暮らしを楽しむ収納リノベPart1  リノベーションと同時に考えた 暮らしを楽しむ収納&インテリア

整理収納アドバイザーのリノベPart1 リノベーションと同時に考えた
インテリアと両立する収納

暮らしに部屋を合わせたい

整理収納アドバイザーであり、ルームスタイリストでもある岡本あつみさん。5年前に築約40年のマンションを購入しリノベーション。その際、考えたのは「暮らしに部屋を合わせること」だった。動線を考えて収納を工夫し、インテリアも楽しめるように。小、中、高校生の3人のお子さんと夫、5人で暮らす80平米強の3LDKは、ブルックリン風の洗練された雰囲気が漂う。
「NYに住んでいたことがあって、そのときにインテリアに興味をもち始めたんです。収納の勉強はリノベーションがきっかけで始めました。見えない場所は、機能性重視で100円均一商品などを活用してシステマチックに。見える場所は、芸術性重視でインテリアを楽しんでいます」。
仕切りを取り払って広々とさせたLDK。効率的に収納しつつ、見える部分のインテリアを楽しんでいる。
仕切りを取り払って広々とさせたLDK。効率的に収納しつつ、見える部分のインテリアを楽しんでいる。

“見せる”と“隠す”を考えたキッチン

リノベーション時には、「どこに何を置くか」を最初にイメージしたそう。まずは、仕切りを取ってオープンにしたキッチンから見せていただいた。
「LDKは広々とさせたかったので、キッチンは仕切らず、背の低いアイランドで緩く分けたいと思いました。ちょうどいい高さのものがなかったのでそれまで使っていた家具を並べています」。
その家具は衣類用だったり、書類棚だったり。
「固定観念に捕われないようにしています(笑)。普通の棚なのですが、スライドできる棚板を取り付けて、炊飯器などが引き出せるようにアレンジしました」。
アイランドと食洗機は、間に立って数cmで食器を移動させられる距離に。特に毎日使う家族用の食器は、食洗機から1歩も動かず収められる位置に置いた棚に入れている。
「使う場所に使うものを置きたいのと収納力の問題で、キッチンパネルにはバーや棚を取り付けてもらいました。ステンレスの調理器具が好きなので、キッチンはシルバー系で統一しています」。
お気に入りの柳宗理など、気分のあがるものは見せる収納で。実用的なものは100 円ショップの小分けケースなどでアイテム毎に分けつつ、引出しの中に収めている。
前から使っていた家具を3つ並べてアイランドに。背の高さがちょうどいいそう。キッチンパネルには、調理道具を収める棚やバーを取り付けた。
前から使っていた家具を3つ並べてアイランドに。背の高さがちょうどいいそう。キッチンパネルには、調理道具を収める棚やバーを取り付けた。
使う頻度の高いカトラリー類は、いちばん上の段に。IKEAの仕切りケースを利用し、アイテム毎に収納。 
使う頻度の高いカトラリー類は、いちばん上の段に。IKEAの仕切りケースを利用し、アイテム毎に収納。 
2番目の段に洋食器、3段目に和食器を収めている。上から見てぱっと分かるので取り出しやすい。
2番目の段に洋食器、3段目に和食器を収めている。上から見てぱっと分かるので取り出しやすい。
炊飯器が棚板ごと引き出せるように、スライドを取り付けた。下の段には薬などを、100均のケースで分けて収納。
炊飯器が棚板ごと引き出せるように、スライドを取り付けた。下の段には薬などを、100均のケースで分けて収納。
シンクの下の引出し。食材と洗剤ストックなど。商品は全て大袋から取り出し、ラベリングした容器に移し替えている。
シンクの下の引出し。食材と洗剤ストックなど。商品は全て大袋から取り出し、ラベリングした容器に移し替えている。
施工段階から暮らしをイメージし、効率的なキッチンになるように、大工さんに取り付け位置を指定してIKEAの棚とバーを付けてもらった。
施工段階から暮らしをイメージし、効率的なキッチンになるように、大工さんに取り付け位置を指定してIKEAの棚とバーを付けてもらった。
柳宗理のキッチンツールは、見せる収納に。目で楽しみつつ、さっと手に取ることができて便利。
柳宗理のキッチンツールは、見せる収納に。目で楽しみつつ、さっと手に取ることができて便利。
包丁スタンドは使いにくいからと、竹串をいっぱい差して包丁立てに。建築家・中村好文さんのアイデアから。
包丁スタンドは使いにくいからと、竹串をいっぱい差して包丁立てに。建築家・中村好文さんのアイデアから。
アイランドの棚には文房具なども。「キッチンにいることが多いので、子どもの学校の提出物にサインする際など、ここにあると便利なんです」。
アイランドの棚には文房具なども。「キッチンにいることが多いので、子どもの学校の提出物にサインする際など、ここにあると便利なんです」。
普段使う食器は、1歩も動かず食洗機から収納棚へ。ベストな間隔を考慮してアイランドを配置。
普段使う食器は、1歩も動かず食洗機から収納棚へ。ベストな間隔を考慮してアイランドを配置。

