ToKoSie ー トコシエ

整理収納アドバイザーの片づく暮らしPart2 ざっくり収めて分かりやすく 動作の無駄を省くストレージ

整理収納アドバイザーの片づく暮らしPart2ざっくり収めて分かりやすく
動作の無駄を省くストレージ

アイテムを絞ってシンプルに

無印良品の元商品開発担当者であり、現在は整理収納アドバイザーとして活躍中の水谷妙子さん。Part1では、ぱっと見てわかるLDKの棚や引出しの収納を公開していただいた。Part2では、家族それぞれの衣類や日用品を収めるクローゼットを見せていただく。
 

「服はできるだけ畳まず、ハンガーに掛けて吊るしています。洗濯して干したらハンガーごとクローゼットに戻すので、掛け替える手間もかかりません」。
水谷さんは家で仕事をするようになってから、仕事着を白いブラウスに限定することに。様々な色や柄のストールを合わせることで、おしゃれを楽しんでいる。
「服を制服のように決めてしまうと、迷わないのでラクです。ストールはアルミ製のハンガーにかけ、すぐ手に取れるようにしています」。
季節外のものはボックスに入れて枕棚の上に。収納ケースにはインナーや部屋着などを、居場所を決めて収納。カバンは立たせて収めることで選びやすくしている。

手前にトップスとボトムス、奥にはアウターとストールをかけている。季節毎に衣替えを行い、シーズンオフのものは枕棚の上のボックスに収納。
手前にトップスとボトムス、奥にはアウターとストールをかけている。季節毎に衣替えを行い、シーズンオフのものは枕棚の上のボックスに収納。
インナーや部屋着は収納ケースへ。ケースの中は、さらに100円ショップの収納ケースで仕切って、アイテム毎に分けている。 
インナーや部屋着は収納ケースへ。ケースの中は、さらに100円ショップの収納ケースで仕切って、アイテム毎に分けている。 
アウターとストールのコーナー。無印良品のアルミハンガー・ネクタイ/ スカーフ用は1本ずつ取り出しやすくて重宝。
アウターとストールのコーナー。無印良品のアルミハンガー・ネクタイ/ スカーフ用は1本ずつ取り出しやすくて重宝。
扉裏を小物スペースに。ひと目で分かって選びやすい。
扉裏を小物スペースに。ひと目で分かって選びやすい。

外出時に困らない玄関収納

靴好きな夫のスニーカーを中心に、家族5人分の靴がずらりと並ぶシューズクローゼット。
「子どもたちの使う段は下の方に、夫の段は上の方にと、取り出しやすいようにゾーン分けしています」。
扉を開ければすべて見て把握できるので、外出する時、靴選びに戸惑わない。
「玄関ドアを開けてちょっと寒いな、と感じたときすぐに使えるように、家族全員の薄手のジャケットを。また、雨が降った時用のレインコートをメッシュのケースに入れて収めています。お出かけにあると便利なものをここに置いておくと、役立ちますね」。
鍵や印鑑なども住所を決め、ワンアクションで取り出せるように。外遊びグッズやベビーカーのレインカバーなどもまとめて置くことで、外出時の忘れものを防いでいる。
人別にゾーン分け。小さい靴を収める子どもの段は、コの字ラックを活用して収納力を高めている。
人別にゾーン分け。小さい靴を収める子どもの段は、コの字ラックを活用して収納力を高めている。
鍵やカードなど、すぐに取り出せるようにひと工夫。除菌スプレーもスタンバイ。  
鍵やカードなど、すぐに取り出せるようにひと工夫。除菌スプレーもスタンバイ。
家族全員分のナイロンジャケットやレインコートを、メッシュのケースにひとまとめに。
家族全員分のナイロンジャケットやレインコートを、メッシュのケースにひとまとめに。

分かりやすさが片づけを促す

2歳差のお子さん3人を育てながら働く忙しい毎日に、重宝しているのは子ども部屋の入り口に並べた衣類の収納。LDKに近いため、朝起きたときやお風呂の後など、子どもたちが自分で移動して着替えやすく、洗濯ものを戻すのにも便利なのだそう。
「子どものタンスは、扉のあるものではなく、オープンで小ぶりな引き出し式を選びました。すき間から手を入れられるし、引き出しが浅いので服が重ならず、必要なものを見つけやすいんです」。
収めるアイテムをイラストと平仮名で書き、人別に色分けしたお手製のラベルも添付。分かりやすいことで、子どもが自発的に片づけを行えるしくみをつくっている。
「おもちゃ類も、アイテム別のボックスを用意し、投げ入れられるすき間を確保しています。時には子どもと相談しながら、片づけやすさを考えて見直していくことが長続きする秘訣です。整理収納に大事なのは、細かいシステムをつくることではなく、家族目線に立ち、やりやすい方法を見つけることだと思っています」。
子どものおもちゃコーナー。ボックスを引き出さなくても、上からものを投げ入れることができるので、子どもでもラクにお片づけができる。子どもの動きをよく観察して、辿り着いた方法。
子どものおもちゃコーナー。ボックスを引き出さなくても、上からものを投げ入れることができるので、子どもでもラクにお片づけができる。子どもの動きをよく観察して、辿り着いた方法。
服やハンカチ、ケア用品など、ここだけでお出かけの準備が整うようひとまとめに。見やすいので、3歳でもひとりで身支度できる。
服やハンカチ、ケア用品など、ここだけでお出かけの準備が整うようひとまとめに。見やすいので、3歳でもひとりで身支度できる。
整理収納アドバイザー水谷妙子さん。無印良品の商品開発担当を経て、「ものとかぞく」を起業。整理収納サービスや片づけ講座を行う。「水谷妙子の取捨選択 できれば家事をしたくない私のモノ選び」(主婦の友社)など著書も話題に。
整理収納アドバイザー水谷妙子さん。無印良品の商品開発担当を経て、「ものとかぞく」を起業。整理収納サービスや片づけ講座を行う。「水谷妙子の取捨選択 できれば家事をしたくない私のモノ選び」(主婦の友社)など著書も話題に。