ToKoSie ー トコシエ

収納スタイリストのルールPart2手間と無駄をカットして
必要なものを適材適所に

乾かした衣類はクローゼットに直行

片づけを通してストレスフリーな生活を提案する、収納スタイリストの吉川永里子さん。Part1ではご自宅のキッチンと、ワークスペースであるカウンターまわりの収納を見せていただいた。Part2では、ご自身や家族の日用品を収めるクローゼットと収納棚を拝見。
 

「いつか着られると思って服を保管して、なかなか出番がなく、気持ちがモヤモヤするのは嫌なんです。“いつか”と“何か”はこないと思っています(笑)」。
という吉川さんのクローゼットは、すべて現役で活躍させているものばかり、1年分の衣類を揃える。
「新しい服を1枚買ったら、古い服を1枚すぐ捨てることにしていて、常に持っているのは70着前後。夫のものも同じくらいの数をキープしています」。
シーズンものは取り出しやすい位置に、シーズン外のものは奥の方に。衣替えもクローゼットの中だけで済むので面倒がない。
「Tシャツもニットも、ベランダで乾かしたらハンガーごとクローゼットへ運び、そのまま畳まずにかけてしまいます。そうした方が、取り出すときもワンアクションでいいので楽ですよ」。
使用しているのはマワハンガー。幅も形も色々揃っているので、アイテムに合わせて選び、肩をぴったり揃えて干しておけば、伸びを防いでくれるし、アイロン要らず。
「帽子などの小物はデッドスペースを活用し、突っ張り棒を渡して収納をつくりました。シーズン外の小物は棚板の上に。必要なものだけを揃え、すぐに手に取れるようにしておくことが大事ですね」。

愛用するマワハンガーは、色々なサイズ、形のものを揃えている。洗濯後、肩を合わせてかけて乾かせば、服の形をきれいに保てる。
愛用するマワハンガーは、色々なサイズ、形のものを揃えている。洗濯後、肩を合わせてかけて乾かせば、服のかたちをきれいに保てる。
1年分の衣類を一括に収める。右手に夫のもの、左手に吉川さんのものを。
1年分の衣類を一括に収める。右手に夫のもの、左手に吉川さんのものを。
インナーなどは収納ケースに。ジーンズ以外は重ねないで収めている。ラベリングして管理。
インナーなどは収納ケースに。ジーンズ以外は重ねないで収めている。ラベリングして管理。
デッドスペースに突っ張り棒を渡し、吊るせるタイプのラックをかけて小物を収納。
デッドスペースに突っ張り棒を渡し、吊るせるタイプのラックをかけて小物を収納。
奥の方に季節外の衣類を。シーズン毎にさっと入れ替えることができる。   
奥の方に季節外の衣類を。シーズン毎にさっと入れ替えることができる。
収納ケースの中も小物入れを活用して仕分け。不織布ケースは高さが変えられて便利。
収納ケースの中も小物入れを活用して仕分け。不織布ケースは高さが変えられて便利。

家族が守りやすいルールを整える

家族は夫と4人の男の子。忙しい毎日の中で、片づけはそれぞれが自主的に行ってくれるよう自然なルールをつくっている。
「洋服、引出し、フック、すべてのものを人別に分けています。リビングの収納も、1列ずつ自分の使う場所が決まっています」。
自分の収納スペースは自分で管理するのがルール。
「子供達は引出しの中まで親にうるさく言われたくないと思うので、自分の場所に戻せばOKにしています。でも撮影の時などはちゃんと理解していて、きれいに揃えてくれますよ」。
子供部屋には吉川さんがDIYで作った洋服ダンスが。
「5歳くらいの子にも手が届く高さのものが欲しかったので、木の板とバーをカットしてもらい、自分で組み立てました。引出しとして使う収納ケースの大きさも考えて設定しました」。
ワイン箱にもキャスターをつけて、一人一人の日用品入れに。片づけを促す仕組みをつくることが、子供の成長と、吉川さんの忙しい日常を支えている。
リビングに置いた無印良品の棚には、お子さんたちのものや家族で使う日用品を収納。おもちゃや勉強道具などはざっくりと。
リビングに置いた無印良品の棚には、お子さんたちのものや家族で使う日用品を収納。おもちゃや勉強道具などはざっくりと。
ハンカチ、マスクなど、出かけるときに必要なものもまとめてここに。
ハンカチ、マスクなど、出かけるときに必要なものもまとめてここに。
吉川さんの必需品コーナー。ボードには家族の予定をイニシャルで管理。
吉川さんの必需品コーナー。ボードには家族の予定をイニシャルで管理。
お子さんが自分で片づけられる高さを考えて作ったクローゼット。Fitsケースは頑丈なのがお気に入り。
お子さんが自分で片づけられる高さを考えて作ったクローゼット。Fitsケースは頑丈なのがお気に入り。
大好きなCARSが出しっ放しになるのを防ぐため、ベッドに板を取り付けてトミカ棚を作った。
大好きなCARSが出しっ放しになるのを防ぐため、ベッドに板を取り付けてトミカ棚を作った。
ワインケースにキャスターを付けて収納に。引出しやすく、ベッド下もうまく活用できる。
ワインケースにキャスターを付けて収納に。引出しやすく、ベッド下もうまく活用できる。
収納スタイリスト・吉川永里子さん。Room&me代表。働く女性、母の目線で片づけサービスや各種セミナーを行う。「なかなか捨てられない人ための鬼速片づけ」など著書も多数。
収納スタイリスト・吉川永里子さん。Room&me代表。働く女性、母の目線で片づけサービスや各種セミナーを行う。「なかなか捨てられない人ための鬼速片づけ」など著書も多数。