもの。蚤の市で買った文字盤を活かして作った時計も、この空間の中で時を刻んでいる。
「セオリーは特に意識していなくて、こうしたら面白いんじゃないかな? と思うことをやってみています」。
次に手をつけたいのは床とクローゼットなのだそう。
「フローリングかカーペットを床に敷き、木単管を使ってクローゼットを作りかえようかなと。ネットで情報を集めては、プランを練って楽しんでいます。いずれは自分で一からリノベーションをやってみたいですね」。
DIYで作った本棚を使ってディスプレイ。壁にアレンジされた布の端切れは、額をイメージしたもの。
DIYで作った本棚を使ってディスプレイ。壁にアレンジされた布の端切れは、額をイメージしたもの。
週1回だけ開く古物店「HYST」で買った棚。いちばん下の箱型蓄音機の中にはAlexaを収めている。
週1回だけ開く古物店「HYST」で買った棚。いちばん下の箱型蓄音機の中にはAlexaを収めている。
「krank marcello」で買ったライト。滑車のような形が面白い。
「krank marcello」で買ったライト。滑車のような形が面白い。
フランスから送ったアンティークのイスを愛用。
フランスから送ったアンティークのイスを長く愛用。
イタリアの蚤の市で買った糸紡ぎ、植物標本にはまって制作した額などをディスプレイ。 
イタリアの蚤の市で買った糸紡ぎ、植物標本にはまって制作した額などをディスプレイ。 
シダのドライフラワーは、表参道の「TOKYO FANTASTIC」で購入。古家具にもコンクリートにも似合う。
シダのドライフラワーは、表参道の「TOKYO FANTASTIC」で購入。古家具にもコンクリートにも似合う。
銅版画のアーティスト、富田惠子さんの作品。マグネットでとめて吊るしている。
銅版画のアーティスト、富田惠子さんの作品。マグネットでとめて吊るしている。
蚤の市で購入した古い文字盤に、アマゾンで入手した時計のキットを組み合わせて自作。
蚤の市で購入した古い文字盤に、アマゾンで入手した時計のキットを組み合わせて自作。
都心のアクセスのよい繁華街に暮らすamanojackさん。「狭小アパートメント暮らしの実験」をInstagramで発信している。
都心のアクセスのよい繁華街に暮らすamanojackさん。「狭小アパートメント暮らしの実験」をInstagramで発信している。