ToKoSie ー トコシエ

アンティークとモダンの融合つくり込みすぎない
ミックススタイルが気分

カフェやブティックが立ち並ぶ、憧れの通り沿い。林聡子さんはここに建つ築45年のヴィンテージマンションにこだわり暮らしている。

「最初は下の階に住んでいたんです。賃貸でも手を入れていいと聞き、今の部屋に越してきました。便利で環境もいいこのエリアからは離れがたいし、ベランダの手すりのデザインとか、古いマンションのちょっとしたディテールが好きなんです。手の入れがいがあると思いますね」。

表通りのイチョウ並木や、都心の景色が眼下に広がる6階の部屋は、フラワーデザイナーとして世界各地を飛び回る林さんならではのシックで華やかなセンスに彩られていた。

リビングで寛ぐ林さん。「イデー」のソファーは布を張り替えて愛用している。
リビングで寛ぐ林さん。「イデー」のソファーは布を張り替えて愛用している。
かつては通路だったスペースも、壁を取り払ったことで広々とした。細長いテーブルが仕切り代わりに。
かつては通路だったスペースも、壁を取り払ったことで広々とした。細長いテーブルが仕切り代わりに。

古さを活かしてリフォーム

入居前にまず行ったのは床と壁の張り替え。「白とグレーを基調にしたヨーロッパ的な空間にしたかったんです。壁は白、床はボルドーパインの無垢材を張ってもらいました」。ヴィンテージ加工された床には自然なエイジング感がある。「真っ白もあったのですが、それだと無機質すぎてしまって。ほどよい感じがいいですね」。

キッチン前にあった通路は、壁を取り壊して広く明るく。「キッチンにはブラウン系のタイルが貼ってありアメリカンヴィンテージ風だったので、椅子やテーブルもそれに合わせるようにしました」。テーブルはスペースに合わせ、細身の1枚板を買って脚を取り付けてもらった。重厚感のあるクラシカルな雰囲気が、キッチン側には漂っている。

落ち着いた雰囲気のキッチン。手前の椅子は代官山の「アスプルンド」で購入。
落ち着いた雰囲気のキッチン。手前の椅子は代官山の「アスプルンド」で購入。
シックで華やかな雰囲気のリビング。白いキャビネットはフランスの「ブラン・ディボワール」のもの。
シックで華やかな雰囲気のリビング。白いキャビネットはフランスの「ブラン・ディボワール」のもの。
何気ない日用品もディスプレイの一部に。アンティークの木箱などもナチュラル感を添える。
何気ない日用品もディスプレイの一部に。アンティークの木箱などもナチュラル感を添える。
スージー・クーパーのコーヒーカップや、子どもの思い出の品など。白をベースに飾り付け。
スージー・クーパーのコーヒーカップや、子どもの思い出の品など。白をベースに飾り付け。
「畳が好きなので和室は残したかったんです」。和箪笥はアンティークの「山本商店」で。風神雷神図屏風はお子さんの作品!
「畳が好きなので和室は残したかったんです」。和箪笥はアンティークの「山本商店」で。風神雷神図屏風はお子さんの作品!

モダンと古いもののミックス

リビング側は、部屋のイメージに合わせて購入したという白いキャビネットに、グレーにペイントしたテーブルなど、ヨーロッパ調のテイストで家具を統一。そのまわりのディスプレイには、モダンで独創的な雰囲気が溢れる。

「キャビネットの上は学生時代から気に入っているフォルナセッティや倉俣史郎の作品を飾っています。モダンな中にちょっとアンティークを取り入れると映えると思うし、色々なものをミックスするのが好きですね。子どもたちの描いた絵も額に入れて飾っています」。

仕事や旅行で訪れる海外で買ってきた小物なども。玄関ではスーツケースを、収納も兼ねつつディスプレイに使っている。

「このマンションでもうひとつ気に入っているのは、玄関の広さなんです。入り口の印象がよいとお客様の印象も違ってきますよね。だから広さを活かして、あまりごちゃごちゃしないディスプレイを心がけています」。白をベースにした空間に、味のある小物と花の合わせ方が訪れる人の目を奪う。

玄関からのシーン。ナチュラルでシックな空間の向こうに都心の景色が広がる。
玄関からのシーン。ナチュラルでシックな空間の向こうに都心の景色が広がる。
玄関のチェストの上も、林さんの世界観を表現。多肉植物やアンティークが溶け合う。
玄関のチェストの上も、林さんの世界観を表現。多肉植物やアンティークが溶け合う。
リビングのテーブルは仕事の作業台の脚を切り、グレーにペイントして再利用。海外のインテリア本を参考に。
リビングのテーブルは仕事の作業台の脚を切り、グレーにペイントして再利用。海外のインテリア本を参考に。
「山本商店」で購入したアンティークの下駄箱は、ご主人とふたりで白に塗り直した。
「山本商店」で購入したアンティークの下駄箱は、ご主人とふたりで白に塗り直した。
リビングのキャビネット上。フォルナセッティのアートや倉俣史郎のアクリル1輪差し。
リビングのキャビネット上。フォルナセッティのアートや倉俣史郎のアクリル1輪差し。
インゴマウラーの照明。紙製のパーツは、林さんがトレーシングペーパーに花の写真プリントしたものに差し替えている。
インゴマウラーの照明。紙製のパーツは、林さんがトレーシングペーパーに花の写真プリントしたものに差し替えている。

つくり込みすぎない花あしらい

林さんは以前、長期で入院したことがあり、その際にお見舞いでもらった花がきっかけでイギリスへ花留学。それが今の仕事につながっているという。「枯れた花をアレンジしたり、デッサンしたりしているうちにはまっていきました。色々な経験を経て、住空間も好きなものに囲まれていることが大事だと実感しましたね」。

さり気なくテーブルにあしらわれた花、大胆に活けられた花など、林さんのフラワーアレンジがこの部屋のインテリアの醍醐味。「飾り方にはある程度計算もありますが、無造作感を大事にしています。あまりきれいにしてしまうと不自然になってしまいます。住空間なのでどこかで摘んできてガサッと入れた、くらいの感じがちょうどいいと思いますね」。

つくり込みすぎないナチュラル感、各ジャンルのミックスが、居心地のいい空間を生み出しているようだ。

部屋の中にいつも花は欠かさない。大胆かつナチュラルなアレンジが見事。左はアカシア、右はミモザ、エリカ、グズマニアなど
部屋の中にいつも花は欠かさない。大胆かつナチュラルなアレンジが見事。左はアカシア、右はミモザ、エリカ、グズマニアなど
花は紫のキャンドルに合わせてライラックを。色を混ぜ合わせないアレンジもプロの技。
花は紫のキャンドルに合わせてライラックを。色を混ぜ合わせないアレンジもプロの技。
ベランダでも観葉植物を育てている。オリーブのナチュラル感が、ヴィンテージ加工の無垢の床に合う。
ベランダでも観葉植物を育てている。オリーブのナチュラル感が、ヴィンテージ加工の無垢の床に合う。
キッチンのテーブルの上にも花をディスプレイ。空き瓶を活用して無造作に。
キッチンのテーブルの上にも花をディスプレイ。空き瓶を活用して無造作に。
林さんは自宅マンションとアトリエを行き来する毎日。フラワーコーディネートの他、フラワーレッスンも担当する。mini et maxi http://minietmaxi.com
林さんは自宅マンションとアトリエを行き来する毎日。フラワーコーディネートの他、フラワーレッスンも担当する。mini et maxi