ToKoSie ー トコシエ

H.P.DECOスタッフの小部屋好きなものを愛でる
アートな暮らし

ギャラリーのような階段を通って

『H.P.DECO』でディスプレイデザインを担当する北濱有樹さん。妻・香織さんとの新居に選んだのは、中庭や隣家の緑の借景に恵まれた賃貸の1室だ。
「南側にも北側にも窓があり、光が通り抜けるんです。まわりの自然を活かした造りに、大家さんの美意識を感じますね」。
ファッショングラフィックの仕事に携わる香織さんは、当初、打ち放しなどのインダストリアルな空間を希望していたそう。
「妻はマテリアル感のある空間が良かったのですが、僕はそれだと箱の印象が強くなりすぎてしまうかなと。自分たちが持っている家具を引き立てるためには、やはり自由が効く白い空間がいいという考えに、最終的に落ち着きました」。
玄関を入ると、階段をあがって2階の居住スペースへ。階段の途中には、おふたりがそれぞれ制作した作品が飾られ、静謐なギャラリーに招かれたかのよう。
選び抜いた好きなもので囲まれたLDK。リネンのカーテンを通して、やわらかな光が差し込む。
選び抜いた好きなもので囲まれたLDK。リネンのカーテンを通して、やわらかな光が差し込む。
暮らしの中心であるダイニングまわり。フランスの年代もののテーブルの上には、ASTIER de VILATTEや、鉱石を樹脂で固めたコンポート、La Soufflerieのフラワーベースなどを。
暮らしの中心であるダイニングまわり。フランスの年代もののテーブルの上には、ASTIER de VILATTEや、鉱石を樹脂で固めたコンポート、La Soufflerieのフラワーベースなどを。
ご夫婦それぞれが創った作品を階段の壁面に。古書や古い写真に、新しく創作したものなど、新旧をミックス。
ご夫婦それぞれが創った作品を階段の壁面に。古書や古い写真に、新しく創作したものなど、新旧をミックス。

アイデアを活かした魅せる空間

「ブランドや時代、国籍関係なく好きなものをミックスしています。家具は古いものばかりですが、古いものの中にも新しいものが共存している空間が落ち着きますね」。
ベージュを基調にした全体の色合いと、家具などが持つ繊細な曲線、そこにガラスや鉱物、陶器などのマテリアル…。LDKに足を踏み入れると、独創的な雰囲気が広がっていた。
「ここに引っ越してきてから買い足した家具もあります。選ぶときは必ず図面を起こして、空間に対してどのくらいのボリュームを占めるか、確認をしてから購入しました」。
使い込んだ味わいの飴色のダイニングテーブルは、幅と奥行きがこの空間にぴったり合った。
「4人がけでこのサイズ感のものを見つけるのはなかなか難しかったんです。脚の装飾も好きですが、実は高級すぎず、適当に荒削りなところのあるつくりが気に入っています(笑)」。
東側の壁面にはスタチュースタンドを置き、その上にASTIER de VILATTEのフラワーベースを。左右にはシンメトリーにクラフトペーパーを額装したものを飾った。
「壁の余白が気になって、ここに大きい黄色い作品が欲しいと思っていたんです。左側は近所の神社の骨董市でたまたま買った和紙を使って額装しました」。
インターホンを隠すため、塗料やスプレーを使って風合いを出した布を壁の一部にあしらうなど、至るところに手がかけられている。
ベージュで濃淡をつけた空間に、ペンダントライト、テーブルのフレームでゴールドを添えて。
ベージュで濃淡をつけた空間に、ペンダントライト、テーブルのフレームでゴールドを添えて。
スタチュースタンドを中心に、左右にクラフトペーパーの額装を。
スタチュースタンドを中心に、左右にクラフトペーパーの額装を。
花を活けなくても絵になるASTIER de VILATTEのフラワーベースの後ろは、有樹さんのアート作品。右側はイスラエルのマーブリングペーパーを使用。
花を活けなくても絵になるASTIER de VILATTEのフラワーベースの後ろは、有樹さんのアート作品。右側はイスラエルのマーブリングペーパーを使用。
中央は香織さんがコレクションしているアクセサリーを収めたショーケース。古い扉などの素材を入手して、有樹さんがDIYで作成した。
中央は香織さんがコレクションしているアクセサリーを収めたショーケース。古い扉などの素材を入手して、有樹さんがDIYで作成した。

