ToKoSie ー トコシエ

苔玉づくりに挑戦愛らしさと瑞々しさ
癒しのグリーンをインテリアに

初めてでも意外と簡単

丸々したカタチとふわふわとした佇まい、瑞々しさで、癒し感を与えてくれる苔玉。和の雰囲気がありながら、合わせる器によっては洋にも似合い、インテリアとして人気だ。
「もともと苔好き女子だったんです(笑)。苔を使って何かをつくりたいと思い、ワークショップなどに通って独学ではじめました」。
というのは、苔玉とミニ盆栽のお店「緑庵-midorian-」を営む幸加木菊恵さん。
「盆栽は初心者には敷居が高いのですが、苔玉なら好きな植物の苗とハイゴケを組み合わせれば、意外と簡単につくれます」。
まるっとしたカタチは自分でつくればなお愛おしい。季節感のある植物や山野草、観葉植物など、自由に組み合わせて楽しんでみたい。
海外でも注目の苔玉。季節の植物で和風にアレンジしたり、ガジュマルなどで南国風にしたりと、色々楽しめる。
海外でも注目の苔玉。季節の植物で和風にアレンジしたり、ガジュマルなどで南国風にしたりと、色々楽しめる。
常緑高木ガジュマル(左)と、螺旋の形状がおもしろいラセンイ(奥)、山野草ヒメトクサ(右)。器は作家・奥絢子さん作。
常緑高木ガジュマル(左)と、螺旋の形状がおもしろいラセンイ(奥)、山野草ヒメトクサ(右)。器は作家・奥絢子さん作。
シダ植物のイワヒバ(左)に、観葉植物ヘデラ(右)。
シダ植物のイワヒバ(左)に、観葉植物ヘデラ(右)。
人気の高いガジュマル。ユニークなカタチが魅力。
人気の高いガジュマル。ユニークなカタチが魅力。

自由なアレンジでスタート

「所要時間は初心者でも30分〜40分。意外と簡単です」。
という苔玉づくり。そのつくり方とコツを幸加木さんに伺った。
「ケト土1に対して赤玉土1/2、富士砂1/4、くん炭1/4、マグァンプ少々の割合で土を混ぜるところからスタートします。大事なポイントは糸を巻いていくときに苔のボサボサしたところを残さないこと。しっかり巻いて固めることで、後から苔がキレイに生えてきます」。
ホームセンターなどで必要な道具や素材を揃え、好みの植物の苗を選んで取りかかろう。今回は山野に自生し5〜6月に花を咲かせる、野趣を感じさせる野イバラをチョイス。
土と元肥のマグァンプ、植物の苗、ハイゴケにハサミ、ナイロン糸、ピンを用意。
土と元肥のマグァンプ、植物の苗、ハイゴケにハサミ、ナイロン糸、ピンを用意。
①土を入れたバケツに、少しずつ、土に染み込む程度に水を注ぎ入れる。
①土を入れたバケツに、少しずつ、土に染み込む程度に水を注ぎ入れる。
②土をあまり潰さないよう気をつけつつ、ほぐしながら混ぜる。
②土をあまり潰さないよう気をつけつつ、ほぐしながら混ぜる。
③ひとまとまりになるくらいに混ぜたら、おだんご状にする。
③ひとまとまりになるくらいに混ぜたら、おだんご状にする。
④アレンジしたい苗を器から取り出して、まわりの古い土を取る。
④アレンジしたい苗を器から取り出して、まわりの古い土を取る。
⑤ウレタンシートの上に、③を苗よりひとまわり大きいサイズに広げ、その上に苗を載せる。
⑤ウレタンシートの上に、③を苗よりひとまわり大きいサイズに広げ、その上に苗を載せる。
⑥シートの下から手で包み込み、苗のまわりに土をつけるようにする。
⑥シートの下から手で包み込み、苗のまわりに土をつけるようにする。
⑦ウレタンシートを敷いてハイゴケを裏返して置き、その上に⑥を載せる。
⑦ウレタンシートを敷いてハイゴケを裏返して置き、その上に⑥を載せる。
⑧再びシートでくるむように下から手で包み込む。
⑧再びシートでくるむように下から手で包み込む。
⑨まわりにハイゴケをつける。
⑨まわりにハイゴケをつける。
⑩糸でまわりを巻いて固める。糸巻きは小さい器に入れて行うとやりやすい。
⑩糸でまわりを巻いて固める。糸巻きは小さい器に入れて行うとやりやすい。
⑪糸は同じところを巻かないように、斜め45度くらいずつずらして50〜60回程巻く。
⑪糸は同じところを巻かないように、斜め45度くらいずつずらして50〜60回程巻く。
⑫10cm程糸を残してカットし、糸の端にピンを引っ掛けて留める。
⑫10cm程糸を残してカットし、糸の端にピンを引っ掛けて留める。
⑬ピンを苔玉の底に押し込んで、糸を固定する。
⑬ピンを苔玉の底に押し込んで、糸を固定する。
このまま置いても、器に入れても、ハンギングしても。インテリアに合わせて飾りたい。
このまま置いても、器に入れても、ハンギングしても。インテリアに合わせて飾りたい。

光・水・風を忘れずに

完成した苔玉はきちんと管理すれば5年くらい楽しめるそう。
「苔といってもハイゴケは日当りのよいところで育ちます。多くの植物のように、光・水・風当たりを確保することが大事です。苗によっても違いますが、明るく風通しのよい場所に置き、寒くなる秋〜春までは室内管理がいいでしょう」。
春〜夏なら毎日、冬は1週間に1回、苔の全体を水につけて水分を与えよう。またお皿に水を張っておけば常に湿らせておくことができる。
「鉢はなくても、丸っとしたカタチをそのまま置いておくだけでも癒されます」。
部屋のどこにでも置いて、インテリアグリーンを楽しみたい。

洗面器などに水を張り、苔全体を15〜30分程つけておく。春〜夏は毎日行おう。
洗面器などに水を張り、苔全体を15〜30分程つけておく。春〜夏は毎日行おう。
お皿に少しだけ水を張っておくのも手。茶色く変色したら乾燥してきたサインなので注意。
お皿に少しだけ水を張っておくのも手。茶色く変色したら乾燥してきたサインなので注意。
苔玉とミニ盆栽のお店「緑庵-midorian-」の幸加木菊恵さん。ネットでも完成品を販売するほか、ワークショップも開催。
苔玉とミニ盆栽のお店「緑庵-midorian-」の幸加木菊恵さん。ネットでも完成品を販売するほか、ワークショップも開催。
アトリエは自然豊かな秦野市に。温かなハウスでミニ盆栽の苗が育てられている。
アトリエは自然豊かな秦野市に。温かなハウスでミニ盆栽の苗が育てられている。
南国風のテーブルヤシやガジュマル、観葉植物のへデラ、ワイヤープランツなど。和はもちろん、洋風のインテリアにも映える。
南国風のテーブルヤシやガジュマル、観葉植物のへデラ、ワイヤープランツなど。和はもちろん、洋風のインテリアにも映える。