ToKoSie ー トコシエ

ライフオーガナイザー®の家仕事Part1古いものを活かして
シンプルな暮らしを楽しむ

持ちものを整理して心地よく

シンプルで心地よい暮らしを綴ったブログが大人気。ライフオーガナイザー®の中山あいこさんは、築20年の集合住宅で日々の生活と家仕事を楽しんでいる。
「無駄なものを整理してすっきりとさせ、楽に片づけられる仕組みをつくったら、毎日心地よく暮らせるようになりました」。
3DKの賃貸マンション。仕切りの引き戸はいくつか外して、1LDKに。光と風が通り抜ける開放的な空間で、お気に入りのモノをリユース&ローテーションして暮らす、そのライフスタイルを見せてもらった。
手作りのお味噌やぬか漬け、おやつなど、食事には手間暇をかけて暮らすあいこさん。窓越しのアイビーの緑がきれいなキッチンで。
手作りのお味噌やぬか漬け、おやつなど、食事には手間暇をかけて暮らすあいこさん。窓越しのアイビーの緑がきれいなキッチンで。

シンク下を使いやすい収納に

すっきりと整えられたキッチンには、食器棚はなし。適正量を揃えたキッチングッズを、使いやすさを考えて場所を決め、収めている。
「おたま、トング、キッチン挟みなどのよく使うものはツール立てに入れてキッチン台の上に。計量カップやおろし器などの使用頻度の低いものは、シンク下の収納ケースの中に入れています」。
取り出す際、しゃがむなどの動作が必要なシンク下は、2軍のものの置き場にベスト。食器も、落ちて割れる心配がなく出し入れしやすいシンク下にすべて収めている。
「扉裏には100円ショップの剥がしたあとの残らないシールが活躍しています。小さなフックなどを取り付ければ、ゴミ袋などさっと取り出したいものの収納にも便利です」。
ダイニングで使うものは、水屋箪笥の中に。梅酒や梅干しなどが入った保存瓶もここに置いている。
「箪笥は上下に分かれるので、一竿をふたつに分けて、横に並べて使っています。味わいのある古道具が大好きなんです」。
グラスなどはキッチンペーパー代わりに“さらしふきん”で拭き、台拭きや食器洗いには“びわこふきん”を愛用。昔ながらの暮らしぶりが、実は便利で楽しいことを教えてくれる。
カトラリーやお箸は、キッチン台の引出しにアイテム別に。食洗機からも近くて便利。
カトラリーやお箸は、キッチン台の引出しにアイテム別に。食洗機からも近くて便利。
手の届きやすい吊り戸棚を食材置き場に。中身が見えるボックスに入れておくと残量も把握できる。
手の届きやすい吊り戸棚を食材置き場に。中身が見えるボックスに入れておくと残量も把握できる。
シンク下に食器置き場を設けると、取り出しやすくて便利。あまり使わない調理器具は収納ケースに。  
シンク下に食器置き場を設けると、取り出しやすくて便利。あまり使わない調理器具は収納ケースに。
愛用しているびわこふきんに、さらしふきん。毎日、熱湯消毒して使い回している。
愛用しているびわこふきんに、さらしふきん。毎日、熱湯消毒して使い回している。
さっと取り出したいレジ袋は扉裏に取り付けたカゴに。賃貸なのであとが残らないシールが重宝。 
さっと取り出したいレジ袋は扉裏に取り付けたカゴに。賃貸なのであとが残らないシールが重宝。 
ゴミ袋を1枚ずつ引き出せるケースを使用。ティッシュの代わりに使っているガーゼは、木の器にスタンバイ。
ゴミ袋を1枚ずつ引き出せるケースを使用。ティッシュの代わりに使っているガーゼは、木の器にスタンバイ。
最近購入した水屋箪笥。お子さんと一緒に漬け込んだ梅酒や梅干し、らっきょう漬けなどの他、ダイニングで使うものを収納。
最近購入した水屋箪笥。お子さんと一緒に漬け込んだ梅酒や梅干し、らっきょう漬けなどの他、ダイニングで使うものを収納。
「古道具や経年で味が出る家具が好き」と言うあいこさん。アイアンの脚の向きを変えることで高さをチェンジできるダイニングテーブルは、広松木工のもの。
「古道具や経年で味が出る家具が好き」と言うあいこさん。アイアンの脚の向きを変えることで高さをチェンジできるダイニングテーブルは、広松木工のもの。

