ToKoSie ー トコシエ

湘南の生活を満喫大きなテーブルとキッチンで
お客様をおもてなし

海の見えるテラスではヨガも

広いテラスからはもちろん、大きなコの字型のキッチンからも、湘南・秋谷の海の輝き、そして天気のよい日には富士山も目に飛び込んでくる。

部屋はシャビーな色づかいに、ウイットに富んだオブジェが感性豊かにコーディネイトされている。片柳玲子さんが、自分流のライフスタイルを存分に楽しんでいるのが伝わってくる。

そんな片柳邸にはたくさんのお客様が訪ねてくるそう。客人を迎えるのは大きなテーブルだ。このテーブルは、大工さんにこの部屋で作ってもらったのだとか。
「継ぎ目のない長い板を使ったテーブルが欲しかったんです。外で組み立てると玄関ドアから入れられないので、部屋の中で作ってもらいました」

片柳邸のリノベーションを手がけたのは世田谷区駒沢の『GECKO』。ショップが改装になり、不要になった棚をタイミングよく譲り受けた。壁をふかせて設置し、エアコンも中に収めた。
片柳邸のリノベーションを手がけたのは世田谷区駒沢の『GECKO』。ショップが改装になり、不要になった棚をタイミングよく譲り受けた。壁をふかせて設置し、エアコンも中に収めた。
大人数のパーティの時は、ガラス製のサーバーにデトックスウォーターを作り、好きに飲んでもらうそう。
大人数のパーティの時は、ガラス製のサーバーにデトックスウォーターを作り、好きに飲んでもらうそう。
「イスはひとつひとつ気に入ったものを買い集めました。このバラバラな感じが気に入っています」
「イスはひとつひとつ気に入ったものを買い集めました。このバラバラな感じが気に入っています」
「キノコや、森の中の生き物が、好みのモチーフです。特にキノコが好きで、どんどんキノコのものが増えてます」
「キノコや、森の中の生き物が、好みのモチーフです。特にキノコが好きで、どんどんキノコのものが増えてます」
棚に飾られているのは森の動物だけではなく、海の生物も。「タコのオブジェ、いいでしょう?」
棚に飾られているのは森の動物だけではなく、海の生物も。「タコのオブジェ、いいでしょう?」

靴をはいたままでどうぞ

6年前に、築約30年の3LDKのマンションを2LDKにリノベーション。
「以前は和室もありました。この家に女優の沢村貞子さんが住んでらしたそうです。沢村さんが眺めてらした富士山を、私も見ているのかと思うと感慨深いですね」と、玲子さん。

「夫は間取りに関しては意見を言いますが、インテリアは私の好きにさせてくれます。犬がいるので床は滑りにくいモルタル樹脂にして、土足の生活をしています。ここ秋谷の家はウィークエンドハウスとして使っていることもあって、ビーチで遊んできた靴のまま家に入れるスタイルは気分転換にもなって、夫も気に入っているようです」

土足は女性のお客様にも喜ばれているとか。
「靴をはいたままでいられるので、洋服のコーディネイトが崩れないからだと思います」

暖炉の上のキャンドルや多肉植物。右のボードは、ハロウィンパーティで柩を作った時の箱の一片だそう。
暖炉の上のキャンドルや多肉植物。右のボードは、ハロウィンパーティで柩を作った時の箱の一片だそう。
スイス軍の折畳みテーブルをふたつ重ねて棚に。ハロウィンパーティで使ったものを飾っている。
スイス軍の折畳みテーブルをふたつ重ねて棚に。ハロウィンパーティで使ったものを飾っている。
絵本の一コマのような物語を感じさせるディスプレイ。エアプランツの不思議なフォルムも世界観に一役買っている。
絵本の一コマのような物語を感じさせるディスプレイ。エアプランツの不思議なフォルムも世界観に一役買っている。
ベッドカバーとクッションの色使いで部屋のムードを作っている。イスの丸みのあるフォルムも素敵。
ベッドカバーとクッションの色使いで部屋のムードを作っている。イスの丸みのあるフォルムも素敵。
洗面所は海の中を感じさせるブルーの空間。
洗面所は海の中を感じさせるブルーの空間。
 
玄関に飾っているキャンドルは、リモコンでオンオフや光量の調節ができる。「犬もいるので、本物の火を使わないキャンドルが安心です」
玄関に飾っているキャンドルは、リモコンでオンオフや光量の調節ができる。「犬もいるので、本物の火を使わないキャンドルが安心です」

毒をピリリと効かせたインテリア

友人を招いたパーティでは、コの字型の大きなキッチンカウンターの上に料理を並べ、自分で自由に取り分けるスタイルにすることが多いそう。気兼ねなく楽しんでもらうスタイルだ。
「1度に25人くらいのお客様がいらっしゃることもあります。お料理を持ってきていただいたり、ここのキッチンで作ってもらったり。この辺りはシーフードも野菜も美味しいので、男性陣にテラスでバーベキューしてもらうことも多いです」 

ハロウィンには段ボールを持ち寄って、柩を作って楽しんだそうだ。
「2日間かけて作ったのですが、初日はカッターを使うのでお子さんの参加は禁止とさせていただきました(笑)。2日目はカッター禁止で、お子さんも参加。ドレスコードはオバケ。マイケル・ジャクソンの『スリラー』を踊って、とても楽しかったです。ちょっと毒っぽいものが入るインテリアが好きなので、作った柩の一部を今も飾っています」

片柳さんにとって秋谷の家は、存分に生活を楽しむための拠点になっているようだ。

「キッチンから富士山が見えます。富士山を見ていると、ありがたい気持ちになります」
「キッチンから富士山が見えます。富士山を見ていると、ありがたい気持ちになります」
コの字型のキッチンから秋谷の海が一望。「今日はどんな富士山が見えるかな?というのが、朝起きるモチベーションになります」
コの字型のキッチンから秋谷の海が一望。「今日はどんな富士山が見えるかな?というのが、朝起きるモチベーションになります」
広々とした富士山が見える側のテラスでは、ヨガ教室を開くこともあるそう。
広々とした富士山が見える側のテラスでは、ヨガ教室を開くこともあるそう。
表情のあるキッチンカウンターのテクスチャー。「パーティの時はカウンターに料理を並べて、バイキング形式で自由にとってもらうようにすることが多いです」
表情のあるキッチンカウンターのテクスチャー。「パーティの時はカウンターに料理を並べて、バイキング形式で自由にとってもらうようにすることが多いです」