中間にあるノンカラーが好き

家具や雑貨のセレクトと配置にも、こだわりが隠されている。
「飴色のダイニングテーブルが空間の中心ですが、そのカラーに合わせると全体が重くなってしまいます。そこでイスはあえて塗装を剥がして無垢に仕上げてあるものを4脚揃えました。スタチュースタンドも同じく無垢、キャビネットなども軽い色合いのものでつなげ、そこにディテールでゴールドを足しています」。
色や素材を違えながら、全体に統一感を生んでいるのは、ディスプレイのプロならでは。有樹さんが好きだというマーブル模様も、さり気なく華やかな雰囲気を添えている。
「単一ではなく、何色ともつかないノンカラーな色彩が好きなんです。古いものがなぜ好きかというと、経年により単調ではなくなっているから。そういう中間にある、何ともいえないものをあしらいたいですね」。
テーブルとイスは色を外しながらも、デコラティブな脚の装飾で雰囲気をつないでいる。
テーブルとイスは色を外しながらも、デコラティブな脚の装飾で雰囲気をつないでいる。
華麗なローテーブルの下は、テキスタイルの美しい「ANNTIAN」のマーブル模様のラグ。燭台型のフラワーベースは、La Soufflerieのもの。
華麗なローテーブルの下は、テキスタイルの美しい「ANNTIAN」のマーブル模様のラグ。燭台型のフラワーベースは、La Soufflerieのもの。
鉱石、ジュエリー、アンティークの雑貨など、お気に入りの雑貨を愛でるように飾ったコーナー。手前のシェルフの上には、ガラスドームに香水瓶をディスプレイ。壁にかけた鏡は古いトレー。
鉱石、ジュエリー、アンティークの雑貨など、お気に入りの雑貨を愛でるように飾ったコーナー。手前のシェルフの上には、ガラスドームに香水瓶をディスプレイ。壁にかけた鏡は古いトレー。
加工してムラ感を出した布を壁にあしらった。中段には、有樹さんがパリを訪れると必ず立ち寄るという、手作りのペーパーを扱うお店で購入したものを飾っている。
加工してムラ感を出した布を壁にあしらった。中段には、有樹さんがパリを訪れると必ず立ち寄るという、手作りのペーパーを扱うお店で購入したものを飾っている。
チェコスロバキアの古いグラスを逆さにして、その中に蚤の市で購入した海外の写真を。オリジナルのディスプレイテアイデア。  
チェコスロバキアの古いグラスを逆さにして、その中に蚤の市で購入した海外の写真を。オリジナルのディスプレイアイデア。
ショーケースでジュエリーもインテリアの一部に。「ソファーを置くスペースがなくなってしまいましたが(笑)、好きなものをいつも眺められます」。
ショーケースでジュエリーもインテリアの一部に。「ソファーを置くスペースがなくなってしまいましたが(笑)、好きなものをいつも眺められます」。
天然の木の形や反りを活かした、フランス人作家のペンダントライト。
天然の木の形や反りを活かした、フランス人作家のペンダントライト。
ネ海外から取り寄せた60−70年代の照明。ガラスのシェードにひと目惚れ。
海外から取り寄せた60−70年代の照明。ガラスのシェードにひと目惚れ。

好奇心を満たす暮らしを

色合いのあるLDKに対して、ベッドルームはモノトーンでまとめた。
「シンプルすぎずモダンすぎず、寛げるよう色を抑えた中に“キャビネ・ド・キュリオジテ”のような好奇心を掻き立てるオブジェを取り入れました」。
好奇心の戸棚という意味のキャビネ・ド・キュリオジテは、15〜18世紀のヨーロッパの貴族達のアート文化。そのエスプリがシンプルな中にも活かされている。
「アンティークジュエリーと植物の古い本からとった絵柄を、カーテンにプリントしました。夜は窓越しに柄が浮かび上がって、幻想的な感じになりますよ」。
窓辺には海外のショップや蚤の市、ネットで見つけた石膏やモールド(型)などをディスプレイ。窓越しのグリーンと青い空とともに楽しんでいる。
「時代がわかるものよりも、時代に埋もれたもの、流行らなかったものが好きなんです。こんなものがあったんだ、というようなものを見つけて、これからも楽しんでいきたいと思っています」。
LDKに対して色を抑えたベッドルーム。フランスの古い扉をヘッドボードに見立て、それに合わせてベッドを購入した。
LDKに対して色を抑えたベッドルーム。フランスの古い扉をヘッドボードに見立て、それに合わせてベッドを購入した。
古い本から絵柄を選び、カーテンにプリント。窓の外には緑が広がる。
古い本から絵柄を選び、カーテンにプリント。窓の外には緑が広がる。
香織さんがディスプレイしたメイクコーナー。壁のアートの色で外のグリーンと空の青をつなぎ、バーカートのゴールドでLDKとリンクさせている。
香織さんがディスプレイしたメイクコーナー。壁のアートの色で外のグリーンと空の青をつなぎ、バーカートのゴールドでLDKとリンクさせている。
部屋全体の雰囲気と合わせるため、キッチンにも色彩を意識した絵画を。17世紀の静物画をもとに香織さんが描いた油絵。
部屋全体の雰囲気と合わせるため、キッチンにも色彩を意識した絵画を。17世紀の静物画をもとに香織さんが描いた油絵。 
フランスのガラスプロダクトブランドによるボトルストッパー。繊細な手吹きガラスが美しい。ASTIER de VILATTEのコンポートにフルーツを盛って。
フランスのガラスプロダクトブランドによるボトルストッパー。繊細な手吹きガラスが美しい。ASTIER de VILATTEのコンポートにフルーツを盛って。
キッチンにはプロダクトものも取り入れて。ドイツALUTEC社のアルミコンテナ、アメリカSPECTRUM社のメタルバスケットを活用。
キッチンにはプロダクトものも取り入れて。ドイツALUTEC社のアルミコンテナ、アメリカSPECTRUM社のメタルバスケットを活用。
美大時代に知り合ったというご夫妻。それぞれの美意識が空間に反映されている。北濱さんが愛用するものの一部は、「H.P.DECO」でも販売。
美大時代に知り合ったというご夫妻。それぞれの美意識が空間に反映されている。北濱さんが愛用するものの一部は、「H.P.DECO」でも販売。