アイテム毎に分けたリビング収納

あいこさんは編みものや手芸など、手づくりが大好き。リビングでは細かな手芸用品を収めるキャビネットが活躍している。
「レザークラフトの材料や毛糸、裁縫道具などは、ファイルボックスやソーイングボックスを活用してアイテム別に分けています。同じカテゴリーのものをまとめておくと、探す手間が省けるし、作業効率もアップしますよ」。
キッチンに近い側には、食べ盛りの中学生のお子さんのために、食品ストックを。こちらも無印良品のファイルボックスを活用。
「取り出しやすいしストックを把握しやすく、買い過ぎも防げます」。
災害用の備蓄食糧は、リビングに備え付けのストレージの下の段に。
「手の届きやすい上の段には仕事関係の書類などを、下にはめったに出さない備蓄品をキャスターつきのボックスに入れています。ここには灯りがないので、アイリスオーヤマの人感センサー付きライトが活躍しています」。
存在感が出てしまうテレビは却下。代わりにキャビネット上の壁にプロジェクターで画像を映し出すようにしている。
「プロジェクターは壁沿いに置いても映し出せるのが重宝しています。」
チューナーやコードなどはファイルボックスに収めてすっきりと。キャビネット上には必要なもの以外は置かないことで、掃除の際も手間がかからない。
引き戸を取り払いオープンに。戸は押し入れのいちばん奥に収納。イギリスアンティークのシャンデリアに、広松木工のソファー&キャビネットが調和する。
引き戸を取り払いオープンに。戸は押し入れのいちばん奥に収納。イギリスアンティークのシャンデリアに、広松木工のソファー&キャビネットが調和する。
手芸の材料や道具はここに。毛糸はファイルボックスにまとめたら、持っているものを把握できるようになったそう。
手芸の材料や道具はここに。毛糸はファイルボックスにまとめたら、持っているものを把握できるようになったそう。
キャビネットのキッチン側に食品ストックを。ここでもファイルボックスを活用し、アイテム毎に仕分けている。
キャビネットのキッチン側に食品ストックを。ここでもファイルボックスを活用し、アイテム毎に仕分けている。
細かい手芸用品は、セリアの木製仕切りケースで小分け。引き出しにちょうどぴったり収まった。 
細かい手芸用品は、セリアの木製仕切りケースで小分け。引き出しにちょうどぴったり収まった。 
キャビネット上にはプロジェクターのほか、充電器やケーブル類をファイルボックスに収めて。
キャビネット上にはプロジェクターのほか、充電器やケーブル類をファイルボックスに収めて。
リビングの収納は開くとライトが点灯。上段に仕事関係のものを。
リビングの収納は開くとライトが点灯。上段に仕事関係のものを。
非常食、お水などはたっぷり揃えている。箱の中にも小さいケースを活用して整然と。
非常食、お水などはたっぷり揃えている。箱の中にも小さいケースを活用して整然と。
木製のスタンドが気に入って購入したコロコロクリーナー。インテリアになじむ。
木製のスタンドが気に入って購入したコロコロクリーナー。インテリアになじむ。

オープンにして美しく見せる

空間を広々と使うため、リビングやダイニングの引き戸は外してオープンに。唯一の個室である長男の部屋の押し入れの戸も外した。
「押し入れの手前にベッドが置けるようにしたかったんです。収納にはカゴを使って、普段あまり使わないストック品を収めています」。
柳行李、古道具、ワイン箱…。ホームセンターで買ってきた材料を使って自ら取り付けた棚に、ひとつひとつ味のある収納カゴを。オープンにしていても美しい。
「長男の机は昔ダイニングテーブルとして使っていたものですし、使えるものは用途を広げて長く使いまわすのが基本ですね。使わなくなったものはリサイクルに出すのもひとつの方法だと思います」。
愛着のあるモノを大切にリユースし、色んな用途に活用する。そのアイデアが色々なところで活かされている。
広松木工のデスクは、ダイニングテーブルから勉強机に。無印良品の「壁につけられる家具」を設置して、よく使う筆記用具などを収めている。
広松木工のデスクは、ダイニングテーブルから勉強机に。無印良品の「壁につけられる家具」を設置して、よく使う筆記用具などを収めている。
押し入れの扉も取り外してオープンに。柳行李やワイン箱などを収納ボックスに使用することで、インテリアに調和させている。
押し入れの扉も取り外してオープンに。柳行李やワイン箱などを収納ボックスに使用することで、インテリアに調和させている。
ライフオーガナイザー®中山あいこさん。暮らしを綴ったブログ「生活のメモ」が人気。著書に「ためこまない暮らし」(MdN)などがある。
ライフオーガナイザー®中山あいこさん。暮らしを綴ったブログ「生活のメモ」が人気。著書に「ためこまない暮らし」(MdN)などがある。