ToKoSie ー トコシエ

素材のバランスで見せる大好きな鉱物と暮らす
小さな博物館のように設えた部屋

デザイナーズマンションを卒業

フリーランスの編集者・ライターとして活躍する傍ら、鉱物好きが高じて鉱物世界の新しい魅力を紹介提案する『鉱物アソビ』などの本の執筆や、「鉱物Bar」というお酒を片手に石を愛でるイベントを催しているフジイキョウコさんの住まいを訪れた。
低層住宅街にある築十数年ほどの小規模マンションの明るい角部屋だ。「以前はコンクリート打ちっぱなしのメゾネットタイプのマンションに住んでいたんです。いわゆるデザイナーズマンションで、秘密基地みたいで鉱物を置いたら映えるようなところが気に入って。でも住んでみたらやっぱり見た目重視なので使い勝手と住み心地がとても悪かったんです。それで耐えられず、このなんていうことのない住み心地の良さそうなマンションに引っ越したんです」と話すフジイさん。室内は明るく、古い家具を置きながらすっきりとまとめている。そしてその家具の中には、アンティークの標本瓶や博物アイテム、鉱物がディスプレイされており、飽きることなく見ていられる。
本棚は実家で使用していた古いもの。天井照明も昭和初期のもので、あえて光を抑えて。
本棚は実家で使用していた古いもの。天井照明も昭和初期のもので、あえて光を抑えて。
ハイデルベルグの薬局で購入した古い薬瓶をディスプレイ。手前にアンティークの結晶模型を並べて。
ハイデルベルグの薬局で購入した古い薬瓶をディスプレイ。手前にアンティークの結晶模型を並べて。
背の低い棚には、酒器などガラス製器類を見せながら収納して、リビングとキッチンの間仕切りに。
背の低い棚には、酒器などガラス製器類を見せながら収納して、リビングとキッチンの間仕切りに。
大学から譲り受けた鉱物岩石専用の大きな標本棚。上段にお気に入りの鉱物を飾り、各抽斗に大量の鉱物を分類し収納。
大学から譲り受けた鉱物岩石専用の大きな標本棚。上段にお気に入りの鉱物を飾り、各抽斗に大量の鉱物を分類し収納。
ドーム型のガラスケースを並べて。フランスで見つけたオーバルのガラスドームは珍しい。
ドーム型のガラスケースを並べて。フランスで見つけたオーバルのガラスドームは珍しい。

気取らず暮らしやすいバランスで

「岐阜出身なのですが、綺麗な川が多くて父の好きな鮎釣りに付いていっては石を拾っていました。小さい頃からなんとなく硬くて透明感のあるものに惹かれるんです。インテリアも金属やガラスのものが好きです。道具的なものや理化学硝子など、余計な装飾がなくて硬質な質感のものばかり集めてしまって。部屋のイメージとしては、昔の個人医院や博物館のような雰囲気ですかね」と話すように、どこか質感に統一感のあるものでまとめられている。
古いものも好きで、家具は古道具店で少しずつ買い集めてきたものや、実家から譲り受けたもの。リビングでテーブルとしてつかっているものは、フジイさんの祖父が大工さんにつくってもらったという70年前のデスク。「ヨーロッパの古くて線の細い家具も好みなんですが、毎日の生活で気を使わずに使えるものがいいと思って。結局無意識で居られるものの方がいいですよね。若いときは流行の家具とか新しいものを買うこともありましたが、やっぱりなじまなくて結局処分しました。自分の好きなものが流行のものではなくガラスと金属なんだなあと改めて思いますね」。木の家具が金属やガラスと空間をバランスよく中和している。
鉱物専用の標本室では、コレクションしている鉱物を愛でたり、イベント時の作業を行う。窓辺の明るいところでお茶を楽しむことも。
鉱物専用の標本室では、コレクションしている鉱物を愛でたり、イベント時の作業を行う。窓辺の明るいところでお茶を楽しむことも。
博物館のミュージアムショップで見つけたスタンド型ルーペは鉱物を愛でるのに重宝する。
博物館のミュージアムショップで見つけたスタンド型ルーペは鉱物を愛でるのに重宝する。
My collectionの鉱物標本のごく一部。好みは繊細な形と煌きのある質感の鉱物。
My collectionの鉱物標本のごく一部。好みは繊細な形と煌きのある質感の鉱物。

自分なりに魅力を見つける楽しみ

毎年鉱物の仕入れに海外へ出かけるというフジイさん。その時に蚤の市や古道具屋などで自分の好きな小物を見つけては大切に持ち帰り部屋にディスプレイする。「私の好きなものは、大学の放出品だったり薬局だったり意外な場所で見つけることが多いです。お酒も好きなので、日本に輸入されていない現地の地元のハーブでつくられている蒸留酒なんかを酒屋で見つけて買ってきます」。プライベートでは友人を自宅に呼んで鉱物を見ながら買ってきたお酒を楽しむこともあるという。
「私は珍しいとか高価だとか、たくさんコレクションしている、ということよりも一つの鉱物を今日はこんな光で見たらこんな表情があった、とか自分で発見するのが楽しいんです。だから家でも自分なりにディスプレイして楽しんでいます。鉱物は成分や成り立ちも大事ですが、その鉱物が人間の暮らしにどう関わってきたのか歴史や比較的文化的な背景に興味があるんですね。だから、鉱物標本も、暮らしの中でどう愉しめるのか日々実践しているんです」。
寝室も間接照明でほの暗く落ち着く空間に。テレビなどはこちらの部屋で観る。照明や棚も古いもので。
寝室も間接照明でほの暗く落ち着く空間に。テレビなどはこちらの部屋で観る。照明や棚も古いもので。
右の標本瓶に入っている青い結晶は岩塩で、実はこれも鉱物。海外で見つけてきたクラフトジンや鮮やかな色が美しいリキュールなど、日本未入荷のお酒を飲むのが家での楽しみ。
右の標本瓶に入っている青い結晶は岩塩で、実はこれも鉱物。海外で見つけてきたクラフトジンや鮮やかな色が美しいリキュールなど、日本未入荷のお酒を飲むのが家での楽しみ。