整った本棚がLDKのアクセントに

LDKの中で取り分け目を引く本棚。たくさんの愛読書や思い出のグッズなども収めている。
「前に住んでいた人が残していってくれた本棚なんです。夫の本を中心に、私や子どもの本、おもちゃなどをゾーン分けして収めています」。
色が溢れるおもちゃスペースは、タッセルをあしらった手作りのカーテンで目隠し。ひと手間かけることで見た目がぐっと違ってくる。
「横に空きスペースができたので、収納力を高めるためにもDIYで棚板を取り付けました」。
棚板として使った足場板の雰囲気にあわせるため、金属の支えはスプレーで黒く塗装。照明器具のコードなども、空間に合わせて色を変えている。そして、雑誌の表紙を楽しむため、梁の部分にブックシェルフを取り付けた。
「リビングは寛ぐための場所なので、好きなものをどう収めるかを常に考えています。こう暮らしたい、ということをひとつひとつ、収納にも活かしていますね」。
LDKの一面を占める本棚。低い位置には子どもの本など、家族別にゾーン分けされている。さらに子どもの本には背表紙にマスキングテープを貼り、図書館のように戻す位置が分かる仕組みをつくっている。
LDKの一面を占める本棚。低い位置には子どもの本など、家族別にゾーン分けされている。さらに子どもの本には背表紙にマスキングテープを貼り、図書館のように戻す位置が分かる仕組みをつくっている。
DIYで棚を足した部分。金属の支えはスプレーで黒く塗装し、足場板を渡した。
DIYで棚を足した部分。金属の支えはスプレーで黒く塗装し、足場板を渡した。
100均グッズを使ってDIYしたCD収納。壁のワンポイントにもなっている。
100均グッズを使ってDIYしたCD収納。壁のワンポイントにもなっている。
子どものおもちゃコーナー。カラフルなものはカーテンや布をかけて目隠し。
子どものおもちゃコーナー。カラフルなものはカーテンや布をかけて目隠し。
空間ごとに壁や建具の色を変えているのが特徴的。梁にブックシェルフをDIY。
空間ごとに壁や建具の色を変えているのが特徴的。梁にブックシェルフをDIY。
岡本さんが採用したのは家庭内フリーアドレス。LDKの一角にあるこの部屋は、3人のお子さんの教科書類を収めつつ、誰でも自由に作業ができる場所。
岡本さんが採用したのは家庭内フリーアドレス。LDKの一角にあるこの部屋は、3人のお子さんの教科書類を収めつつ、誰でも自由に作業ができる場所。
整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト、マクラメ講師の岡本あつみさん。収納はじめ、インテリアやものづくりなど、空間を楽しむコツを、インスタグラム
で発信。
整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト、マクラメ講師の岡本あつみさん。収納はじめ、インテリアやものづくりなど、空間を楽しむコツを、インスタグラムで発信。